えいじま義雄の蓮風便り

「蓮」の花と薫りのように清く「義」一筋に政治の道を貫きます

2018-01-31 14:21:15.0 <新装オープンのイベントに国宝「山鳥毛」の展示を>

 

 現在の新潟県上越市から新潟県庁に行くのには電車、バス、車で行くとすると約2時間近く掛かります。富山、長野の各県庁に行くとすると新幹線を利用すれば1時間以内です。かつて越後の国と言われた時代、上杉謙信公や松平忠輝公から榊原家が高田のお城で政治を統治していた時代はこの上越地方が越後の国の中心で広く県内は元より、謙信公は関東管領ですから太平洋側にまで政治力を発揮し春日山城下は京都に次ぐ人口6万人もの大きな活気あった所でした。いかに謙信公と言う方は戦いも強く経済対策も万全で人心を統治する能力や資質、才能に長けた天才的なリーダーであったかと思います。

 

 その謙信公の魂が乗り移っている武士の守り刃、国宝「山鳥毛」が謙信公ファンや多くの市民の願いも叶わず、生誕の地に450年振りに帰ることに期待をしたのに残念ながら無常にも上越市に戻って来ることは出来ませんでした。そこで購入が無理なら高田公園の中に歴史博物館と名称を変えてリニューアルオープンする時に岡山県立博物館に展示されている「山鳥毛」をお借りして、上杉家に代々伝わる三十五腰の名刃展の中に国宝中の国宝である名刃「山鳥毛」を展示して欲しいと近く市長の所に市民有志と共に陳情に伺うつもりです。謙信公の霊も450年振りの里帰りをきっとお喜びになられると思うのです。

 

 今や若い人達も外国の方々も日本刃の本物の真髄、人間の手で作る数多(あまた)ある物の中での最高の迫力、力強さ、オーラは他の物の追随を許さず、至高の美術品であり神をも感じさせる輝きがあり、一目見たいと思う人を必ず引き付けます。

 

 上越市はイベント以外はあまり情報発信が無く、今だに全国的に上越市と言う名称は知られていないマイナーな街です。この「山鳥毛」と「謙信公」こそ上越市に「つき」と「運」を呼び込んでくれる宝物です。何か静かでおとなしい街ですが市民が燃え上がる夢の企画を上越市が総力を挙げて成功させたいと私は思っています。この実現の為の資金に、「山鳥毛」購入の為に集めさせていただきました浄財を使わせていただく事も提案いたします。又、「山鳥毛」購入は諦めず5年先10年先を見据え謙信公ゆかりの地として目標を持ち続ける気持ちを継続してくれる事を後世の人の託しましょう。

 

2018-01-28 21:56:20.0 国会議員は本当に天下国家と未来の事で論争してほしい

 人間の臓器は、非常に複雑で今日でも解明出来ない部分があります。政治の世界も、これ又、人間の臓器の様に複雑で怪奇な動きをするものです。色々なものがありますが、良いもの程、シンプルで分かり易く、多くの人に理解され、時間が経っても根強い支持者やファンがいます。

 政治は難しいから政治学があり、大学でも政治を専門に学ぶ人、教える教授がいます。マスコミも中心となる花形は政治部です。しかし、我々一般庶民、有権者は、そんなに複雑怪奇な政党情報もなく、新聞、テレビの情報で政治を知る位です。

 中国や北朝鮮は、共産党の一党独裁で、マスコミも党の傘下、言論の自由や報道の自由、政府や党の批判、反対意見も言えない体制です。過去の旧ソ連やその周辺の東欧諸国もそうでしたが、今は民主化されており、それぞれの国で国民一人一人が投票権を持ち、政治に参加しています。

 日本も明治に入ってから国会が出来て、国民が主役の政治体制となり、今では世界でもトップクラスの民主国家となりました。与党と野党に分かれて、どちらに投票するか、イデオロギー、政策、公約を材料に判断しますが、国民が今一番良く分からないのが、野党政党の中身の実態です。昨秋の選挙もそうでしたが、最大野党の民進党が分裂したり、東京が中心の希望の党、大阪で生まれた日本維新の会、自由民主党幹事長経験者の小沢氏の自由党、その他に国民の声、沖縄の風、そして立憲民主党、日本共産党、社民党、市民連合など、その野党の党の一番の要、綱領が我々有権者は何も分かりません。

 シンプルで分かり易くなければ、良い物は生まれません。力も発揮できません。自由民主党と公明党の連立政権対、オール野党なら一度も分裂もせず党名も変えないで政治活動を行っている日本共産党に与して、新しい党名で新党を一つにして、日本の二大政党で国民に信を問う方が良いと思います。少数の国会派閥や政党政治の国会では、無所属では何も出来ないと思います。地方自治は政党政治ではないので、実力があれば市当局に一人でも政治力を発揮できますが、国会や県議会は一人では絶対に無理です。

 野党は政治家としては楽です。自由民主党(時の政権)を批判し、反対のための反対論をまことしやかに、出来もしない理想論、絵に描いた餅の政策ビラを餌にポピュリズム、大衆受けの良い演説やビラを蒔き、政権批判さえ上手ければ政治家をやれるのですから、そう言う集団を作り、その指導者であれば、それでいいし、それで食べられるのです。

 しかし、本当の政治家なら、国民の為に天下国家の議論をして下さい。政権与党のあら探しと悪口三昧で生業を立てているのは如何なものでしょうか。

2018-01-24 17:03:58.0 <国民、市民の政治レベルが繁栄と生命を守る!>

 

 責任政党自由民主党安倍晋三総裁は昨年10月国民に信を問いました。戦後最もこの国の安全保障環境に対しての脅威はあの北朝鮮による核実験や弾道ミサイルの発射であります。政治は国民の生命と財産を守ると言う重大な責任があります今あの北朝鮮の指導者や幹部の政策を変えさせる為国際社会が圧力を最大限に高めようと国連で決議をし、安倍総理も外交手腕を発揮して懸命に努力されております。 

 歴代内閣の中でも一番重要問題を抱えた中で安倍総理の発想、行動力に対して国民は高く評価して良いと思います。又与党内も結束して安倍内閣を支え協力して内紛、分裂も無くこの国家の危機的国難に対し打開に向け頑張っています。 

 世界の国々の政治を見ると中国、ロシア以外の自由主義国家の首相、大統領は常に政府内の内紛で政治が安定していません。その点、今現在の我が国は国民のレベルが高く、正しい審判で国民も政府に協力していると思います。これはある面では日本は他国と地続きで無く、難民が押し寄せてこないといった島国の良いところかもしれません。ヨーロッパや中東、アジアの中でも宗教、民族、部族の対立による紛争で何千年と続いている悲劇が無い日本は大変ありがたい国だと思えます。 

 しかしもう一つの国難は人口減少です。日本全国、特に中山間地域の過疎は殆どが20年後には消滅してしまう自治体が出てしまうぐらいに深刻です。今でも観光地は外国人が来てくれなければ成り立たない位な時代となっております。サービス業や介護を求められる施設等所謂労働集約型の業種は外国人労働者がいなければ運営が出来ない状況です。多くの外国の方が従事すれば残念ながら色々な面で新たなる難題が又起きてしまうのが目の前です。 

 政治がやる事、政治家を育てる事、政治に関心を持つ事、私はこれらの事に対して地方こそ今まで以上に精神を集中すべき時が来ていると思います。政治への嫌悪感、無関心、非協力な姿勢は必ず悲劇、衰退、混乱、不幸が起こるのです。もうその姿が現れつつあります。考えましょう!一緒に話をしましょう! 

            それでは又。