えいじま義雄の蓮風便り

「蓮」の花と薫りのように清く「義」一筋に政治の道を貫きます

2019-02-28 20:23:11.0 将来の日本どうなるの、考え勉強しませんか

 歴史の本の中で名門の大名と謳われた名家でも一代や二代で没した家もあります。しかし、この21世紀まで存続している家柄も多々あります。例えば、薩摩の島津家や会津の松平家、加賀の前田家、仙台の伊達家、近江の井伊家、長州の毛利家、米沢の上杉家、越後高田の榊原家など、今日まで子孫の方々が名家を守っておられます。

 その方々の家、藩に共通している事があります。それは、その家、藩を治めるトップの殿様と家老など上層部の家臣が非常に良く勉強し、頭の良い教養のある人達であった事です。古くは奈良時代、平安、鎌倉時代の頃よりの中国の兵法書や人間学の経典、組織学、経済学、医学書を取り寄せ、先進地の知識を学び、財政の厳しい中、各藩が競って藩校や寺子屋を建て、学問を奨励していた事が基礎となったお陰で、幕末に日本を植民地にしようとやって来た欧米列強国が、当時の東南アジアの中でひときわ高いレベルの政治家(侍)の教養と精神の高さに恐れおののき、植民地化を諦めたのではないかと私は思います。

 徳川家が260年間に渡り、平和の中でこの国を治める事が出来たのは、徳川家康公の政策、特に武士の文武両道の道徳教育です。皇家を敬い、国を愛し、両親やご先祖、血の繋がりを大切にする事や、人間の絆、情や礼儀、責任の所在、恥を嫌う美学など、今以上に人の上に立つリーダーの心の持ち方は立派でした。

 今日、国民に模範を示すべき人達や組織、国民に影響を与えるマスコミやインテリ層は、あの恐ろしいユダヤ人のマルクス思想を理想とし、外国の赤い国の思想を理想と考え、非自民、反日を掲げています。学校の教師が労働組合を組織し、反自民を訴えている戦後教育の現場は、いじめ、不登校、子供の自殺、犯罪などが増え、また馬鹿な親が自分の子供を殺す事件まで起こっています。この事の原因を放置している政府と、すぐに批判ばかりする国民にも責任はあると思いますが、如何考えますか。赤い日本のリーダーを育てている東大を解体し、東洋思想を中心の教育を行うべきではないでしょうか。

2019-02-26 16:14:56.0 <勉強会を開き人材発掘こそが地方の時代への一番の対応策>

 

 今の日本に一番求められるものは何か?と問われれば人それぞれであるかと思いますが、私は大久保利通のあの天才的な権謀術数の戦略家や西郷さんのような大勇の人望家、維新の初期に多くの若者に影響を与えた詩人の叫びそのもので純真な思想家であった吉田松陰、沸騰気の行動隊長、坂本竜馬.高杉晋作等の素晴らしい人物こそ今の日本にこそ必要であると確信しております。

 

 決して大名や家老の家柄でも無い下級武士が天下国家の大きな方向転換をやり遂げた発想と情熱、そのエネルギーが150年前に江戸や大阪、京都より遥かに遠い地方から日本の歴史を変えた人物達が出たと言う事をもう一度改めて検証してみたいと思います。

 

 徳川末期と今の世情は似ていますが、あの時代以上に悪いものが一つあります。政治そのものをコントロールしている権力、それは言論の自由、報道の自由と称して薄汚く歴史観も国家観も無いマスコミと、あの真実を伝えない情報発信のOAAI機器が混乱を助長しています。

 

 ただ、そこで諦めずやはり人物を見つけ出す事です。特に教育です。日本の良い所は何といっても「文武両道」礼儀、忍耐、努力、思い遣りの精神が昔より脈々と引き継がれて来ましたが、肉体と精神の鍛練によって「人物」がこの国を新しく作り替えて来ました。曖昧模糊ないじめ社会、人口が減り続けている現実、近隣国の軍事脅威、自分の国を自分で守ろうとしない他国からの押し付け憲法、日の丸も出さなくなった日本の家庭、もう一度深く足元を点検し見直しが必要な時代ですね。

 

 

 

2019-02-23 20:26:02.0 ♢ 本物の中核都市にするために ♢

  北陸新幹線は着実に上越地域全体に効果が少しづつ表れていますし、東京や金沢へは短時間で行けるように成りました、田中角栄先生の日本列島改造計画は正しく、政治家として先見性が有り日本海側の発展をいち早く実現して下さった政治家でした、その列島改造計画は今の所まだ目的が完成されておりません、もうじき敦賀まで開通し京都.大阪.東海道新幹線と接続し乗り継ぎの日も近いと思いますが、問題なのはこの北陸新幹線、北上計画の話がストップしています。

 

 県都.新潟に行くのに大変不便です、やはり上越妙高駅から柏崎.新潟空港から山形.秋田.青森.札幌までの日本海新幹線構想を実現させると、日本海側の中心に上越市が有り、背後地に関東.中京.関西圏にも行ける扇の要な立地にあります、上越市が一番将来的にも夢のある所となると思います、日本の四季が味わえるところで有り沢山の食材が有り、自然美と歴史的遺産や水も雪もあり自然の財産も豊富にあり、又.開発余地も沢山有ります、東京一極集中に歯止めを掛け、地方中核都市計画を早く実現し本当の地方創生を、自民党安倍内閣の中に塚田一郎.国土副大臣.高鳥農林水産副大臣.花角知事.沿線の各自自体首長.県市町村の議員団が一つとなって、日本海北上新幹線構想計画を国へ訴える政治的行動を起こすべきだと思います。

 

 まず、地方からの地方からの熱い思いを声を出して訴える必要があると思います。 雪国の人間は口が重く行動力に欠ける処がありますが、そんな事は自慢になりません、田中角栄を生んだ新潟県人、謙信公の時代.関東官領のあった上越市、やはり夢と希望と念力.結束力.行動力の時代がすぐ近くに来ています。  そんな感じがしませんか・・・!    では、