えいじま義雄の蓮風便り

「蓮」の花と薫りのように清く「義」一筋に政治の道を貫きます

2018-03-25 08:23:17.0 ♢ 坂の上に「雲」があるのでしょうか・・!♢

 

 間もなく「平成」も終わります、そして明治維新の大改革から150年です。 高田平野に蒸気機関車が走るレールを引き、関川に発電所をつくり、大型工場を誘致し石油やガス井戸を掘り、電信や電話を利用し情報化時代を予測し、この高田の街に新聞社を発足したり、国民参化の政治の自由民権運動や頸城自由党などの政治結社を立ち上げました。 

 

 新しい農機具の生産・スキーの製造と軍隊の誘致。当時としては斬新なワインの製造など、この頸城地方の人達は誠に新時代に積極的に力強く向き合い取り組む努力を行い、特に教育者を育てる師範学校や公立.私学の学校レベルを加速させ、様々な世界で活躍する人材を世に送り出しました、あの頃はまさに坂の上には「雲」がありました、1889年.町村制施行により高田町が発足し、1908年.頸城郡高城村と合併し高田町を新設、1911年.高田町から市制施行し高田市となり中頸城郡から離脱し、大正.昭和と高田と直江津の商工業は明治のいぶきが残像として残り元気がありました。 

 

 さて「平成」と言われて30年この間、明治.大正.昭和のあの坂の「雲」はどこかに消えてなくなりました、すべてがマンネリ化で何かに挑戦していたハングリー精神が逞しい、バイタリティーがあったあのエネルギーが感じられません、国も地方も人材です。  教育は江戸時代の藩校や私学の寺小屋が、全国各藩で武士や平民まで学問を大切にして来た事が維新の成功につながりました。 戦後の世界が称賛した復興も日本人の頭脳と精神力、「心」が一つに結束すると言う学問を実践したからで有ります。学問こそ最後は行動です、昔の人は現代人以上に強く、優秀で素直で情もありましたから欧米人に負けない国を維持してきました。

 

 さて、この国と、この上越のまちの上にどんな「雲」を描く人物を産み育てるか、我々の大事な仕事です。       それでは又、

2018-03-21 13:31:16.0 <日本はこのままで良いと思いますか?>

 

 ゆるぎない大国に成長している中国政府の全国人民代表大会(全人代、日本の国会にあたる)が終わりました。昨秋の中国共産党での習近平総書記(国家主席)の2期目で多くの実権を握り16億人もの世界最高の人民を掌握し、軍も警察もマスコミも経済も教育も外交もありとあらゆる事が出来る、しかも一党独裁で国民や政治的内部からは批判が出来ないシステムで国を統一化してとにかく団結、結束して全てを発展させていこうとしています。中国の歴史の偉大さや科学技術の面でも最高のモノを発明、発見してきた国であると自画自賛している中国はアメリカに肩を並べる位の国になって今世紀中には必ず強国、大国に成る為に16億人はバラバラでは無く政府を信頼して何事も政府の指導通りに行っていきましょうと演説しています。 

 一方で日本の政治はと言うと残念ながら長い間国民が支えて来た保守政治が再び信頼を失いかけています。それは皆様ご承知の通りいち学園の森友問題で安倍政権の不徳により政権与党の中でさえ守り切れない、といった声も上がり批判が出ています。野党は安倍内閣を打倒し憲法を改正させず日本をもっと弱体化させ中国やロシア、北朝鮮を喜ばせる体制にする為に安倍、麻生の退陣に向け全国規模で反自民の運動を組織をあげ展開を始めています。反自民、反保守はマスコミと国や地方公務員などの労働組合の数の力は最近の上越市の選挙でも分る通り左翼、野党が多いと言う危険な状態で、我が故郷上越は大きな壁に突き当たっているような感じが致します。

 

 今現政権の中で国内が混乱し政治がまた揺れ動き外交や国の安全保障問題、経済の回復、人口減少の歯止め、憲法改正など国の一番大切な政治的問題解決のリーダーは野党ではたして出来るのでしょうか?数年前の時に当時の民主党が政権を取った時のあの暗く夢が消え、混乱と不安の時代に戻りたいのでしょうか?バラバラで好き勝手で人の足ばかり引っ張りリーダー不在な日本で良いのでしょうか?16億人が結束する国の近くで高齢化と覇気を失った日本!現状で良いのでしょうか?

 

2018-03-18 09:07:08.0 ♢ 近頃の日本の異常さ、どう感じますか・・! ♢

 少し前より最近つくづく感じるのは、テレビの番組が面白く楽しい、見て良かった又続きが見たいと思う番組が少なくなっているような感じがするので、周りの友達に聞いてみても私と同意見と言う人ばかりでした。 

 

 テレビの良いのはスポーツ中継とニュースと天気予報や選挙の開票実況が一番関心がわきますが、その他はどの局も同じような顔ぶれのタレントが、自分達だけが楽しんで物を食べて温泉につかり、田舎廻りをしている番組やクイズ番組、コメンテーターと言う少し変わったタイプの大学の教授、政治評論家・元官僚・元政治家、その中で時々ムー!!とするのが、朝から男性が化粧をし女装して女性言葉で話をしている、新宿のオカマバーにいるような感じの美しくもない奇妙で奇怪な人物を、出演させている最近のテレビ局のディレクターの精神的感覚に理解が出来ないのです。

 

 不快感を感じるのは真実を伝えず、ぼやかして面白おかしく視聴率を上げる為の番組を作るテレビ局、この状態がまさに、異常が正常な行動と捉えている現代社会、それも一言で「時代ですよ」と言う事で片付けているから、可愛い自分の子供を虐待して殺す親、又、親を殺す子供が増えたり、一流企業までも品位の無い法律無視の事件や、聖職者が権力をかさにして弱い物をいじめている社会になり、子供達まで自殺、不登校・いじめ・ひきこもりの社会になっています。

 

 もう一度「時代の流れと」一言で片づけず、正常な常識がまかり通る国と地方にしなければいけないと思うのですが、如何でしょうか・・! 

             それでは・・!