えいじま義雄の蓮風便り

「蓮」の花と薫りのように清く「義」一筋に政治の道を貫きます

2020/01/28 10:46 ♢ 男らしさ○○らしさが失われている最近の世の中 ♢

 

 本年のお正月は雪がなく、年々お正月らしい雰囲気が静かに消えています、先回のブログやフェースブックで述べましたが、門松やしめ飾りも日章旗も玄関には無く、和服の女性もほとんど見られません、町内の新年会行事も年々高齢化になり町内の人間関係も希薄になり参加者も減っています、時代の変化は誰も止めることが出来ませんが、日本の良い習慣.伝統は世界に誇れる財産であり文化でもあり、後世の日本社会に伝え残すべき財産.遺産です、私はその一つに日本男子の精神、昔風に言えば「大和魂」と武士道精神は日本の男子の美しい精神.文化だと思っています。

 

 しかしその男らしさ女らしさが消え、男性が女性化し女性が男性化し、どこの家でも女性上位の社会になっています、その変化が徐々に進み、特に国民が尊敬していた聖職者であるべき人達が「らしさ」が無くなっています、僧侶.医師.代議士.宮司.教師.法律家.公務員.首長.議員、身近では父親.母親もらしさが大事ですがそれもだんだん無くなっています、このことは恐ろしい社会全体の崩壊につながります、世の中を複雑にした屁理屈で物知りぶりの似非インテリ―政治家や学者が無責任な人権.平等.差別ばかりを叫ぶから、本物や「らしさ」が消えて行く世の中になっています厳しく言えない社会、見ても見えないふりをする社会、本音で本質を言えばパワハラだと訴えられれば、音を立てて伝統と良質な秩序が失われていると思えてなりません。