えいじま義雄の蓮風便り

「蓮」の花と薫りのように清く「義」一筋に政治の道を貫きます

2019/10/29 16:43 <置き忘れて来た昭和の心。>

 

 時代がどんどん過ぎて行きます。私は昭和15年生まれですから子供の頃にはまだ「愛国心」という言葉が残っておりました。映画やテレビ・ラジオの放送も、音楽番組も大衆が喜ぶ娯楽番組は人情味溢れる物ばかりで、町内の中も隣近所の付き合い方も人情味が溢れておりました。しかしながら現在は日本列島全体に「愛」と「情」の2つの文字が薄れ、消えている感じがしてなりません。

 

 あの国民的人気のあった葛飾柴又とら屋の寅さんが主人公の下町人情ドラマ「男はつらいよ」の寅さんを演じた主演の渥美清さんが亡くなりドラマが終了となって随分経ちますが、あのほのぼのとした情溢れた雰囲気が日本の伝統の味だったような気が致します。昭和20年代から50年代までの日本は全体が「とら屋」さんの座敷のように人情味に溢れておりました。どこにでも元気で人の好いおじちゃん、おばちゃんが居て、隣近所との付き合いも深く、兄弟姉妹仲良く笑ったり喧嘩もしたり、涙を流したりしたあの時代は過去のモノとなってしまいました。

 

今では人間同士の心の中には「愛」と「情」が消え、どこでも無味乾燥で殺伐とした社会になっているような感じがしてなりません。なぜこのような世相になってしまったのでしょうか。その原因は政治でも教育でも社会でもありません。悪くしていったその原因はひとり一人の人間の心であり、各々(おのおの)の個人の責任です。心の中だけは政府や行政ではその心の中を左右する事は出来ません。

 

法律や道路や建物は作れますが、ひとり一人の人間の心の中までは管理出来ません。暖かい家庭や家族、町内会、職場はひとり一人の人間がお互いに「愛」と「情」がその心の中に無ければ成り立たず、殺伐とした人口減少まっしぐらの高齢化社会にしてしまったのです。

 

「愛」を知らないから恋もしない、結婚もしない。やる気も無く、目的も無く、親が残したお金とモノで引きこもって暮らしている人間が増えています。最近話題のある書物によれば「ひきこもり」の日本国内での人数は政府発表の100万人ではなく500万人にもなると警鐘を鳴らしています。この500万人もの人達が再度社会(職場)に復帰出来れば、人手不足も解消出来、日本の国力発展に大きく貢献出来るはずです。

 

この「ひここもり」数の増加も政府や市役所の責任ではありません。異論・反論はあるかと思いますが、これは個人の問題です。甘やかされ、厳しさの体験も無く育ててしまった結果です。物とお金至上主義で大切な人情、愛情を我々はどこかに置き忘れて来てしまいました。

 

2019/10/29 11:33 ♢ 高鳥 修先生を偲ぶ ♢

 

 上越の保守.いや新潟県の保守政治を支えて下さっていた、政治的な巨星の高鳥修先生が鬼籍入られました、戦後の日本の復興は食料不足の解消、インフラ整備.所得の倍増.雇用の確保や教育環境の整備と充実.福祉社会の構築中で思想的に保守政治と戦後、アメリカGHQの統治計画通り左翼.共産主義や社会主義思想の開放で日本の政治体制は保守(自由民主党)と革新(社会党.共産党)に別れ、国民が二分され激しい政治争いが、そして新しい民主主義の政治の流れの中、選挙も行われた中で高鳥修先生は25歳で能生町の町長をスタートに県議会議員、そして衆院議員と選挙の洗礼をを受けられ、人生のほとんどを選挙と言う厳しく激しい政界の中で、お過ごしなられた方なのに、高鳥先生はいつも笑顔と泰然と物静かで冷静で周りの人には暖かく、威圧や威張った姿勢は感じられないひとでした、誰にも差別なく接し広く大きな心は、やはり長い政治家として、常に自分に厳しく心を引き締めておられたリーダーだったと思います。

 

 長い90年の人生を、世の中を少しでも良い国をどう作るか!、地方をどう安全で豊かに維持するかを考え抜かれていた人生だったと思います。

 

  政治生活は華やかに見えますが苦難と苦労の毎日で、常に選挙の事が頭から離れないのが政治家です、又ライバルや同僚の議員とも政策上の問題で、対立する事もありストレスの多い仕事です、常に批判の目で晒される政治の世界でしたが、今は俗な世界から天国に返られ、ゆっくりとお休みになられて下さい。

 

 永い間、色々とご指導やアドバイスを戴き有難うございました、心よりご冥福をお祈り申し上げます。   

 

2019/10/25 20:18  ♢ へこたれない.負けない日本をつくりましょう ♢

 阪神淡路大震災.東北地震と津波による大惨事、原発事故による環境汚染、中越.中越沖地震.熊本地震、中国地方の大水害、そして今回の台風18.19号の風や河川の氾濫による大惨事、又、身近な問題では人口減少に高齢化、空き地に空き家に商店街はシャッター街、夜のネオン街は閑散として静まり、方や病気の話か薬の話、テレビを付ければ暗い話と老人向けの健康食品の宣伝でうんざりするニュースばかり、政治中継の国会も10年ひと昔どころか、戦後74年相変わらず左と右の論戦ばかりで、この国の災害列島の対応や一番必要な憲法問題どうなる事やら、本当に日本人が日本の将来の事を考え、70年間もアメリカが急遽ひらめき発案した憲法をそのまま使い、それ以来国際社会や国内の社会対応に適していない憲法を後世大事にしていて、この先へこたれない力強い、しっかりした日本を造れるのかと疑問に思うのです。

 

明治.大正.昭和.平成.令和、先人達は激動と苦悩、外敵にいじめられ間違えば植民地になっていたか、国の半分は共産主義の国になっていたかも知れない中、へこたれずにこの日本丸は、舵取りと国民は結束して頑張って来た誇りある優秀な民族です、日本を悪い国だ.嫌いな国だと思っている方や、反日的な日本人はどうぞ理想の国で住んで戴き、この国を本当に良い国にしようと思う人達がもっと結束し、どんな事にも困らない対応できる国、へこたれない日本をつくりましょう。

 

 人間は理想を失う事が一番いけない事です。  それでは、