えいじま義雄の蓮風便り

「蓮」の花と薫りのように清く「義」一筋に政治の道を貫きます

2013-12-19 14:51:31.0 思いが通じた県立武道館上越へ

 私は上越地域経済の活性化と交流人口の増加には、新幹線開業と武道教育の殿堂を創設することが喫緊課題と常々考えていました。

 そこで、平成22年3月議会の場で「県立武道館の誘致建設を一日も早く県に要望すべきと考えるが、上越市として取り組む気は有るか」と市の姿勢を質しました。当時はまだ県立武道館誘致を公の場で提言し訴える議員は誰もいませんでした。市長の答弁も「現在、県当局に武道館建設の計画は無く、当市としても要望する考えは無い」というつれない消極的な答弁でした。

  しかし私は諦めず、従来バラバラであった上越市内武道7団体に呼び掛け、『上越武道連盟』を組織し、市民運動を展開し、延べ合計7万人の署名を集め、六区四市の行政、民間企業、県議、議会・、スポーツ団体の協力を得て市・県に陳情しました。

 時には、県知事選挙で来越した泉田知事にプラカードを作って街頭で訴えもしました。またこの11月17日にはリージョンプラザにおいて「謙信公生誕の地に武道教育の充実と心の鍛錬の場である武道館を」と市民の思いを一つにした総決起大会を開催して気勢をあげました。

 その結果12月17日、県が設置した『基本計画検討会議』の総意として県内五つの候補市の中で「上越市が一番望ましい」という答申が泉田知事に提出されました。

 これで武道館建設は9分9厘上越市に間違いないとは思いますが、年間30万人~40万人の利用者とその関連のひと達が集まる施設ですので、上越市のにぎわいの創設に必ずつながるものと確信します。

 また来る東京オリンピックには、世界の柔道選手の稽古場として利用される可能性もあり、期待は膨らみます。

 ここまでの3年間、市民、武道7団体の皆様、市当局理事者、体育協会、議会の皆様の一致結束した力が有って、念願でありました当市への県立武道館誘致運動に良い結果を得ることが出来ました。誠に感謝申し上げます。

 武道館誘致成功は、高田開府400年、新幹線開業と並んで明るいニュースです。

 政治は明るさと豊かさの実現のための大切な仕事であると確信します。明日からも全力で前進するつもりです。

 “成せば成る”気力の充満こそすべての原動力だと思います。

 

【上越タウンジャーナル】

県立武道館 上越市が建設予定地に

 

 

2013-12-14 15:31:30.0 高田中部婦人会の解散と地域への警鐘

 高田中部婦人会は、大町小学校区各町内会の婦人会が参加され、昭和22年に発会し、以来66年間地域のために様々な活動を行って来た婦人会です。最盛期には500人からの会員が在籍されていました。
 私は、この婦人会が高田中心市街地全体の福祉、教育、商店街のイベント、お祭り、その他多く行事に参加され貢献されて来たことに対して心から敬意を表してまいりました。

  しかし、「本年度で解散し、活動に幕を降ろす」という新聞記事を見つけ、真に残念に思い淋しさを感じました。と同時に寒々しく感じるのは、“崩壊”という言葉です。

 数年前から家庭崩壊、学級崩壊、企業崩壊、中山間地崩壊、旧商店街崩壊等々の“崩壊現象”がマスコミメディアに文字や放送として目に触れるようになりましたが、家庭の次に大切な地域の崩壊が現実問題として身近に起きている事に私は大変な危機感を感じています。

 町内会の中には、青年会、婦人会、壮年会の在る町内会もあれば、 過去には青年会も婦人会も在ったが休会、解散してしまい、今は子供会と老人会だけという町内会も結構多いのです。

 しかしどこの町内会も、今ほど青年会、婦人会等の若い人たちの協力を必要としている時はありません。行政は、「少子高齢化における福祉と教育子育ては地域で出来ることは地域でお願いします」というやり方です。現在は弱い立場の人たちへのサポートは、ボランティアで行う時代でもあります。

 女性の方々から社会参加を通して様々な情報収集し、行政や政治役立たせることが大切な時に、上越市市街地中心部の人間関係組織の解散は益々市街地の活性化を後退させるものであります。

 商店街にしろ普通の住宅地のにしろ、女性の方々の活躍こそ今こそ求められている時代です。

 婦人会と青年会の発会祝賀会が多いまちになることが私の希望です。

 

2013-12-01 11:21:03.0 自衛隊体験学習に抗議した人たちに”喝!”

  先日、直江津中等教育学校の生徒さんが自衛隊で体験学習した事に対して、上越地区の某左派・革新系3団体の代表が学校側に「迷彩服に違和感がある」「15歳未満の徴兵はジュネーブ条約に違反する」などという理由で抗議を申し入れたと言うニュースを見ました。相変わらず自衛隊に対して「憎悪と差別と偏見」を続けている時代錯誤な話だと思いました。抗議そのものは「言論の自由」が保障されている日本ですから自由ですが、...現実を見てほしいものです。

言うまでも無く自衛隊は我が国の安全保障、PKOを始めとする平和維持活動、国内外の災害に対しての救出復興支援などなど、今まで何十万人の人たちを救い、感謝されてきました。

彼らの団体が主張する「平和」というものは残念ながら憲法九条が保証しているわけではありません。国際社会においては力(軍事力)を持っている国が正義なのです。我が国を取り巻く情勢一つみても尖閣・竹島・北方領土において一度弱みを見せればどんどん土足で入り込んできます。さらに「沖縄も我が国の領土である」「対馬や九州も我が国の領土である」「北海道も我が国の領土である」と主張して憚らない国が沢山あります。それらの国々は言葉巧みに「我が国は侵略の意思はない」「日本は今また軍国主義になっている」「日本こそ過去の歴史を直視して反省せよ」と日本人が戦後六十年間どっぷり漬かってきた「自虐史観」を盛んに喧伝し、日本人を眠らせ、その隙に目的を達成しようと躍起になっています。そのような国は同様にして言葉巧みに日本国内で宣伝工作を行い、それに乗ぜられた人々が「日本は平和主義!戦争反対!憲法九条死守!」「自衛隊は違憲!」「沖縄に駐留する米軍は出て行け!」とおよそ現実からかけ離れた理想を声高に叫び、報道機関は自衛隊が国際的に高い評価を受けている事実を報道せず、「某国に派遣された自衛隊は違和感を持って迎えられた」と正反対の報道を国民に流し続けています。

幕末、アメリカやロシアがその武力を背景に日本に開国通商を迫った時、日本では上や下への大騒ぎでした。
「太平の眠りを覚ます 上喜撰 たった四杯で夜も寝られず」
の狂歌の通り二百五十年太平の世に慣れていた日本の人々の驚きぶりが窺い知れます。しかしながらこの時代主義主張は違っても「日本を外国の侵略から守らなければいけない」という一致した信念があり、そして、それを実行し得た今に名を知られる英雄・英傑・英才がきら星のごとく現れ、日本は国を損なうほどの内乱にはならず速やかに中世の封建制度から近代国家への一歩を踏み出す事に成功しました。
そういう覚悟を持った「武士」が当時日本にいました。これは当時の日本にとって大いなる「幸福」さったと言わざるを得ません。 現代日本において空想に酔いしれている左翼思想の無責任集団などは存在しませんでした。

 今の日本はまさに内憂外患の時期です。未来を担う若者がこの国を行く末を考えた上での職場体験に自衛隊を選んだ事に私は賛辞を惜しみません。その考えに冷や水を浴びせかけ、上から目線で青少年の志を挫く平和ボケした甘ちゃん中高年は恥を知れ!と言いたいです。

 自衛隊の皆様の日頃の努力のおかげで私たち国民は枕を高くして寝られるのです。「今の平和が保たれているのは誰のおかげか」今一度問いただす良い機会ではないでしょうか?
【参考】
上越タウンジャーナル