えいじま義雄の蓮風便り

「蓮」の花と薫りのように清く「義」一筋に政治の道を貫きます

2016-05-30 23:57:50.0 『トランプ米国大統領に決まれば第2の黒船来襲ではないか』

 さて、現在の世界(情勢)を俯瞰して見れば、世界のリーダーは時代と共に変化し、経済の状況も常に流動的であり、一国だけでその変化に対応できない程、政治的リーダーの指針が表れにくい世界になってきています。

 そして経済、産業、金融、資本などなどあらゆる分野において「グローバル化」が進む反面、通信・情報分野の技術革新、進歩によりSNSなど高度な発達は、世界をミクロ以下の極小世界に変えてしまっております。

 

 そんな中、現在米国において、大統領に政治経験の無い「不動産王」と言われている共和党のトランプ候補が大統領指名権を獲得確実にし、民主党のヒラリー・クリントン候補との一騎打ちの様相を呈しています。

 今年11月の大統領選挙の結果、もしトランプ氏が大統領になれば、選挙公約の演説の中で彼がハッキリ発言しているように、「アメリカ国民が払っている税金で、なんで金持ちの国(日本)の用心棒をやらなければならないのか、それなら用心棒代を払え」という当り前と言えば当り前の権利要求を言い出しました。

 そして今後の成り行き次第では、日本の防衛を肩代わりしている米国政府に対し、その経費の全額を日本政府が持つことになるかもしれません。

 

 あるいは、戦後71年間の長きに渡り独立主権国家の我が国が、国の安全をアメリカによって守ってもらっていた事にいよいよ終止符が打たれる、すなわち日米安保の終焉、破棄という時代を迎えるかもしれないのです

 はたまた、昭和51年サンフランシスコにおいて日本は、「平和条約」と共に「安全保障条約」も締結しましたが、その日米安保の見直しを言い出すことになるかもしれません

 

 これが時代の変化というものでしょうが、平和にとっぷりと浸かり、「水」と「安全」は無料だと勘違いしていた日本人は、その責任の負担の重さに耐えられるのか、国民一人ひとりに押し掛かってくる税金増は政府も国民もしっかり覚悟しなければならない時がくると思います。

 

 人口も減り、経済が再び低迷していく中での国防費の増額、これらは徳川幕府の終末の時代背景とよく似ています。 維新の時代は貧しくとも優秀な人物が沢山おりました。 国民もまた今以上にレベルの高い気概と何より団結力、結束力があり、国全体が引き締まりまとまっていました。

  しかし今現在は、どこを見ても信義も情も気概も失い、その欠片さえ見当たりません。個人主義や利己主義、プライバシーの保護など、人と人との絆が消えてしまい、殺伐とした世の中になってしまっています。

 

 トランプ氏が大統領になれば、それは日本にとってまさしく第2の黒船来襲と同じことになるでしょう。

 もう一度、吉田松陰や坂本龍馬、木戸孝允、大隈重信、伊藤博文等のような腹の座ったリーダーの出現を望むのは誰しもが思うところではないでしょうか?

2016-05-24 09:12:43.0 近頃起きた不思議な出来事

上越市議会議員選挙の改選後、新しい会派の陣容・各常任・特別対策委員会そして正副議長の人事が全て決定しました。「一寸先は闇」と言われる政治の世界ですが、地方自治体でもその言葉がそのまま当てはまる奇妙奇天烈な出来事が起こりました。政治は基本的に保守系(自民党系)と革新系(民進・共産・社民系)がそれぞれ分かれて議論を戦わせ多数決によって決めるのが民主主義のルールであります。当然、地方議会でも同様のことですがこのたび11名の議員を擁する最大会派「新政」は市民側から見て誠に分かりにくいというご意見を直接あるいは電話などで多数頂戴いたしました。その質問はほぼ共通して「なぜ自民党籍の議員が革新系の旧社会党、労働組合推薦の人たちと一緒になって会派を結成したのか不思議でならない」と言うものでした。

 

 これに対して私は「選挙の時は(共産党を除いて)会派の名前などを出さないで個人として選挙を行っているのだからその後、どの会派に入るのかは当人がよく考えて決定されたことだと思います。そして当人の思想・哲学・国家観・歴史観・人生観のあう人々がひとつの会派にまとまったのでしょう。しかしながら、打算的に最大会派になれば何かしらの役職にありつけるとも考えがあったのかもしれませんよ」と申し上げました。

 

 そして正副議長の決定ですが、本来であれば議長は最大会派から出るはずだったのが蓋を開けてみると第三会派「みらい」から議長が、第二会派の「創風」から副議長が選出されると言う珍事が発生しました。

 地方議会は国政レベルと政党政治ではないといっても市民側から見て分かりやすく筋の通ってない話であれば疑問に思われても仕方のないことだと思います。私は保守主義で「頑固一徹」「ならぬ物はならぬ」の姿勢で議員生活を送って参りました。それはこれからも変わりません。これは若いときに相撲界という伝統としきたりの厳しい世界に身を投じて厳しい修行を耐え抜いたことによって得た財産です。それを与えて頂いた当時の諸先輩方には今でも感謝の念を持ち続けています。

 「世間は甘くない。道理を間違うな、損得は考えるな、道の真ん中を歩け、自分に嘘は言うな」これは当時の親方に言われた言葉です。今の世の中でこれを貫くのは非常に厳しいですし辛いです。でも私は生涯この言葉を頭の中に置いて行きたいと思います。

 

2016-05-21 00:19:31.0 『戦後政治体勢の大きな転換期を考える。』

 長い間わが国の政治は、第一党の保守政党である自由民主党が総理大臣を出し、また、知事や首長、議員など与党の多数は保守系の政治家を国民の意思で選んで今日まで来ました。

 

 しかし、今その政治の体制が変わろうとしております。 

それは、民進党と共産党の選挙協力を進めるという話題が盛り上がり、政権批判論を一本に絞り野党連合で自民党と公明党の保守政治を揺さぶり、崩壊させるという、戦後政治の終幕を企み国民に訴えようと致しております。

  

 今回の上越市の議会議員選挙の結果を見て今後の情勢を考察するならば、今回、革新系の労働組合を支持母体とする候補共産党が4議席を確保したことから、次の国政選挙や市長選挙には、連合などの革新系組合推薦の候補共産党と一本化すれば強固な選挙態勢となり、国も地方もガラリと政策が変わって行くだろうと思います。

   

 今までのやり方で良いという体制と全く新しいことを導入するという双方の思想・理論の激突が起き国内は今までにない様な混乱が起こる事が予想され、さらにはテロなど流血の惨事も起きる事態もありえます。

  

 政争は一種の戦いです。この国が今まで経験したことがなかった共産党の連立政権、内閣が誕生することも有り得るという事を考慮すれば、「一度やらせてみてもいいんじゃないか」などと言っている場合ではありません。

  

 近隣諸国の軍事力優先体制の国はこの混乱に乗じ一挙に日本人民解放の名目で侵略してくることもあり得ます。事実、ウイグルやチベットなどでの蛮行は、火を見るより明らかにこの事を物語っております。

  

 いずれにしても、71年間の平和の維持・享受は、国民の高い常識と結束力の賜物でありましたが、野党とマスコミは「自民党は戦争をする政党だ」「安定総理は暴走している」などと大衆を扇動するポピュリズムが浸透し、保守政党の終焉が身近に感じられてなりません。

  

 強力な結束力と明確な将来展望のできるリーダー不在の集団は、まさに悲劇の主人公、あるいはドンキホーテと言ったところしょう

  近々行なれる参議院選挙において、その判定を国民がしなければなりませんが、その重大な意味のある投票に無関心であったり、投票所に行かないといった日本人が増えていることにやるせない思いを感じてなりません。

 

 皆様は、この大変な危機的変化を起こしても良いのですか?