えいじま義雄の蓮風便り

「蓮」の花と薫りのように清く「義」一筋に政治の道を貫きます

2020/10/22 16:58 ♢ 官首相.法務大臣.文部大臣に求言を・・! ♢

 我が国には真面目な教員や国会議員がいますが、残念ながら法務大臣が妻の選挙で県議や町長に現金を配ると言うあってはならない事を犯して起きながら、法律に触れていないと悪びれずに議員を辞職せずに、給料や色々な手当てやJRの無料待遇.秘書手当など国民の税金を何千万円と使われているのです、一日も早く法務省は裁判を行い、いくら元法務大臣であろうとも法律をなめ切っている非常識な政治家ではなく政治屋を裁くべきです。

 

 又、一般市民としても犯罪者として警察ざたになる事件を起こしている聖職者である学校の先生が、無抵抗の児童生徒にわいせつ行為やセクハラを行った教員が、2019年までの5年間で1030人にもいたと報道されています、まだ表ざたにしない子供や保護者もおられると思います、道徳を教えるべき高い立場の教員が弱小で無邪気な子供の心に大きなショックな傷を付けた人間は大人の責任や恥じるべき人間として、二度と教職に付けない法の整備を法務大臣はやって欲しいと思います。

 

 公務員や政治家に甘い我が国の法務省や検察庁は、いかなる立派な大学出の教養があろうとも、自分に甘く.社会や世間をなめ切った行為には厳重な処罰を行うべきです、人の上に立ち模範となるべき人間がその地位に錯覚し、非常識を返り見ず傲慢になって行く人間が多い最近の日本人の姿は、戦後教育の欠陥が表れていると感じます。 

 

 昔の日本では考えられない悲しい姿になっています。