えいじま義雄の蓮風便り

「蓮」の花と薫りのように清く「義」一筋に政治の道を貫きます

2018-09-30 21:17:13.0 自然災害多発国、国民全体が本気で考え行動の時

 大雨の被害が日本列島を襲っています。本年も西日本で大勢の方々が死亡しています。上越市も長い歴史の中で、関川や保倉川、矢代川、正善寺川、戸野目川などが決壊し、住宅や工場、農業耕作地の水没被害を何度も経験して来ました。

 最近の地球温暖化による異常気象は世界中で起きていますから、上越地域が例外であると言う事は決してありません。幸いにもここ数年間は市街地が水没する被害はありませんが、やはり保倉川の危険度が一番高く、流域には住宅や工場が沢山あります。工業地帯でもあるので、自動車やコンピュータ付の機械などが集中している地帯です。再び水害が起きれば、上越市からの工場の撤退もあり得ますし、新規の工場誘致も難しくなると思います。

 保倉川の改修工事は、全国的な限られた国の予算で行われる改修工事です。改修工事に係る地域にお住いの方々が反対看板を立てておられるお気持は十分に分かります。過去の関川改修工事の時も随分反対の声がありましたが、住民の皆様の協力のお陰で、今は関川流域の何百、何千世帯の市民や商工農業者の方々の不安が、以前より解消されました。全町内会がバラバラになった町内会もありました。しかし本当にその地域の皆様のご協力が無ければ行政は何も出来ません。

 政治や行政が何もしないと言う声も聴きますが、公共工事は全て住民の声を優先します。昨今の日本は、「公」より「個人」を重視するのが当たり前の国になっています。災害列島のこの島国、国民の生命財産を守る責任が政治や行政にありますが、個人優先の今日、矛盾を抱えているのではないでしょうか。

 高田から雁木がどんどん消えて行っていますが、雁木は個人の所有物です。行政に強制権が無いので、所有者の意志を尊重すると、雁木が減り続け、益々住みにくい社会になって行くのではないかと危惧します。

 最後になりますが、安全や安心、住みやすいか、住みにくいかを決定するのは、そこに住む市民の考え、心で決まるのです。

2018-09-26 16:23:02.0 <貴乃花親方の一連の動きで感じる事。>

 貴乃花親方は相撲社会ではサラブレッドであり名門の出身で兄弟で平成の相撲人気を盛り上げた横綱でありました。その事は立派な功績であると認めます。又親方としても部屋を運営し弟子を育てて来ています。現役から、そして引退後親方としても相撲協会の一員としての身分でありますから、やはり伝統や仕来たりと言ったものはいくら名門出の横綱といえども長い歴史の中で積み上げられてきた大相撲です。その協会のやり方や運営方法に従うのが普通なら当たり前の事ですが、どの世界でも良くあるように社会や業界の中で必ず出て来る傾向が、才覚がある人ほど現状の体制の変革や改善、伝統や仕来たりを見直し組織図ややり方を一旦解体するような斬新な発想や行動と発言を行います。

 

 落語の立川談志、最近では小泉進次郎、又私の身近では自公連立を批判しすぎ自民党に消された白川勝彦元代議士など、能力が有りながらも何故かその世界を取り仕切れない悲運的な運命を持っている人でした。

 

 「天は二物を与えず」と言う言葉が生きていると感じるのです。例えば名門で父親は会社経営を立派にやりとげ、社会的要職や名声を果たしながらも残念ながら後継ぎの坊ちゃん二代目、三代目でその家系、会社の全財産が水泡のように消えて行く姿を過去何度も見て来ました。名門、サラブレッドの貴乃花も伯父で初代若の花や父で初代貴乃花も若くして霊界に戻り、兄も相撲界から去り、相談する人も無く孤立無援の状態の中で、親方としてエリートコースをトップで歩いて来た誇りが邪魔し、相撲協会の部屋の序列、親方株の名跡、平年寄りで無役となり弟子達への責任上相撲協会に残ることに自信を失ったのではないかと思います。

 

 今彼に必要なのは心を指導してくれる「師」です。勉強する心です。生きた学問を求めれば必ずこの苦難、難関を乗り越えられるバイブルとも出会えます。良書を常に放さず、又良友の言葉やアドバイスに耳を向ける事です。サラブレッドや名門の出身、エリートは意外と脆くて弱く平凡さ、雑草魂、苦労の試練が本人にとっての琢磨道となり自身を磨く事になり、人生の有り難い肥やしになるのではないでしょうか。今親方はまず自分の心を見つめることです。

 

 

 

2018-09-26 07:03:22.0 ♢ 国技が泣く土俵上、でも白鵬は大アッパレだ‼ ♢

 41度目の優勝.幕内1000勝、横綱白鵬は大変な記録を残し秋場所を締めくくりました、激しくぶつかり合う巨漢同士の土俵上での15日間は勝負の一瞬の戦い、それだけに運動神経を鍛えるのには、ただ単に稽古.稽古だけでは強くなれません、稀勢の里.鶴竜.両横綱と白鵬の違いは稽古前の入念な準備の体づくり、上半身.足腰が柔軟でしなやかで強い強靭な関節と筋肉をつくり上げる為、しっかり運動に時間を掛ける稽古をどの力士よりも多く積み上げ、又.稽古はそれぞれの力士の取り口を思い出し一人一人の相手を研究して身体の運び方、まわしを取る位置.投げ方.立ち合いの角度.スピード.腰の高さなど稽古に物凄く研究するのです。

 

 運動神経と記憶しておく頭脳が現在の幕ノ内力士の中で一番努力して来た力士だと私は思います。 すべてのスポーツは只々やみくもの精神論ではなく、いかに研究熱心で合理的な基本を力士が(一番苦しく辛い事)親方.先輩の兄弟子の言う事を素直に聞けるかが運命の分かれ目です。

この事は私はすべてに言えると思います、人間の社会は基本の稽古の辛い事、苦しい事と涙と汗と苦労をして感やひらめき.そして自信へと身体が覚えて相手を倒し勝つのです、白鵬は横綱の中では不出世の大横綱でしょう。

 

 この人を見られたことは良かったと思います。 なれない日本人社会事を理解し日本の国技の頂点に立たれている姿は大アッパレですが、それにしても日本人の力士はあまりにも情けないですね、もう強い横綱の日本人は恐らく出ないと思います、ハングリー精神.強靭な精神力の持ち主は、豊かになりすぎた現在の日本人には無理でと思います。 どう思いますか・・・・! 

                                                  それでは又、