えいじま義雄の蓮風便り

「蓮」の花と薫りのように清く「義」一筋に政治の道を貫きます

2018/01/21 18:17 上越市の観光政策を考えてみませんか。

 上越市の場所、位置は日本海側では最高の場所です。北陸新幹線が福井県敦賀市から京都、大阪に伸びますが、関西、中京、関東との距離が近くなり、観光面でもまた一段と人口の多い背後地に近い上越地域は好条件の一の所です。また、なんと言っても、自然が育む食材の宝庫と四季の移り変わりの味わい、そして日本人の大好きな温泉と歴史物語の遺産も数多く残り、観光面での素材は沢山ある地域です。そして上越市から佐渡、長野、群馬方面に行くルートの拠点でもあり、広域的にも有利な所です。将来的には田中角栄先生の発想であった北陸新幹線を上越から新潟へ、そして山形、秋田、青森までの日本海側の新幹線を完成する政治課題を推し進めなければなりません。

 私は、観光政策を議会から見て来たり、行政の観光を取り仕切る人達に議会の度ごとに色々提言を申し上げて来ましたが、責任者の部課長もくるくる変わるために一向に前進したとは思えません。彼らは観光政策の事務方的仕事だけをやり、観光そのものを実行するのは民間企業であり、その観光協会が汗と知恵を出すべきだと言う考えです。また、商工会議所の下部組織、上越観光コンベンション協会の事務局の幹部は、市役所職員の天下りの人達ですので、観光に対するアイデア、人脈は市外まではそんなに無いと思います。上越市は、観光政策のプロとなる人材集団を育ててもいませんので、これだけ色々な物の素材がありながら、生かし切っていないのです。

 イベントの時だけは盛り上がっていますが、通年的に高田公園や春日山、林泉寺、居多神社、国分寺、直江津・高田の朝市、本町、寺町、仲町に観光客が普段大勢歩いている姿は殆んど見られません。金沢、小布施、善光寺などは、通年的に人が集まる強さが蓄積されています。やはり行政と一般市民との強い結び付き、信頼関係、普段のコミュニケーションがなければ、一時的なイベントだけの盛り上がりでおしまいです。

 直江津の水族館、高田公園の歴史博物館、本町3丁目の旧第四銀行、民間経営で日本一古い映画館である本町6丁目の世界館、高田小町、今井染物店、雁木の風情、儀明川、青田川の景観、浄興寺を中心とした2キロに亘る寺院群、百年料亭の夜の仲町、400年を超す雁木の城下町、この風情、情緒は他に無い日本の古き良さが残った所です。必ず訪れてみたい所なのです。自分達で自分達の街の良さをもっと知り、自信を持つ事が大切です。

2018/01/19 05:16 ♢ 近隣諸国は本当に交友国として信用出来るのか・・! ♢

 

 我々は近隣諸国と末永く、友好的な付き合いを希望していますが、せっかく日中友好改善の話し合いを行をうとする矢先に、中国海軍の艦艇と潜水艦が尖閣諸島周辺の接続水域を航行したと政府が発表致しました。 このニュースを見て感じる事は、絶対に我々日本が考えている事と、中国・ロシア・北朝鮮・韓国そしてアメリカでさえも外国の考えは、真から信用は出来ません。 我々日本人は人が良く情が深く約束事は守り、礼儀をわきまえ、どこの国とも争わず穏やかな「和」の精神を大切にして来た世界屈指の国で有りますが、我々のこの精神性を理解せず近隣諸国はならず者国家、非常識が当たり前の様なふるまえで我が物顔で武装して日本周辺に進出し挑発しています。

 

 これらの非常諸国は国際法など全く気にせず、やり得と思う発想ですから弱みを見せれば立ちどころに、尖閣諸島 ・沖縄諸島まで中国の国有地域であると主張しているのです。

 

   逆に日本政府が抗議するのはおかしいと言う、中国政府が文句をを付けているのです。 全く質の悪い考え方の国民性ですので、純情で忘れぽくて淡明で悪質な事が出来ない日本の官僚や政府の要人はこの先が心配です、特に戦後の政治はアメリカ兵に守ってもらい、アメリカの政府の言う事に逆らわず、ハイハイと言う事だけ聞いてきた国政でしたから野武士の様なリーダーが出ないので、近隣にしっかりなめられてしまい北朝鮮軍人に踏み荒らされ、日本人が拉致される国になり下がっても何もせず、指を食えて見てる腑抜け国家になっているのです。

 

 この事はあの戦勝国アメリカの国策通り、腑抜けの国にすると言う73年間の監視通りに、国民の大和魂も愛国心も無く、自国を自分達で守ろうとする事は悪い事だと言う考えが定着し、お金を貯めることと自分さえ楽しければそれで良いと言う国に成っていることを、離国諸国は知って日本をなめ切っているのです。

 

   私は昭和・平成と続き次の新時代は、明治維新時代を築いた時の様にもう一度、自分の国の誇りを旗印に国民の心が一つになれる目標を持ち、力強い精神力のある国民を造る教育で人口増の国造る時が来ていると思います。                                                                                          心の通じあえる人が少ない国と地方にしてはならないのです。                                                           

 

2018/01/18 16:43 <今の日本相撲協会は日本の縮図です!>

 

 まるで平幕力士の相撲内容の稀勢の里、横綱と言う地位を汚すようなあの精神状態と体力では師匠は引退せよと言うべきである。全国の相撲ファンに対しても、又伝統を誇りにして来た国技である相撲の名誉を守る為なら、横綱らしい内容の勝負が出来ないなら引退すべきだと本気で声を大にして強く言いたいと思います。恐らく横綱と言う地位の重圧に負け、精神的ストレスに加え糖尿病で血糖値が高く身体も気持ちもバラバラで下半身に力が入らず自分の体重を思った通りにコントロール出来ない状況では、一瞬が勝負のプロの相撲の世界ではもう相撲を取れる状況には無いと思います。

 

 相撲は孤独な個人競技です。「調子が悪いからちょっとベンチで調整」といった甘い世界では無く本当に過酷で激烈な世界です。年365日一日として気の休まる日は無く、特に横綱と言う肩書、地位は厳しく本場所中は熟睡出来ない夜が15日間も連続で続きます。このストレスはお相撲さんの命を縮め、大鵬も柏戸も北の湖も千代の富士も惜しいかな50代から60代の若さで他界しています。それ程身心を酷使して鍛えに鍛えその番付の地位を守る厳しさは、お酒を飲んで桟敷で見物している一般のお客様やテレビの前の人達にはわからないと思いますが、十両に上がるだけでも大変な努力、気力が無いと土俵には上がることの出来ない人達なのです。

 

 政治の世界や芸能界も似ています。オリンピックのアスリートも同じですが勝つか負けるか、相撲は毎日白星か黒星かです。その為に厳しい稽古があり精神力と体力が鍛えられるのですが、結局稀勢の里は精神の鍛え方が足りなかったのだと思います。

 

 今の日本人はモノやお金に関しては豊かになって平和を謳歌していますが精神面では昔の時代より数十倍も弱体化しています。私はこのブログを通じて今迄何回か訴えてきましたが日本相撲協会の姿が今の日本の縮図です。力強いリーダーの不在、師匠や親方の質の低下、入門する若い力士達の精神力、体力、気力の弱体化です。

 

 箍(たが)の弛んだ姿を感じてなりません。