えいじま義雄の蓮風便り

「蓮」の花と薫りのように清く「義」一筋に政治の道を貫きます

2017/01/09 11:30 『いつまでも甘えていられる状況では無いのです。』

 中国はアメリカに対する防衛線として、第一列島線を設定しその目標達成のために空母を建造し、その軍事力による南シナ海や東シナ海の実行支配化をどんどん進めています。

 事実、中国軍の空海軍が尖閣諸島や沖縄諸島周辺まで堂々と侵犯を繰り返し常態化を図り、さらに南西諸島の浅瀬を埋め立て軍事基地を確保し、資源を運ぶ日本のタンカーをいつでも攻撃できるよう準備をしています。これはいわゆる「シーレーン」と言われる日本の存亡に関わる最重要航路を中国に抑えられることを意味します。

 したがって現在、日本国内の原発のその殆どが停止し、中東からこのシーレーンを通って運ばれる原油に日本の運命はかかっているということなのです。

 

 反日左翼ら(某国の工作による)はそのことを熟知しているため一般国民に気付かれないように環境問題や人道問題などにすり替え、特に若者や女性たち、お年寄りなどを欺いて原発反対運動を煽り先導させ、結果的に日本占領運動へと引き摺り込んでいるのです。その先にあるのは果たしてどんな姿の日本なのでしょうか?

 さらに西太平洋までをも自国の支配海域とする第二列島線の設定を実現させるための様々な工作も推し進めています。

 この事実は、もはや現実問題としてわれわれ国民は強い関心を持って注意すべきなのであります。

 

 北朝鮮も核ミサイルを持ち、日本本土攻撃ができる体制を整えようとしている中、中国、北朝鮮、ロシアはアメリカのトランプ政権が日本を守っている米軍を撤退すれば「待ってました」と言って、海洋資源はもちろん沖縄や北海道のみならず日本本土までその軍事力によって我が物顔で奪いに来るでしょう。

 また、中国やロシアの空軍と自衛隊機が偶発的な衝突で戦闘になるかもしれません。彼らは自衛隊機が何もできないことをよく知っていますので、相手が弱いと見れば好き勝手に日本の主権は奪われてしまいます。北朝鮮の軍人たちが日本人を拉致したように、現在の日本は国民を守れない情けない独立国となっているのです。

 あくまでも数だけで見れば、中国軍は兵士230万人、艦船880艘空軍機2720機、北朝鮮軍は兵士119万人、艦船780艘、空軍機560機です。日本の自衛隊は兵士22万人、艦船137艘、空軍機410機です。(実際は、稼働率や各種兵器・装備の近代化の状況などによりかなり左右されますが。)

 72年間アメリカに守られてきたから良かったのですが、しかしこれからはわかりません。今のアメリカは自分のことで一杯で、他国のためにアメリカの青年の血は流さないでしょうし、税金も使わないでしょう。

 それを考えれば、お金だけを持って助けてくれと言っても、日本に手を貸してくれる国はないと思います。

 日本の防衛費はGDPの1%以内で推移している中、近隣諸国の無法者国家はどんどん軍事力を拡大しています。「空念仏の憲法」を後生大事に守りご本尊として手を合わせ祈っても、それを見ている相手はただただ喜ぶばかりです。

  

 自民党政権は責任政党です。「今の憲法」「今の制度」で日本人の生命と財産を本当に守れるのでしょうか?

 反日日本人集団は、”安倍総理は暴走している”とか、”安部総理は戦争する”などと言って大衆を煽っているが、左翼の人たちは日本の置かれている現実を、未来の日本の姿をどう考えているのでしょうか?

 日本を命懸けで守り導いた先人達のように、毅然としていた日本人の考え方も「抑止力」として今こそ我々に必要な時だと思います。

 

2017/01/05 22:25 日本の伝統行事、お正月を思い馳せる

 最近のお正月の姿、形がどんどん変化しています。昭和20年代、30年代は、まだ今より豊かでなくても、お正月には、女性は美容院に行き新日本髪を結い、和服姿の初詣の人が大勢いました。職場の上司や先輩、日頃お世話になっている方への年始廻り、親戚、縁者への挨拶廻りもしたものですが、だんだんと行う人も少なくなってきた様に感じます。また、各家庭の自家製のおせち料理もスーパーや料理店の出来合いに変わりました。玄関前の日章旗や門松も消えました。町内の新年会の出席者も少なくなっています。

 日本の大事なお正月の文化が崩壊していく姿に、この国が持っていた豊かな感性、情緒が日増しに消え去る姿が重なり、空虚なものを感じます。日本の伝統や文化が衰退していく原因は、欧米の生活様式や過激な個人主義者が増えたために、我々の一番大切な集団社会、家庭や家族社会の崩壊が表れているのです。そこに来て、高齢化と言う津波の様な波が押し寄せ、都市部も中山間地域の家々まで現実問題として重大な課題に直面しています。

 人々の悩みや社会の病巣の原因は、政治と社会にあると言う人がおりますが、私は個人にあると思います。あのアメリカは個人の責任の重さを建国以来貫いています。家族は父や母、子供が責任を持ち、地域や町内は町内が責任を持つと自覚すれば、もっと暖かい絆の家庭や地域、市や国になっていると思います。個人が責任を持たず、空き家の始末も、老後の介護も、孤独死の始末まで、全て国や地方自治体に最後の責任を持たせるから、借金だけが膨れ、財政破綻や重税で国自身崩壊して行くのです。

 私は、我が国もあまり西洋人の考えや様式を取り入れず、優秀な日本人が築き上げてきたやり方を変えず、伝統、習慣、文化を守るべきだとこのお正月につくづく感じましたが、皆様は如何ですか?

2017/01/03 09:37 『自分だけ生き残り、自国だけ繁栄する時代ではない!』

 

 核」の無い世界こそ理想でありますが、到底現在のロシや中国、北朝鮮の指導、アメリカの新しく大統領になるトランプ氏などがトップの地位に君臨する間は、核兵器削減は泡沫(うたかた)の幻想に過ぎず、軍備削減どころかプーチンのロシアや中国、北朝鮮は益々軍備を増強しMDシステムを強化すると公表しています。おそらくロシアは北方四島を核ミサイル基地化するために返還するなどとは毛頭考えていないと思います。

 

 地球上に生命が誕生して三十数億年、色々な生物が誕生しその頂点に立っている人間という生き物は、言葉や文字、宗教や音楽、楽しい芸術まで創作していながら人間同士が殺略しあい、憎しみ合い仲良くやれない生き物になってしまっています。例え人類史上最高の頭脳をもってしても、様々な宗教や平和を訴える政治家や偉人が現れても、核開発、核兵器による軍備は増強激化へと進んでいくでしょう。

 このことから地球上に生きている生物の中で、一番最低の馬鹿は人間で神、仏は必ず怒り、人類をこの地球から滅亡させる日が起こるかも知れません。世界は常に揺れ動き、武力、武器を強化するための無駄なお金をどの国も使い、そのことによって世界中で多くの弱者が常に泣きながら犠牲になっています。

 相手の国が凶暴国家なら、一国だけいくら平和を叫び念仏を唱え、魔除けの札を拝んでいても弱ければ攻め込むというのが、これまでの世界・大国の歴史です。

 

 このおぞましい世界の中で、そのことに対して日本人としてどう知恵や手を尽くし対応してゆくのか国民一人一人が真剣に考え、今こそ新たな国創りのため政治や選挙に関心を持って臨まなければなりません。それが今を生きる私達、大人の未来の子供たちに対する責任なのです。

 この悪魔の住む地球を救う人間が一日でも早く現れて欲しいと切に願うばかりです。