えいじま義雄の蓮風便り

「蓮」の花と薫りのように清く「義」一筋に政治の道を貫きます

2020/02/18 16:43 <一日も早い終息を。>

 

 神はコロナウイルスを使い、謙虚さを忘れ、放漫で不遜で、物事の秩序もルールも守らず、策略を拡大している人間を懲らしめるために、自然災害の次に病原菌でハルマゲドンを起こしています。ペストやコレラ、スペイン風邪の大流行も、あの大人しい神の子に近いインカの罪無き人間と神々を冒瀆した事が神の怒りに触れたのでしたが、またもや同じ事が起き始めています。

 

 もはや人間の手ではこのコロナウイルスを収める事は出来ません。被害者はまだまだ拡大するでしょう。予言者の言う通りです。

 

 思想とか主義は時々神の怒りを招くのです。人間は繰り返し繰り返し同じ過ちをどうして犯す動物なのでしょうか。反省と謙虚さが無く、神の怖ろしい奇跡の力を信じないリーダー達の我欲の権力が神様からお預かりしている地球を汚染しているからです。

 

 あの悪魔の汚染エネルギー発電所の山積みされた不処理の核のゴミに対して手が付けられない事についても怒りに触れているのです。神様は見ておられます。「人間よ、まだ分からないのか」と。自然の摂理は教えているのに、神様はすぐ身近な所のおられるのに。

 神様に語る言と玉、言葉のエネルギーを信じて日本人一億人が心を一つにして、早朝に自宅の神に手を合わせて祈祷する、この素直な心を神様は待っておられるのです。我々は神の子です。正しく念ずる事は生涯の修業です。天皇陛下は国家の安泰を一生念ずる祈り人です。我々もお手伝いしましょう。終息を祈りましょう