えいじま義雄の蓮風便り

「蓮」の花と薫りのように清く「義」一筋に政治の道を貫きます

2017-02-27 23:44:03.0 『晩年の幸福と本当のカッコ良さとは?』

 石原慎太郎元東京都知事が小池百合子現都知事の政治手腕により、ついに都議会の「百条委員会」のお白洲の場に引き出され、現職都知事時代の過去の実態を追求される事になりました。そこで石原氏が嘘の証言をすれば法律で罰せられることになるのが「百条委員会」なのです。

 国会以外の議会ではあまりありませんが、石原都知事時代、都民に明らかにされていない税金の使い方などの実態と彼自身の実像が今、明らかにされようとしているのです。

 

 石原氏は芥川賞作家であり、弟の故石原裕次郎氏の絶大な人気を自身の背景にし、衆議院選挙で当選した後、議員時代には「石原派」と呼ばれた「青嵐会」という会派を立ち上げ、故浜田幸一氏、故渡辺美智雄氏、故中川一郎氏、中尾栄一氏、森喜朗氏、中尾宏氏などの若き自民党青年グループとして正義と正論を訴え、故田中角栄氏を鋭く批判していた花形政治家でした。

東京都知事選挙になってからは東京都の豊かな財源の上に胡座をかき、血税を有効に効率よく使わず、出張や海外視察の時など贅沢三昧で、都庁には週に三日ぐらい10時に登庁し3時には公用車で帰宅、仕事は副知事や局長・部長任せるという日常だったと言います

これでは都政は堕落し職員も右倣えし、「川上が濁れば川下も濁る」ように誰も責任を取らず、高い給料とボーナス・退職金をたっぷり貰い「我が世の春の都庁」という状態であったと思います。

 故安井誠一郎氏、故東龍太郎氏、故鈴木俊一氏時代の都政はそれぞれのリーダーが、リーダーとしての哲学をしっかり持った立派な政治家でしたので、もっとまともな都政運営だったと思います。

 

 公人としての修業も知識もないただ運とカッコ良さと人気先行のタレント的物書きや評論家、芸能界上がりの政治家は、選挙には強いですが本物の政治の中身がなく、天下・国家をとても任せられるものではありません。

 公私のけじめが分からず、ただ人気に溺れ最後にきて恥をかいて過ごす晩年は、お金があっても少しも幸福な人生ではありません。

 石原氏は、自分の人生の中の若い時分に苦労をすることで自分を磨いてないから、晩節を汚しているのです。「権力」が恐ろしいのは自分にはドンドン甘くなってゆき、そしてドンドン腐敗していくというスパイラル・ホールに落ちて行く事なのです。

「石原さん、あなたの最後、カッコ悪いよ!」

2017-02-23 15:57:08.0 『暴走国家、粛清体制下の金第一書記どうなる?』

 

 北朝鮮の異常さは、普通の常識では決して計ることが出来ません。

 世界中を探してもこれ程、人間の命をまるで「虫」でも殺すように軽視する国家は皆無ではないかと思います。このような冷酷で野蛮な非人間的国家に拉致されている「金子めぐみ」さんはじめ大勢の日本人とそのご家族の皆様のこの数十年間に及ぶ苦労と辛く寂しい想いは察するに余りあります。

 

 小泉元総理の時、北朝鮮に行き何人かの拉致被害者を連れて一緒に帰国しましたが、しかしその後、この問題が進展するような明るいニュースや実績は何一つありません。金正恩第一書記になってからは益々、党幹部や側近、仕舞いには腹違いの兄や義叔父まで殺害するという異常なまでの独裁ぶりです。

 

 このような国家権力を一人で握っている指導者の国が隣にあること、そして核弾頭ミサイルまで持っているであろうという現状は、イラクのフセインやカダフィー以上に脅威なのです。

 

 私たち一億二千万人の日本人は、今では完全に平和ボケして他人事だと思って毎日暮らしていますが、日本海側にある原子力発電所が北朝鮮のミサイル攻撃を受ければ日本列島は全滅、放射能で数千年この国全体が墓場の島になってしまいます。それはまるでSF映画が現実になる可能性があるという事なのです。

 

 今の日本は、そのような有事に備える法律もない極めて曖昧な、むしろ危険な国家体制の国になっています。明らかに他国が我が国を攻撃するために準備をしている事がわかっていても、先制攻撃をし被害を未然に抑止する事が出来ないのです。

 

 実際にミサイルが飛んできて多くの国民が犠牲にならなければ反撃出来ないなどという事は、世界の一般常識から見ても、とても考えられない事なのです。この現実が、「専守防衛」という事なのです。

 

 そして、あのような一党独裁の共産主義国家に、ブレーキを掛ける人がこのまま次々に粛清されれば、「暴徒国家」手の付けられない「狂気の国」になりかねません。いや、もう既になっていると見るべきかもしれません。

 

 安倍内閣は色々な面において、内政や外交など沢山の難問難題を抱え頑張っておられます。しかし相手が相手なだけに話し合ったとしても、またお金を出せ、石油をよこせ、食料を持って来いと脅しと要求だけの交渉になるだけだと思います。国連もあるにはありますが、金だけ取られて全くの役立たずです。

 外交は、やはり弱腰ではなく毅然とした態度で決して舐められず、「目には目」の外交能力が無いと交渉は進まないと思います。私達、国民ももっともっと真剣に考えませんか?

2017-02-19 21:02:08.0 新しい夜明けの時代を考えませんか

 我が国は建国2677年(皇紀)の歴史ある国であります。今から約150年前の慶応から明治と言う時代には国民の知性とエネルギーに溢れ、そして昭和20年から昭和60年代までの成長時代、資源は殆んど無い国でありながら、世界経済のトップを走り、物に恵まれ世界有数の長寿国家を作り上げ、内乱も無く、政治も国民の努力で世界一安定している国家であります。

 この国がここまで発展できた原因は、明治維新のあの大改革ではないでしょうか。藩と大名、武士制度を廃止したあの発想と行動力、そして頭脳。世界の歴史の中でこれ程までに大混乱や時間を掛けず、また、それ程までの血も流さず、廃藩置県の成功をやり遂げた日本人の優秀さを持っていたので、今日、その時代に決めた現在の政治体制、国家体制、また憲法や教育制度、地方自治法も150年或いは戦後71年間保ってきました。

 しかしながら、長い年月による制度疲労があちこちで表れ、このままでは国そのものが、成人病、老害で閉塞感から抜け出せず、地方は人口減少と高齢化の中で埋没していく様な感じがしてなりません。国民は平和と豊かさだけで満足し、家庭と言う一番大切な所でも、親が自分の子供の将来のための躾も出来ず、その結果として身も心もブヨブヨの肥満児にしてしまい、年頃になっても結婚もせず、個人の身勝手の自由を楽しみ、親の面倒も見ず、独身のまま、気が付けば高齢者になっています。

 もう一度、この国は原点に戻り、新しい道州制で日本列島改造をやり、公務員制度や教育、税制、福祉、産業、農業、通信、選挙制度など、あらゆる面で見直し改革を行わないといけない時代が来ていると思います。諸兄はどう感じますか。平成維新を仕掛ける侍、平成の壮士が、若い人の中から出て欲しいと思います。