えいじま義雄の蓮風便り

「蓮」の花と薫りのように清く「義」一筋に政治の道を貫きます

2014/11/17 15:26 国と地方の将来のためにやるべきこと、それは選挙で投票することです。

 いにしえより国家の頂点に立ち統治者たらんとする者は、戦って、戦って、戦い抜いてその地位を手に入れて来ました。

 命を懸け、全財産を投げ打ち、叡智の限りを尽くし、時代によっては武力を行使して、自分の理想とする国造りに執念を燃やして来ました。それが政治家の世界と云うものです。

 現代においては戦う方法は選挙と云うことになりますが、国会議員、県会議員、そして市会議員の私でも選挙は勝ち負けの結果がハッキリ出る待った無しの戦場なのです。

 

 今般、国会がにわかに風雲急を告げて来ました。12月国会の解散、総選挙が現実となってきたのです。しかし私は本年6月頃からこのことはある程度予想しておりました。

 民主党政権時代は、真っ暗な迷路をさ迷うがごとくであり、なかなか明るさを見出せない日本列島でした。しかし自民党安倍政権となり、経済は明るさを取戻し、株価は上昇しています。さらに安全保障とそれを見据えた戦略的地球儀外交の展開、地方再生に本腰を入れるなど、ここに来てやっと政治が機能し始めてきたことを感じます。

 

 安倍氏は旧長州藩(山口県)の生まれです。長州藩は幕末の思想家、維新の火付け役、吉田松陰を生みました。そして彼の私塾『松下村塾』からは、伊藤博文公が初代総理大臣に就いたのをはじめその影響下、8人もの総理大臣を輩出して来ました。

 戦後では岸信介、佐藤栄作氏が名を連ねます。彼らは国家の命運を左右する問題を取り上げた本物の政治家でした。その血筋を受け継ぐ安倍総理には自信を持って国家百年の計の基礎を築く政策を推し進めて欲しいと思います。

 吉川英治の小説『宮本武蔵」の最終行にかくあります。「波騒は世の常である。波にまかせて、泳ぎ上手に、雑魚は歌い雑魚は踊る。けれど、だれが知ろう、百尺下の水の心を、水のふかさを」と。

 世間は今、戦いの経験も無く、知ったかぶりをした無責任な評論家、学者、マスコミメディア、加えて批判ばかりで何ら具体的な代案を示せ得ない野党諸党などで百家争鳴の体をなしています。しかし安倍首相にはそんな雑音を気にせず、この素晴らしい国、日本を継続してリードし守ってもらいたいと切に願うものであります。政治がしっかりと安定してこそ国内の経済の発展や外からの圧力に抗し切れるのです。

 今日、力強い信念と国家観を持ち、政治目標がしっかりしている安倍政権の持続こそ日本の安定と平和をもたらしてくれるのです。安倍首相は今、日本の安定と平和を守るため一生懸命です。

 

 「安倍首相が国防のことを話すから軍国主義者だとか、安倍さんが首相でいれば戦争になる」と言う人達がいます。しかしそれは全くの見当違いの観念的平和論です。

何故ヨーロッパでヒットラーが台頭して来たのか、何故第二次世界大戦が勃発したのか、もう一度歴史を学んで勉強してください。それは平和、平和という平和主義が猫を虎に育ててしまった結果なのです

今、近隣諸国を見回しても、いつ虎になってもおかしくない連中ばかりです。ほんのこの間の民主党政権時、ちょっと国力が落ちていると見れば、すぐ勝手に識別防空圏を作ったり、日本の意向を無視して北方の島に上陸訪問してしまう輩です。しかしこれが世界の現実なのです。

 日本を守る最前線の実働部隊として自衛隊が有ります。自衛隊の皆さんは日本の主権と独立を守るため日夜懸命に働いています。そして自衛隊の皆さんこそ一番平和を願っている人達です。もっと信頼しあうことが平和国家を創る基本ではないでしょうか。

 

 そして私達国民に大切なことは、もっと政治の大切さを勉強して情報を得て、協力出来るものは進んで協力することです。そのまず第一歩は私たちが主人公である選挙に参加することです。投票日には必ず投票場に行き、大切な一票を投じましょう。

 

 

 

 

 

 

 

2014/11/11 11:38 今一度の見直しを!

おはようございます。私は安易に他者に迎合するわけではありませんが、本日新聞を見て市民の多くが厚生産業会館建設に疑問を感じているという一面が証明されたのではないでしょうか?

 

 私は議会で独自の立場から旧市民プール跡地への厚生産業会館建設には次に掲げる理由から反対の立場を取って参りました。まず、来場するための公共交通機関は時間帯の本数が少ないバスに頼らざるを得ず、必然的にマイカーでの来場が多くなります。すると、高田公園周辺での渋滞、排気ガスによる環境悪化、事故の増加、さらには駐車場の確保問題が発生し結果的に家族連れや高齢者の憩いの場足り得ず、冬期になれば降雪及び除雪の関係で益々交通に不便を期する可能性が非常に高くなる等の理由です。
対して私が議会で提案した同施設を高田駅前に建設すれば、公共交通機関は電車とバスの両方を利用でき、交流人口の増加も期待が見込め、高田本町、仲町への経済効果が見込める点からも駅前が適切であると訴えました。

 

しかしながら市長側は「計画通り」の一点張りで全く取り合ってくれませんでした。挙句の果てには建設費が大幅超過とはあまりにも杜撰であると言わざるをえません。

 

箱モノ行政はとかく非難の対象になりがちですが、長岡駅のアオーレ長岡のような最近の成功例もあります。当然上越市に建設しようとすれば人口規模、用地その他諸々の条件を吟味しなければなりません。

北陸新幹線の上越妙高駅が開業するにあたり、当初の計画一辺倒では失敗するのは火を見るより明らかです。

 

必要な箱モノは建設すべきです。なんでもかんでも反対廃止ではなく貴重な市民の税金の使い方をもっと有効に模索すべきかと思います。

2014/11/07 22:10 『拉致問題の解決は、国民こそが立ち上がるべきである』

 今回の拉致問題において、北朝鮮側は予想通り約束を破りました。秋には拉致被害者全員の調査を日本政府に報告すると言っておきながらも、その通りに動かなかったのです。北朝鮮という国は日本に比べ、外交交渉が遥かに上手で、度々戦略的に頭の切れる軍師の作戦通りの展開になります。そのため、戦後69年間の長い期間に渡って北韓との外交交渉は、北朝鮮の独裁者の一族や取り巻きに馬鹿にされ、舐められっぱなしで今日まで来ていると思います。そして、北朝鮮は我国の安全保障の弱点を突き、外国に行っている同胞から多額の資金を献上させ、核ミサイルをいつでも日本に撃ち込める準備を進めながら、強気強気の攻一本の作戦に終始しています。

 

 今回の交渉で北朝鮮側からは軍服を着た人達が出てきました。今までは背広姿の外交官でしたが、軍人を交渉の席に着かすということは”日本政府と日本国を我々は何も恐れない、困らない”という威圧的な交渉を仕掛けてきたということです。

 

北朝鮮の徐大河・特別調査委員長(左端)との協議に臨む外務省の伊原純一アジア大洋州局長(右端)=28日午前、平壌(共同)

 

 ところで、最近アメリカの外交戦略が変化したことに触発され、日本近隣の諸国は急に政府高官の日本訪問を執り行わなくなったり、中国・韓国内での反日教育と国民への日本批判を煽ったりして、(我国との)友好親善の絆を細くしています。隣国同士仲良く互いの将来のために、前向きな健全友好外交をやりましょうと言う考えがありません。誠に淋しく残念でなりません。

 

 そこで私から政府と国民の皆様に申し上げたいことは、日本はこのままでは領土領海領空が侵され、自治権のある独立国家として、2500年の歴史と誇りあるこの国が消滅してしまう可能性があるということです。

 日本国は国際連合に世界189ヶ国の中でトップクラスのお金をまじめに拠出していますが、この拉致問題一つ見ても我国を支援し協力してくれる国はありません。なぜなら、他国から見て自国の利益にはなんら関係がないからです。

 

 日本国民は「和」を大切にし、礼儀正しく紳士的な国民性を有しています。また、暴力沙汰や争い事が嫌いで世界一平和を愛する素晴らしい民族です。そして現在、我国はどの国よりも最も住みやすい安全安心な良い国です。

しかし、良い人達、平和の国と言っていても本来、国対国、政府対政府となれば国益を考え、(軍事力を背景にした)強気の外交交渉しか切り札は無いのです。海に守られ、宗教戦争も無く、人種・民族の寄せ集め国家ではないため、長く続いてきた平和の中で完全に緊張感を失ってしまったこの国の足元をよくよく見てみれば不安はぬぐい切れません。

 

国民が批判ばかりを繰り返し、売国奴的なマスコミ、評論家、政治家、官僚、学者、組合、団体が一人のリーダーの足を引っ張り、頭を叩くような民主主義と表現の自由、何でも不平等だ!不公平だ!と喚き散らす。これらがまかり通ると集団、団体は弱体化し滅びて行くことは歴史が教えてくれています。

 だからこそ我々は強く、たくましく、あまり人気や支持率など気にしない誠実な信念を基に長期ビジョンを持っている人を支援しなければなりません。

これからの日本の独立国家としての存続は、国民が一つに結束すること、不正や不条理に立ち向かう理性を決して見失わず、高い民度を持っているかにかかっていると思いますが、皆様はこのことについてどう思いますか?また、北朝鮮には強い制裁をかけるべきと思いますが、皆様はどう考えますか?