えいじま義雄の蓮風便り

「蓮」の花と薫りのように清く「義」一筋に政治の道を貫きます

2017-11-25 15:14:38.0 <国宝山鳥毛取得断念の報告を聴き>

 

 突然なにが起きてもおかしくない信用の出来ない世の中である事に覚悟はしていましたが、又裏切られてしまい胸の内がムカついて気分の悪い日が続いています。

 

 昨年の夏頃、本当に明るく夢があり楽しみが込み上げてくるような朗報に市長が決断され、議会にも提案され、当然歴史認識や価値観の異なる人達のグループの反対もありましたが賛成多数でこの謙信公の遺品であります本物、国宝の名刀中の名刀が400年ぶりに生誕の地に帰ってくると言う、あまり明るい話題が無い上越市にとって久方振りの夢と希望のあるビッグニュースでした。 

 出来る限り税金での購入では無く広く全国の謙信公の人間性に共鳴する人達からの浄財で購入しようと、心ある市民が立ち上がり、市としても是非市民も賛同して欲しいと言う姿勢で、窓口は教育委員会博物館長が中心となって本格的に運動が展開されました。私も「義を見てせざるは勇無きなり」の言葉を思い出し、市民シンポジュームを昨年11月に高陽荘で230人の市民の皆様に集まっていただいての勉強会、本年4月には高田公園での街頭募金運動、6月ディオセレッソでの取得支援チャリティーパーティーで310名の皆様からお集まりいただき150万円を市に寄贈する、と言った運動を行ってまいりました。

 

しかしながら先日の野沢教育長による取得断念の記者会見、「協力して下さい。お願いします。」と頼む時だけ頼んでおいて何の経過報告も一度も無く、「断念します。寄贈してくれたお金は返します。」こんな非常識なやり方に不信の念を持つには私だけでは無いと思います。初めから文化庁や県の教育委員会仲介しており、所有者も謙信公の生誕の地に戻したいと言う、金銭では無い深い義の心の持ち主であると我々が信じていたのに私達受け入れ側の誠意が届かず、断る理由として金額を吊り上げ、こちら側から断わざるを得ないはめになったのだと思います。嫁にもらう側の県知事、市長、商工会議所の会頭、議会等が一度も所有者に頭を下げたり顔を出したりしない事に対しても、売りたくないと決断した理由があるかも知れません。 

 集まった浄財を返すのでは無くプラス思考の発想で、県立武道館前に謙信公の銅像や春日山周辺を春は桜、秋は紅葉のもみじを植樹して高田公園に匹敵するような観光客を引き寄せる環境整備をすると言った前向き思考の政策をして欲しいと私は12月議会で提案型の質問を行います。何れにしてもこの街は運を引き寄せるパワーが決定的に足りない街だと思いますが如何でしょうか?

 

 

 

2017-11-24 07:07:29.0 ♢ 日本相撲協会が日本の縮図のような気がします ♢

 私は子供の頃より相撲が三度の飯より好きで、栃若・大鵬・柏戸時代の昭和30年代に国技館の土俵上で仕事をし、相撲界の厳しい仕切たりの世界を見て来た経験から今でも上越市の相撲連盟の会長として子供達に相撲道を通して健全な心身をつくり、一人の人間として礼儀や気力の鍛錬の場として、学校以外の相撲教室で多くの子供達に日本の伝統である武道の一つ相撲を指導してきました。

 

 さて、最近の日本相撲協会全体の不祥事や、最高位の横綱と言う地位にいる力士のぶざまなあの弱さ、体調が悪ければ完全に治してから土俵に上がるべきです。 又、もう気力が無くなれば引退するか廃業し、次なる世界で生きる道を選択するべきです、横綱と言う地位は他の力士と違い格別なる名誉と責任のある地位です、その地位を汚してしまったら相撲界の為にも自ら決断をしてもらいたいです。

 

 今日、相撲協会全体が日本の縮図です、リーダー不足、指導者の力量不足です、楽をして厳しい稽古もせず大学相撲から幕下付け出し、一・二年で幕ノ内、三役、いつの間にケガと病気で引退か、ちゃんこ鍋屋のおやじ、これでは国技相撲は、近々ファンから見捨てられると思います。

 

 協会に横綱審議会と言う相撲のご意見番の人達がいても何の役にも立っていません、又、昔はこわい相撲評論家が新聞社の名キャスターとして何人かおられ、相撲が好きなゆえに厳しい記事で、力士や教会の親方衆もピリピリ緊張していた時代もありましたが、そう言う人もいなくなったのですべて世の中がしまりがなく、失敗しても一流企業の様に誠に申し訳ありませんでしたと頭をペコリと下げて終わりの時代です。

 

 こんなすべてに桶のたがの緩んだ日本、先が心配ですが私だけでしょうか・・・!     では又、

2017-11-21 06:44:03.0 『世界情勢を考えての選挙戦でした。国民の衆知していた!』

 政治情勢が乱れると必ずと言っていい程、世情も釣られて乱れます。銃乱射事件、テロ、自然災害などの悲劇が次々に起こり、大勢の罪も無い国民、市民の命が奪われる惨状が世界の隅々まで報道されております。

 

 新しいアメリカ大統領が誕生してから一番大事な、そう日本で言えば首相の側近、官房・内閣府の人事が一枚岩ではなく、今でも重要なポジションが空白だったり、また一年もしないのに重要閣僚がトランプ大統領と合わず辞任したり、更迭されたりしています。また大統領を支える執行部の人事がその長女や娘婿だったりと、その人材不足が顕になりあれだけの大国の国内政治状況の混乱を内外に報道されているということは、アメリカの国家元首である大統領の政治力が低下していることを示しているのでしょう。現に歴代の大統領の中でも支持率は最低になっています。

 

 またロシア疑惑問題でアメリカの司法当局まで調査に動き出している状況の中、日本を始め東南アジア諸国訪問のニュースを見ていて、少なくとも極東アジア地域の北朝鮮問題について、アメリカも自国の安全保障に絡む事もあり、積極的にこの問題を解決しようとトップ外交を行っている事は、日本にとっても大変ありがたい事であります。したがって、我が国にとってもアメリカ国内の政治状況が少しでも早く安定してもらいたいと思うばかりです。

 

 トランプ大統領の今回の初訪日で、同盟国として安倍総理は、相当の覚悟を持って対談されたと思います。しかし、そんな重大な責任をしっかりと果たしている安倍政権の下での今回の衆議院選挙においても、その自民党を引きずり降ろすために子供騙しの相変わらずの大衆ウケを狙った宣伝や謀略、演説やビラ配布が大々的に行われ、その結果この旧上越市においては大敗を期してしまいました。このことは非常に残念であり実に情けない事だと思います。

 

 しかし全国においては、見事に「衆知」であり大衆は知識・知恵があり、安倍内閣を継続させ国の政治の安定を望みました。

 「今だに左翼思想主義者のマインドコントロールから目覚めない善良な市民の皆様!」

 世界の流れの中で北朝鮮、中国、ロシアとの外交を考えれば、観念論や口先だけの平和主義でこの国は決して守れないのです!

 日本国民はもっと真実の情報と世界の情勢に関心を持ちましょう。ただし、テレビや新聞のニュースばかりを観て鵜呑みにする事は「真実」を曇らせてしまうと言う事をお忘れなく!