えいじま義雄の蓮風便り

「蓮」の花と薫りのように清く「義」一筋に政治の道を貫きます

2020/06/16 09:04 ♢ 注目すべき時がこの秋に来ます ♢

 

 本年の秋には日本の行く末を決める大きな課題の、自民党役員人事の交代任期の時が来ます、自由民主党は世界に誇るべき政党であり、戦後の日本の繁栄と平和の維持.長寿社会.社会の構築.世界3位の国民総生額など安定政権ど豊かで歴史の維持を続けてこられたのも政治だけではなく、国民が常識のある正しい判断の出来る保守政治支持者が多かった表れです、一時自由民主党も野党に政権の座を明け渡した時もありましたが、長続きせず再び自由民主党政権が激動にゆれる国際情勢の中で安倍内閣が日本国をしっかり支えて来ましたが、100%満足と言う訳には行かず日本のマスコミは反自民の旗を掲げる人達ですから、いくら頑張っても誉める事は一切しません、悪い事ばかりを大きく報道されますので国民も政治の本当の実態はわからず、阿部が悪い.自由民主党が悪いと、政治無視.政治嫌い.投票すらしない人が増えるのです、それでは住みよい国になりません、政治家の質も中味も良くなりません、有権者の質も同じです、リーダーたる資格は有権者の心を痛い程わかり、苦しみや悲しみを包み込む人間的な人柄の反面、国家はこうあるべきだと言う歴史や日本国の伝統や文化の教養があり、ゆるぎなく奥深い信念を感じる人を見抜く目を有権者は持ちましょう。

 

 ベタベタと甘い話軽々しい利益誘導型の演説屋駄目です、又パイプを持っていない人も力になりません、役立てのしっかりした政党の幹部との連携のある人でないと政治力が付きません、信念がぐら付き大道を歩めない小心者では安心して日本を任せる政治の仕事には向きません。

 

  中国やロシヤ.アメリカの巨大な国の強化な政治家と官僚と相まみえる日本の政治家が必要な時代です、私はこの秋日本の今後んp方向が決まる大事な審判の時だと思います。