えいじま義雄の蓮風便り

「蓮」の花と薫りのように清く「義」一筋に政治の道を貫きます

2018-07-12 06:15:12.0 異常人間を少なくするには、やはり力強いリーダーの出現です

 原因があるから結果がある。「因果応報」です。日本に悪い、非人間的で残酷な人間が増えて来たのは、やはり昭和20年8月15日以後からです。

 日本が築いて来た教育内容、生活習慣、日本独自の秩序、決まり事、行事、伝統の文化、歴史観、国家観などによって国が一つの目標を持って国民がまとまる。結束が家の中、町内、まちの地域全体にもありました。それと人と人との間に「情」思いやりの心が沢山ありました。これがこの国の誇るべき遺産でした。

 しかし、そのやり方や方法が悪いと言う人が出て来て、そう言う人達が一部で国民を扇動して、日本の良い物を否定したところから、「物」と「お金」は持ったものの頭と精神の堕落の変化が始まり、良い事を進んで行うと言う事や、大切なものは内面にあると言う心を置き忘れ、他人の事、市や地域の事は俺には関係ない、自分さえ良ければいいと言う人間のあふれる国にしたのです。

 もう一度伝統、歴史から日本の全てを見直す力強い政治的力を国民一人一人が持たないと、道徳や秩序を守ると言う常識の無い恐ろしい人間が拡充する国になって行くと思います。行き過ぎた利己主義、自分の家族を守ろうとしない無責任と甘えの考えの人間を造る教育方針の欠如です。

2018-07-10 16:34:50.0 <戦争は外国と戦うだけではない>

 

 銃声や爆弾の炸裂が無く平和ボケで日本は良い国であると思っているとしたらそれは大問題の考えです。日本は今時点でも戦争をしている国なのです。相手、敵は自然災害と言う人間より遥かに力のある魔物との戦いです。我々の住む高田地域は人間の住む所としては世界一の豪雪地域で過去より長い間雪との戦いを行って来ましたし多くの人命も失ってきました。今回の西日本一帯の大雨による水と地滑りによる大惨事はまさに戦場です。そんな中今回も多くの自衛隊の方々が救助支援に出動されています。自衛隊の皆様を憲法違反と叫んでいる左翼の政党とその支援者は、自らの命を顧みる事無く懸命に救助支援活動に当たられている自衛隊の方々の姿を見ても又同じ事を言えるのでしょうか。人命救助も災害支援も日本にとっては非常に重要な「国防」です。日本は災害大国です。こう言う時の事を考えれば自衛隊は日本には無くてはならない必要な集団です。

 

 又、左翼の方々は公共事業を深く考えずただ単純に「けしからん」のひとことで片付けてしまい、コンクリートより人を大切にしろと言ってきました。しかし今回もそのコンクリートを大切にしてこなかった為に数多くの本当に大切な人命が失われてしまったのです。自民党は土建屋政治だとわけも分らず批判していた当時の政権与党、民主党政権時の3年3ケ月はまさに政権政党としての力量の無さ、当事者能力の無さを露呈していました。単に当時のブーム(風)に乗り女性タレント上がりの素人達が幅をきかせ結局はこの日本の為には何もやってこなかった事は国民は見抜いています。

 

 国民の生命と財産を自然災害から守るのも政治の大きな役割で国防の一つです。政治には危機管理が一番大切なのに自民党批判だけで飯を食べバッヂを付けている政治家さん方に申し上げたい、平和ボケせず最少減度にする防備対策工事、日本列島災害デパートの国を守るのが政治の役割りである事をもっと認識すべきではないかと思います。もっとこの国の事を知りイデオロギー論争では無く何をやらなければならないかを考えるべきではないでしょうか。国民もしっかりとした本物の考えを持つ事が必要です。勉強致しましょう。

 

2018-07-08 17:26:57.0 ♢ 生き様を振り返れば ♢

 私事で恐縮ですが716日、78回目の誕生日が来ます。 昭和15年生まれですから大東亜戦争と戦後の激動期を過ごしてきました。又、子供の頃から好きで憧れていた全国を巡業で回れる相撲業界で、8年程宮城野部屋にお世話になり、当時は今以上に封建的で上下関係の厳しい修行を体験し、全国を見て回ったのでアメリカとヨーロッパをこの目で見たいと言う夢を諦め切れず、若さと行動力で熱い野望と野心で時には命がけで放浪のの旅を続け、その後、母親の病気の介護で帰国、故郷に帰り商売と政治と選挙に(人物をつくる為)に没頭し、51歳で自分も市議会議員となり今日まで激しく生きて来ました。

 

 10代の頃から一回ポッキリの人生、お金の欲や地位、肩書の欲も無く只、心に浮かぶ浪漫があればそれでいい、365日、124時間、心の緩みと慢心が最大の敵と言い聞かせ、一日一日自分に自分を裏切らずに生きて来ました。

 

 子供の頃の私達の時代の国民は、皆んな強い正義感を教育されていた関係から、今でも世の中の不情理やこの国の歴史や伝統の不適切な考え方や口先のまやかしの平和主義者や日本の弱体化と売国的な考え方に対する険悪感と闘う信念を持ち続け、日本人の矜恃(きょうじ=自分の能力を信じていだく誇り)を持続したいと思います。

 

 我が人生、一生「信念を貫いて」行くのが自分の道だと思います。                                                                  では又、