えいじま義雄の蓮風便り

「蓮」の花と薫りのように清く「義」一筋に政治の道を貫きます

2013-07-25 15:11:51.0 金谷山『会津墓地』の草刈清掃を体験して感じたこと

 

 

 

先日、上越市武道連盟の主催による講演会と社会奉仕活動に参加しました。

 第一部の講演会では、講師に元上越教育大学名誉教授で、同連盟会員でもあり、講道館柔道5段であられる鈴木敏紀先生から誇り高き日本人の美学を説いた世界的名著、新渡戸稲造の『武士道』について高説を拝聴させて戴きました。

 武士の基本的精神「義」「勇」「仁」「礼」「信と誠」「名誉」「忠義」「忍」「躾」など、教養教育が軽視されている現代の学校教育現場では、この尊い精神は残念ながら教えることは出来ていない思います。                  そこで私達は「サムライ」の誇り高き生き方と、現代人が失ってしまった基本的価値感を、地域の子供達や青壮年、及び婦女子に武道を通して出来る範囲で教え伝えて行きたいと思い、実践している次第です。

 

 講演会が終わってからの第二部では班ごとに別れ、1班〔柔道・剣道・空手連盟〕は春日山々頂への「義」の土の運搬を行い、2班〔相撲・銃剣道・太極拳連盟〕は、金谷山にある『会津墓地』の草刈清掃を行いました。

 私は、本年も会津藩士が眠る『会津墓地』の草刈清掃に加わりました。作業をしながら現在放送中のNHK大河ドラマ『八重の桜』に描かれる会津武士の生き様を想うに、「理不尽な! なんと運の悪いことか」の一言に尽きると思い、墓前に手を合わせました。                                

 

 先日の放送では、京都守護職として御所を守り抜いた会津藩が時代の流れの中で、朝敵、賊軍の汚名までかけられ、14・5歳のまだ幼さが残る少年達が主家を守るために戦い。その親族、婦女子までが生き恥より死を以って会津武士の気高い精神を守り抜く人間像が描かれていて、胸に込み上げるものがあり、感動を覚えたものです。

 

 「義」の心を第一義とする上杉家が会津に移封し、かの地でも「義」の心が連綿と継承されて来たものと推察いたす次第です。

 明治2年、戦いに敗れた会津藩士1,742人が降伏人として高田藩榊原家の預かりの身となりました。しかし戦場での傷病や厳冬の長旅で体を壊し、死亡する藩士が多々出ました。その会津のサムライを手厚く葬ったのが、大貫地内金谷山狼谷の『会津墓地』なのです。私は、本年は特に藩士が「義」と「勇」の気高い志しを持って眠っていることを考え、奉仕作業を行わせて頂きました。

 会津では今でも藩校『日新館』の教育を継承し、「ならぬものはならぬもの」「礼」「信」「躾」の武道の精神を子供達に教え、特に“男性は男性らしく”“女性は女性ならではの習慣”を学んでいるのです。

自分たちの歴史に誇りを持ち歴史遺産を大切にしている地域、会津を又訪ねたいと思っています。

 高田にも誇りとする歴史遺産が沢山在ります。大切にしていきましょう。

 

                                                                                  

2013-07-15 15:21:21.0 参議院選挙には必ず投票所に行きましょう。

 『第23回参議院選挙2013』の投票日まで残り1週間を切りました。

 この国の行く末と、我々の生活を託す政治家を選ぶのが選挙です。我々国民には権利として選挙権が与えられています。この当たり前のようになっている選挙権ですが、123年前(明治21年以前)までは、国民に選挙権は有りませんでした。
 
 現在、世界の国々の中でも国民に選挙権を与えていない国が沢山存在します。それらの多くは、一部の権力者が権力を握り、その独裁体制の下、国民の人権を無視し意見は全く聞かず、自由を与えず、もし反対意見や批判を行うものなら忽ちのうちに投獄されたり、殺害されてしまう。
 この恐ろしい体制の国が、この21世紀の地球上に存在すると云うことを、我々日本国民は、参議院選挙投票日を間近にしたこんにち、改めて選挙権を持つことの意義と有り難さを認識して見ようではありませんか。

 近年、選挙という厳粛で尊く価値ある権利を、自ら考えもせず放棄してしまったり、政治に関心を示さない日本人が増大している状況をどの様に受け止めればよいのでしょうか。世界の中では、選挙権を得る為に命を懸けて戦っている人間もいるのです。

 “その国の政治レベルは、その国民のレベル以上にはならない”という言葉があります。
 
 今日の日本の課題として、

原発関連のエネルギー問題。
必ず起きると云われる巨大震災への対策。
少子高齢化による社会保障問題。
国防と安全保障の問題。
憲法改正の是非。
教育改革の問題。
景気回復と経済活性化への取り組み。
公務員改革と新システムの導入。....等々

政治の役割は非常に重いものです。とても他人事にしておく訳にはまいりません。

 選挙権を持つ私達は、しっかりと考え、しっかりと情報を収集し、出来もしない政策で有権者を騙す嘘つきマニフェストの真贋を見抜き、大切な一票を行使致しましょう。
 
 選挙の声こそ本当の世論であり、その声は必ず結果として表れて来ます。
 しっかりした一票がしっかりした国や地方を創るのです。必ず投票所に行きましょう。

2013-07-10 11:14:57.0 えいじま義雄議員活動を祝う会を顧みて

 早いもので市会議員にならせていただき本年で20年を迎えました。
 初出馬は植木市政が平成5年10月で終わり、市長選挙と同時に市会議員2名の補欠選挙が行われ、大島武夫氏と私が当選、宮越市政と同時に議会活動が始まりました。宮越市長とは一線を画し、
①南クリーンセンタ解体工事の書類改ざんや工事費の過払い問題
②異常な借金による土地開発公社の土地購入などで厳しく論争を展開

そしてその後、リコール運動では市民の中核として自分の政治信念の基に強権的な権力に対し戦い続けました。そして、後援会”北雄会”(18支部)とともに明るく自由にものの言える木浦正幸氏を擁立し戦いに挑み、平成13年10月28日圧勝により8年間の宮越強権政治の幕引きができました。2期8年続いた木浦氏が平成22年に引退し宮越氏(再出馬)、村山秀幸氏、大島誠氏の厳しい三つ巴戦となりましたが。私たちは行政経験豊かな清潔感のある村山氏を支援し高田地区の大票田を纏め上げ圧勝に導きました。
 私の政治信念、人生哲学は【義】、【愛】、【情】で共感し集まった”北雄会”の仲間とともに活動し20年を迎えました。私の議員生活20年、”北雄会”発足20年を記念し、6月30日2時より”やすね”の大広間で祝う会が開催され、410名が結集、【義】、【愛】、【情】の心の基の今後の活動を確認しあいました。また、参議院選挙候補予定の塚田一郎氏を応援のため麻生太郎副総理が來越し、塚田氏とともに急遽当会に出席され錦上花を添えてお帰りになられました。やっぱり魅力的でオーラのある人でした。直接大臣のお話を聴く機会はめったに無いので参加者一同喜んでおりました。
 同じ考えを持った人たちが結束して事にに当たるために私はいつも先頭に立ってリーダーシップを発揮してまいりたいと思います。
 それでは又、

会場模様

5102_1372725299.jpg

 

 5102_1372725266.jpg

        

麻生副総理と共に

 5102_1372725231.jpg