えいじま義雄の蓮風便り

「蓮」の花と薫りのように清く「義」一筋に政治の道を貫きます

2017-01-30 10:27:40.0 現代人は忘れてはならない榊原家の「義」の心

「義」の心と言うと上越の人たちはまず上杉謙信公を思い出しますが、忘れてはならないのが江戸時代、130年にわたってこの高田を支配した榊原家も謙信公に負けない「義」の心を持ち合わせていました。

 榊原家はあの徳川四天王といわれる榊原康政を祖先に持ち江戸幕府成立の礎を築いた重臣でありました。この榊原家、当初は群馬館林に居城を持つ譜代大名でしたが、時代の流れかその後

 とさまざまな場所に転封され、最後はこの高田に落ち着きました。特に1741年の高田転封は時の八代将軍徳川吉宗の質素倹約令に反発した尾張徳川宗春に迎合して豪奢な生活を送っていた為、徳川宗春の蟄居謹慎処分に連座して本来ならば取り潰しになるところ、徳川家康の遺訓に従い取り潰しを免れ高田に転封と言う処分になりました。

 転封後、財政危機、さまざまな天変地異や飢饉、疫病に徹底した質素倹約・殖産興業で財政を好転させ、さらに幕命に従い長州征伐に従うなど、将軍家への忠節を尽くしました。

 そして明治維新、西から幕府追討軍が高田に近づくにつれ時の藩主榊原政敬公は苦渋の決断を迫られました。将軍家に忠節を尽くして一戦を交えるか、領民のために恭順し、高田を戦火から守るのか・・・果たして政敬公は後者を選ばれました。幕府側から見れば変節のそしりを免れませんが、高田の領民からすれば戦火から自分たちを守ってくれた「義」の人ではないでしょうか。

 戊辰戦争が終わり、最後まで抵抗した会津武士1742名が高田藩預かりとなり高田に護送されてきました。普通捕虜として送られてきた人々は過酷な生活を強いられ、命を全うできる人は少なかったと思われます。

 しかし、榊原政敬公は会津武士の心意気に感じ入り、礼を尽くして会津武士を遇したといわれています。逆に占領した会津藩を統治したのは同じ親藩であるはずの越前松平家でしたが、とても武士の風上にも置けないような振る舞いをしたということです。

 時代の流れでそうせざるを得なかったということもあるでしょうが、高田藩榊原家は謙信公に負けない「義」の心を通した素晴らしい武士の集団であったと思っています。

 現代人はそういう命のやりとりとは程遠い平和な時代に暮らしていますが、人間の本性を見せ付けられたとき、どこまで人としての誇り「義」の心を全うできるか試されるときが来るかもしれません。そうなったとき自らを恥じて生きなければならない選択だけはしないようにしたいと思っています。

2017-01-27 23:03:31.0 “甦れ”日本人力士の根性を見せてくれ

 日本人が長い間、待ちに待った日本人の横綱が誕生しました。3代目の若乃花から19年振りの日本人の横綱です。相撲は日本の国技であります。相撲の起源は皇室より古く、神話の時代に遡る程であり、歴史的神事の文化も凝縮され、外国には無いスポーツです。

 また、相撲道として独特な文化があります。ちょん髷や2人の力士を従えての横綱土俵入り、十両からの化粧回しを付けた大関までの番付順の土俵入り、塩、力水など土俵上での力士の作法や所作、行司、呼出しの装束、桟敷席、勝負審判の紋付袴の正装など美しい日本の美を保っております。また、土俵の真中に五穀豊穣と国家安泰を守る神を祀って埋めてあり、地底の悪霊を足で踏み付けて押さえ込む姿が、力士が土俵上で四股を踏む動作であります。横綱は身体に白いしめ縄を付けますが、これは生き神様になると言う事です。たとえ天皇陛下でも真似出来ません。神様は気品を保たなければなりません。

 私は昔、相撲界に8年近くいました。吉葉山は私の親方でしたが、栃錦、初代若乃花、朝潮、千代の山、鏡里関達が横綱で、柏戸、大鵬はまだ十両以下でした。当時は、上位の地位の人程、早朝より、口や文章で表せない位の相撲界独特の猛稽古が、各部屋で行われていました。地方巡業の時でも、それは厳しい修行の世界でした。相撲の世界では、「勝つと負ける」この二文字しかありません。勝つためには、死に物狂いの努力しかありません。横綱、大関の地位を得た者は相手に勝ったのではなく、全ての重圧や、肉体的に限界を超える様な苦痛など、全て自分自身に勝った人達です。

 力士は短命です。それ程厳しくもあり辛い修行をしている中で、日本の文化を守ってくれています。パァーと咲き、パァーと散っていった大鵬、柏戸、北の湖、輪島、千代の富士等々の横綱達。桜の花が相撲協会の紋章ですが、まさに桜の花のように散っていきました。

 この様に相撲界は厳しい世界であると、相撲が好きな人達なら理解をして下さっているのでしょうが、日本人なら伝統の灯をいつまでも守って応援して下さい。相撲は日本の美学の一つです。稀勢の里関よ、今まで以上の稽古をし、体重を落とし、下半身を鍛えて下さい。来場所でも優勝する事を祈念致しております。

2017-01-24 11:09:13.0 『相変わらずの頭の堅い役人の天下り。~万事変化の時に乗り遅れる。』

 さて今回は「官僚、役人の天下り」について一言。

 そもそも世の中が閉塞的になり、一般の住民が政治や行政を信頼・信用しないというのは、その権力(機構)が腐敗し政治家と役人が特権として地位を利用し天下りを行い、第二の人生を何の苦労もせずに二度三度と渡り歩き、民間企業では考えられぬ程の給料と退職金を受け取っている事に国民が嫌悪している事に原因の一端があります。

 

 役所はその行政運営上、色々な関連法人や関連施設、組合、団体、研究機関、学校などを有しておりますので、その理事長にはほとんどが元公務員のエリート幹部が就任し取り仕切っており、民間出身者ではなかなかトップや役員にはなれません。

 役人上がりは、仕事上でミスすることは余りありませんが、アイデアがカラフルで面白い発想や企画をしたり改革を推進したりすることなどが出来ず、”前例通り可もなく不可もない”、”何事も起きない起こさない”業務運営を数年行い、その後はまた後輩に席を譲り、次の天下り先へと渡って行く事を繰り返し続けているのです。

 今回は文部科学省が運悪くこの天下りが発覚してしまいましたが、国の機関の全省庁、全国の県や市町村の幹部職員も似たようなものなのです。

 

 先日私は千葉県と茨城県を走っている第三セクターのローカル鉄道の運営状況を視察に行って参りましたが、赤字で廃止しようかと言う会社を見事に立ち直らせた会社の社長は、民間人を公募で募集した方で、様々なイベント列車や各沿線商店街のイベントを企画し実行したりして乗客を全国から集めておりました。

 国や県、市町村の公務員上がりの社長では、運営や再建など到底出来る訳がなかったのです。やはり観光のやり方やイベントなどの発想は民間企業上がりの人を集めてやる事が成功の鍵だと強く思います。

 

 このようにこれからの日本は新しい発想と行動が求められている時、天下りなどの古い体制、やり方は改めるべきではないでしょうか?

 東京電力の原子力発電所は、通産省幹部の天下り先でしたから、あの通りの安全管理の不祥事が多発するような体質の会社になってきたのです。しかしこれはほんの一部で医薬品と病院関係は、厚生省の天下りが仕切っていますし、パチンコ業界は、警察庁の天下り先となっています。

 こんなことでは日本は、決して良くなる訳がありません!

 

 一人一人の国民が「天なる道」に照らしてよくよく己の行動を律して行かなければならないと思います。

 「我が身は貧しても、我が魂は錦なり!」とご先祖様や子や孫に堂々といつも言える自分でありたいと強く思います。

 皆様はどのように思いますか?

 

 ※追記:1月22日(日) 私が主催する保守政治塾『琢磨の会』の研修会兼新年会が開催されましたので、その時の様子をご紹介致します。

 また、29日(日) 14時~16時 上越市民プラザ第8会議室にて、我が「琢磨の会」も運営協力しております「新潟フォーラム」による勉強会を開催致します。そちらのチラシを同時に掲載しますので、ご興味がお有りになる方、お話をして見たい方など是非ともご参加して頂ければ幸いです。

     

 

           新年最初の講演をする永島会長 

                

 

        講演をする「義の心の会」石田明義 会長

 

            政治塾「琢磨の会」  

                

   

      第二部 新年会で「相撲甚句」を披露する永島会長