えいじま義雄の蓮風便り

「蓮」の花と薫りのように清く「義」一筋に政治の道を貫きます

2012-12-23 08:38:08.0 相変わらず強権的な役所のやり方--(仮称)厚生産業会館建設について

 そもそも『地域協議会』とは、地域の人が地域やまちづくりについて関心を高め、重要な案件を話し合い、その結果を市長等に伝える、と云う新しい民主的な制度であるはずです。

 しかるに36,000人もの声を無視した新幹線駅名問題と同様に、今回もまた、行政側は始めから答有りきの強権的態度を貫こうとしています。「地域協議会のご意見はご意見として承っておきます」と伝う態度です。許せません。

 今、高田地区で多くの市民の関心事は、18億円余の税金を投入して建設する(仮称)厚生産業会館の一件です。
 
 行政側は始めから高田公園内のプール跡地に建設する基本計画を立てていました。しかしかの地は
・市街地から離れ。車の無い老人、子供には不便だ。
・中心市街地活性化に結び付かない。
・駐車場が少なく、観桜会、各種スポーツ大会開催時には相当な混雑となる。
・13区の人達は利用しにくい。
などまことに不適当な地なのであります。

 駐車場問題では、直江津駅前の図書館で懲りているはずなのに、又もや出来レースが可能なパブリックコメント等で「市民の賛成の声が多数ありました」とし、型通りのやり方で推し進めて行くのが役所のやり方です。そこには地域の皆さんの声や高田区地域協議会の「基本構想案は不適当」という答申は反映していません。
 さらに根本的に、今、巨額の税金を費やして(仮称)厚生産業会館を建設する必要があるのでしょうか。全く有りません。

 「住民主役」「都市内分権」「市民参加の市政」「自主自立の町づくり」「市民がド真中」等々謳い文句はまことに立派なのでありますが、その実際は市民の声も聞かず、市民に優しくも無く、折角の民主主義制度の地域協議会の機能も活かすこともしない。

 12月21日、議会の建設委員会で私は大きな声で「どこが市民がド真中だ。お役所がド真中の市政ではないか」と番外発言を致しました。
 
 権力を恐れず迎合しない。そして本音を信念で貫くのが私の政治姿勢です。

2012-12-16 13:45:59.0 まもなく決まる日本の運命。必ず投票に行きましょう。

 最近の日本人は何かおかしい。
 理屈ばかり言う人。自分のことばかりしか言わない人。人の輪の中に入ろうとしない人。大事なことに関心を示さない人が多くなっていることを私は昨今痛切に感じています。
 
 今日この世の中、いったい誰が悪いのかその原因はハッキリとは判りませんが、一つは政治が機能しないため、成熟した現代社会の末期的世相の表れかも知れません。

 「日本の運命など俺には関係ない無い」「上越の明日などより、今日何となく暮らしているからそれで良い」「政治なんか誰がやって同じだ」「俺は政治が嫌いだから関係無い、だから選挙に行かない」「政治と選挙は好きな人間だけが集まってやってれば良い」等々聞こえてきます。
 
 それで良いのでしょうか。政治をバカにしたり軽視することは簡単です。しかしそう云う処の国民や住民はそれだけの政治しか受け取れず、やがて自分で自分の首を絞めていく結果となり滅びていきます。

 政党や政治家も反省しなければなりません。選挙の時だけのパフォーマンスや嘘八百を並べ立てて、実際当選したら、これと言った仕事をしない役立たずのスキャンダル議員。
 こういう政治家がいるから政治や選挙を嫌う人が増えるのかも知れません。
 選挙はそう云う悪い政治家に“No”を言うチャンスです。

 一票の投票での政治参加こそ国民の義務であり、民主主義の前進です
 
 皆さん、必ず投票に行きましょう。

2012-12-10 16:24:53.0 選挙は国民が主役。本当に仕事のできる人を選びましょう。

 何んと12もの政党が乱立して混乱している今回の衆議院議員選挙です。「だれ(政党)に入れたら良いのか判らんわね」と言った巷の声が聞こえてきます。しかし12月16日は投票場に行きましょう。政治に参加しましょう。私たちが主役なのですから。

 私は数多くの選挙に深く係り、何人もの生の政治家をこの目で見て来ました。また市会議員として20年間、政治の現場に携わっています。その経験から少しお話したいと思います。一つの参考にして下さい。

 選んではいけない政党と政治家

1)選挙用の耳障りの良い政策(マニフェスト)を並べ、まことしやかに嘘を言った
  り、書き連ねる政党と政治家。

2)綱領、理念、規約も無く選挙の時だけ員数合わせで集まった偽物政党。

3)政治は現実。結果と責任が求められます。しかしながら常に空想的観念論 
 ばかり叫んでいる万年野党で評論家的政党。

4)刑事事件に近いスキャンダラスな話題が多く、週刊誌等のマスコミの俎上に
 上げられ、また国会内でも問題としてとり上げられるような政治家とその所属
 する政党。

5)絶えず党内の権力闘争に明け暮れ、分裂、離脱を繰り返す野合政党。

6)優秀で情報力のある官僚達を使いこなせない不勉強な政治家。

7)人が周りに集まらない政治家。頭は切れるが情が無く、人の意見を真摯に聞
 かない人は駄目。

8)富や権力にはすぐ迎合するが、弱者の前では威張りちらす政治家。

9)何期当選しても、地元を選挙に利用するだけで、地元の仕事をしない政治家
 は駄目。
 
 以上が私の経験から来る選んではいけない政党と政治家です。
 
 選挙は大事です。私たち有権者の判断力がこの国の将来を左右します。しっかりとした国家感を持ち信念にぶれがなく、情に深く、故郷を愛し、仕事ができる人を国会に送りましょう。