えいじま義雄の蓮風便り

「蓮」の花と薫りのように清く「義」一筋に政治の道を貫きます

2019/02/07 21:20 厚い壁を破る必要があると時代が求めているのにと思います

 ベルリンの壁が無くなり、ソビエト連邦、東欧の共産党一党独裁国は、自由で民主的な西側の政治体制を求めた民衆のエネルギーにより崩壊し、これであの忌まわしい東西冷戦時代が終わり、無駄で巨費を使う軍事費と大国の思惑による世界支配、覇権主義も終わると世界の人々が喜びました。

 しかし残念ながら、共産党の中国が、経済の改革開放政策により今や経済大国となり、その純利益を軍事費、特に核ミサイル開発や原子力空母等に投資し、アメリカや日本、そして東南アジアのアメリカ寄りの西側諸国の都市や米軍基地を、いつでも攻撃できる赤い覇権国家となっております。

 ソ連対アメリカと言う構図から、中国、ロシア同盟国対アメリカ一国と言う構図になり、混乱の続くアフリカ、中東、中南米そしてウクライナなどを舞台に、プーチン、習近平の社会主義(共産党)が世界支配の夢を捨て切れず、再び東西冷戦時代と同じ構図に戻っています。いやあの時代以上に人類は平和への願いから遠ざかっている気配がしている状況です。

 戦後の日本人は、平和に酔い痴れ、物とお金の追求に価値を求め、またスマートフォンやパソコンの普及によるIT社会の急激な進行で、人間本来の対話やコミュニケーション、「愛」や「情」の心を失い、人間同志の心の信頼の絆がすかっり薄れてしまっています。この40年間、一段と昔から大事に育てて来た物や習慣が消えています。

 18歳で選挙権が与えられましたが、政治の指導的役割の大切さを忘れ、主権や民主政治、本当の自由の意味を学ぶ必要を感じていない人々が増大している事も、人口減少の一つの要因でもあります。

 自分の国は、自分達の責任でどうしたいのか。社会保障の財源や国と地方の借金をどう減らすのか。若い人達も政治に参加して、この国の自由と民主的な制度を守るのか。共に行動する中から同志をつくり、前を向いて歩く時代ではないかと思います

2019/02/06 16:00 <国会中継で感ずること>

 

 我々国民の税金で政治が動き少しでも世の中が明るく、楽しく、安心して、不安無く暮らしていける社会を構築し継続して欲しいものだと願っています。主権者が選挙に参加して国会議員を選び与野党の攻防の議論を今国会の予算委員会でも行われておりますが、我々国民の側から見ると毎度同じパターンが繰り返されています。

 

最近では与党議員同志の応援の為に集会やオフレコの談話でつい気を許し、本音でその問題の解決策を自分の意見としてひとこと言った言葉尻を取り上げ、その話の前と後の説明をカットして「あの言葉なないだろう」「失言だ」「撤回して国民の前で謝罪し辞任すべきだ」などと裁判官以上に」同じ政治家の人権や人格までボロクソにテレビの前で虚勢を張る野党議員がいます。見ようによっては長屋の井戸端会議のようなもので議論では無く感情むき出しで知性も品位も感じられない幼稚な子供の喧嘩そのものであります。

 

 国民の悩み、不安の解消の為の本質の議論で無く言葉尻、言い合いの場になってしまっています。あまりにも中身が軽薄なので時間が大切と思いスイッチを切り本を読んでしまいます。大切な政治が機能しないと世の中が混乱し、国の方向性が間違った方向に向かってしまいます。

 

 今や一国で自国の経済は成り立ちません。福祉も何もかも前に進まない厳しい状況の中で厳しい政治指導が求められている時代に、相変わらずの与野党の中身の無い、政策の見えない感情論だけの会議、そろそろ国会も議会改革に着手すべきではないでしょうか。又議員のレベルが高くなってもらいたいと国民は思っているのではないでしょうか。如何でしょう。

 

 

 

2019/02/04 06:36 <何故人類の為に核軍縮をやらないのか?>

 

 戦後75年が経っても世界の大国は相変わらず軍事増強に税金を使用している現状を見ると人間、特に政治家はもうそろそろ本当の話し合いでお互いに疑心暗鬼の交渉で無く人間同士の真の平和をお互いに求め合い、合意して軍縮、核兵器の縮小に具体的に取り組み、やがて世界中から核兵器廃絶を行う政治家が現れてくれないものかと思うのです。

 

 中国もロシアもアメリカも更に一段と核戦力(INF)の独自の強化を3国共に行う感じがいたします。西側のフランス、ドイツ、イギリス政府はアメリカトランプ政権に追従せず、それはアメリカの孤立化に繋がり結果的に世界の安全保障問題に非常に危機感ある舞台の幕が開く感じがしますし、大国以外でも発展途上国の中小国家でも核を保有する国が出る予感がします。

 

 あのニューヨークでの中東アラブ人の世界同時多発テロに小型核兵器を使用するテロ組織も出現しないとは限りません。人間はとてつもなく優秀な人もおりますが、何百万人も平気で殺す人間もいます。そんな観点から軍事費に掛かるお金を難民救済事業や医学、医療、自然災害救済、科学技術開発研究費、国際的な開発投資のプロジェクト等への資金の運用財源、国境を越えた国際大学の設置など生きている人類の為にそのお金を向ける世界的な偉大で神に近いような政治家の出現を祈りたいと思います。

 

 地球上に人類の祖先が生まれてから数十億年経っても、まだどれだけ無駄な軍事費を費やせば気が済むのでしょうか。そろそろツッパリを止め賢い多くのリーダーが出現して欲しいと思っています。互いに近い近隣国家は仲良くすれば軍事費にお金を掛けなくてもよいのに、単に国民の税金を死の商人や兵器産業業者だけを微笑ませる政治は止めるべきです。

 

 何千年経っても殺戮を繰り返している愚かな人間には神が最後に地球上の人間に罰を与えるような気がしてなりません。悪い事(戦争)をやる決断をするのも、止めるのも政治家が鍵を握っています。そう思うと政治に関心が無いでは済まされないのです。それなのに世の中の大勢は政治無関心社会です。こんな状況こそ人間の進歩を遅らせているとも思いますが如何でしょうか。