えいじま義雄の蓮風便り

「蓮」の花と薫りのように清く「義」一筋に政治の道を貫きます

2018-07-18 07:59:09.0 ♢ 自然災害は人災だ! 高齢化の中その対策は・・? ♢

 自然災害は戦争と同じだと思うこの近代社会、文明国だと言いながら山崩れ・洪水・津波。地震・豪雪・大火災・強風この異常発生の今日、特に地震学会が予測している首都圏直下型地震、東海・阪神・南海大震災、日本の人口集中地域の災害予測に対しての対応は今回の西日本豪雨被害を見る限り、日本政府の防災に対する対応はまるでおそまつの一言である。 国土庁より防災省を設置し防災のすべてを総括する自衛隊・警察・消防・道路・河川・森林・福祉・自治省まで従割り行政より横一線の防災大臣を置き、災害見直し点検を10年計画で北海道から九州・沖縄まで行うべきである。

 

 上越市も保倉川改修20年間手がついていない、関川は絶対安全では無い、中小河川の整備危険地域は沢山ありますそして地すべり地域の住宅開発はこれも簡単に許可すべきでないし、災害は忘れないうちに来る時代に来ています、そして国や県のやることに反対するのはこれも如何なものなのか・・? 自分さえ良ければいいのか、結局政治は反対があれば何も出来ない弱さもあるのです、廃棄物最終処理場も同じ事です災害のあのゴミ処理場どうしますか!特に焼却灰・・・・!

2018-07-15 17:23:58.0 古い物の否定が、日本社会の混乱を引き起こす

 人間として生まれてきた以上、目的や理想、ロマンを求めるものと思いますが、何も感じず、漠然と夢遊病者の様に生きている人間も多く、現代人は顔と心が無表情で機械的な人間が増えています。情報過多で高学歴社会、競争社会、生き残り社会、ただ自分の事だけ、社会や特に周辺の人と人との触れ合いを好まず、孤独で独立している現代社会は、決して良い社会、幸せな社会、自慢出来る誇りある日本ではありません。また地方でもありません。

 政治やマスコミが国民に与える影響が大です。それに加えて、家庭、地域、学校の教育です。長い年月をかけて日本が培ってきた良質で価値のあった人間形成の教育指導の中味が、戦後、指導的人間の不在、混乱、歴史教育や道徳観の考え方の違いに気が付かず、悪い方悪い方へと進んでいる感じがするのです。早く病巣を切り取らないと全身に癌が広がってしまいます。

 150年前、この国は明治維新と言う大手術を行った優秀な民族です。先人達の教育や考え方、習慣、生活態度、制度を否定せず、西洋人には考えられない日本の伝統、レベルの高い心を大切に、もう一度取り入れる時だと思います。

 良い物に、古いとか新しいと言う事はないと思いますが、如何でしょうか。国には「忠」、親には「孝行」の何が悪いのでしょうか。国を愛し、家族や友達を大切にする教育勅語、今の日本に必要で、大切なものであると思います。

2018-07-12 17:38:15.0 <異常に悪くなって行く日本、この状況を考えませんか。NO1>

 

 此の所、心が折れ身体の血が凍るような事件が続発しています。人間に恐ろしい悪魔が乗り移り、平気で残酷極まりない殺人事件が起きています。遠くふる里香川県から東京の目黒区のアパートに連れてこられ、義父や母親に虐待と食べ物も与えられず、僅か5才で可愛い船戸結愛ちゃんが親に殺されました。又新潟市では自分の車で小学校2年生の女子児童を跳ね、首を絞めて殺害し死体を電車事故に見せかけるため線路上に置くと言う異常で冷酷な事件や富山市では警察官への拳銃強奪事件で警察官と民間人の2名が殺されました。この犯人も21才の元自衛官です。

 

 ゲームのロボットや動画の主人公のように人間の血や痛みを持たない若い人が拡大しているこの事実、この異常な人間を育ててきた社会環境と家庭関係から問題が身近にも起きる事があると思うと、この国や地方も大変不安な市民生活になって来ていると危惧しています。

 

 こんな時代だからこそ我々は自分以外の人間を思いやる心の祖、戦った相手の民に塩を送った、武将であり宗教家、政治家だった上杉謙信公の考え方、リーダーとしての器量、哲学を学ぶ必要があります。又、世の中を良く正しくしようとしている個人、団体、会などに参加し勉強会のサポーターになって健全な上越市を見守りませんか?