えいじま義雄の蓮風便り

「蓮」の花と薫りのように清く「義」一筋に政治の道を貫きます

2017-07-31 15:02:12.0 <あの情けない防衛大臣の辞任の背景は何か?>

 

  暑くて危険な南スーダンへ日本の自衛隊が国民の税金を使い平和維持活動を行ってきました。ひとつ間違えば戦闘に巻き込まれる命懸けの毎日の隊員の皆様の日常活動の報告書を事もあろうに、防衛大臣のあの曖昧な答弁の情けない記者会見を見てこの国は本当に上も下も平和ボケで手の施し様も無い程情けない酷い国になっていると思います。

 

 多くの海外にPKOで派遣された自衛隊の皆様、それに今でも演習場や海、空で日本の安全の為に緊張感を持ってその職務に励んでおられる隊員の皆様には今回の一連の動きはどう映ったことでしょう?情け無くてやり切れない気持ちを持たれた隊員の方が大勢いらっしゃったのではないでしょうか。

 

 今回のあの情け無い防衛大臣を始め防衛省幹部の組織的な隠蔽行為は今迄防衛省関連の多くの不祥事の問題は国民の前に明らかになのは僅かでしたが、今回は防衛省の一番トップの大臣の曇った眼差し、張りの無い表情等一連の映像に写り出されての答弁は一国の国防の最高責任者の態度とスタイルではありません。心ある自衛隊員は覚めた気持ちになったと思います。明治、大正、昭和20年までの旧日本陸海軍の軍人の幹部や大将が生きてご覧になっていたら「日本国は本当に大丈夫なのか?」と思われることでしょう。

 

 近隣の軍事大国の関係者はこのような姿をどのように分析しているのでしょうか。ますます酷くなる我が国の弱体化と腰抜けぶりに手を叩き、反日感情を煽り軍事強攻の外交や野望であった日本侵略の行動に打って出るかもしれません。

 

 建国以来多民族に一度も侵略もされず、虐殺や奴隷のように扱われた事の無く、世界で一番古い歴史と伝統を持ち、太古より高い文明の中で栄えてきた日本国ですが、その誇りあるこの国には「軍隊」という言葉も使えず「国家元首」も憲法上では許されず、自主権を持つ独立国として教育の中にも将来を背負う若い人に対してこの国の憲法のいつまでも曖昧な安全保障や皇室、国家元首についての基本的な受け取り方を教えていないから、本物の政治家も官僚もジャーナリストも育たず、その結果国力が低下し愛国精神などにも国民の関心は益々薄くなり、冷めた目で虚ろに生きている人間が多くなろうとしています。 

 これにストップをかける為にも毅然とした憲法を作り、教育も今以上に日本の歴史に時間をかけ、日本人のとてつもなく高い文化、古代からの文明を学び、日本人に「誇り」を植え付ける時だと思うのですが如何でしょうか?

 

2017-07-28 22:57:19.0 『大事な国会議事堂周辺、一日も早く健全な姿に戻れ!』

 

 今の政治の行く末は、“今回の安倍内閣の支持率低下の責任が一体誰なのか?”というその一点にすべてが掛かっていると思います。

 原因があったから結果が表れているのに、いつもの通りお役所(官僚側)はのらりくらりとして真実は闇の中、言語明瞭ではあるが最後は意味不明のお役所言葉の羅列で追求する議員、記者会見の場を乗り切っているのが永田町の劇場型政治シナリオでしたが、こう言う安っぽい芝居型の国会審議と、それを追求するマスコミも只々面白おかしく国民の目線受けを狙ったワイドショー的な記事と報道では、本当の真実が隠され何のための国会での論議なのか?

 そして何の意味があり、その事が国益や国民のために良い方向に向けられたのかどうなのか? また、法律や規制に抵触していたなら、その役職に就いているトップは腹を切って責任を取るのが当たり前なのに、「厚顔無恥」の体質で同じ事が繰り返されている政治状況では、強い国家体制が確立出来ません。

 

 国の大事な安全保障問題や法律、外交、教育、福祉、国土保全、環境、経済の安定などやらなければならない事が山積みしている時なのに、野党は本当にやらなければならない事を議論せず、終始政局のみに目を向け、マスコミと一緒になって国民を馬鹿にした国会での大根役者ぶりをさらに極めています。本当の意味で国会議員としての職務を全うしなければ、この国は良い方向に進んで行かないと思います。

 

北朝鮮の核ミサイルの対応、中国政府の東シナ海、南西諸島の軍事基地化問題、海洋資源の乱開発、北方領土の解決、拉致問題、従軍慰安婦像の解決など安倍政権が国民のために真剣に命を掛けてやらなければならない事がある中で、少しも前に進まない国会議論、益々国民は政治の大切さや意識から離れていく事を、反日左翼勢力の集団は手を叩き喜び微笑んでいることでしょう。

 健全な体力は健全な精神から生まれます。政治の健全化を切に望む国民の一人です。

2017-07-23 17:05:54.0 <白鵬関を見て国民は何を感じますか?>

 

 白鵬の1047勝目の相撲を見て、前日の負けた相撲から想像も出来ない激しい気迫の籠った堂々の「前に、前に」出る基本通りの安定感の中に、一瞬の隙の無い厳しい攻める相撲内容でした。 

 私は子供の頃から相撲が大好きで相撲が毎日見られると言う事で、白鵬関と同じく横綱吉葉山が親方でした宮城野部屋で8年間を過ごした経験がありますが、とにかく「勝負に勝つ」その為に何をどう努力すれば良いのか、強い人間と弱い人間とではどこが違うのかを見て来た事がその後の人生の中で大変役に立っています。又本物でなければ本当の結果が出せないのだ、と言う事もわかりました。 

 勝負に勝たねばならないのはスポーツだけではありません。仕事も同じです。選挙も都市間競争も国対国の外交も、不正や地位利用の権力との闘争も勝負の世界です。勝負の世界は「神頼み」は通用しません。神様・仏様を信ずる心は良いでしょうが、それ以上に己の精神力と肉体を鍛え上げる稽古以外に何もありません。いくら横綱、大関でも気の弛み、又たるみ、慢心や倣慢になれば立ちどころに弱くなり、結果的に大病や大怪我で期待されながら結果を出せず消えていった力士を沢山見てきました。政治家もタレントも同じです。常に精神の霊性を高める為に率直な人間性が大事です。

 

 親の七光りも学歴も財産なども一切関係無く、毎日の暮らしの中にあっても神にも仏にも甘えず、「己に勝つ」この強い信念だけが本物の人間を育てるのだと思います。相撲を通して強い人間、本物の人間とは何かを感じて下さい。

 

 大鵬も白鵬も入門時は体重が僅か60k足らずのヒョロヒョロの痩せた一少年だったのです。その後の当人の努力、血の滲む汗と涙があの成績と地位を手にしたのです。そして礼儀正しく周りの人達に温かく優しい人柄です。そこの所が立派で本物なのです。

 

 本物は霊気があり輝くオーラがあります。「国宝山鳥毛」もそうだと思います。魂を込めて仕上げた刃師の銘刀を早く見たいですね。政治の世界に本物が少なくなって残念です。