えいじま義雄の蓮風便り

「蓮」の花と薫りのように清く「義」一筋に政治の道を貫きます

2019/11/29 10:00 <激しく美しく貫き通した保守政治の革命家でした。>

 

 74才は若すぎるし、あの純潔な一本気気質の政治への情熱家であった白川勝彦先生、こんなに早く天国に帰って行かれた淋しさは心の中にポッカリと穴が空いた気持ちです。

 

 今から44年前国道18号線の石橋交差点の角で雨の日も雪の日も、30才の無名の青年だった白川勝彦さんは街頭演説からスタートしました。地盤、カバン、看板も何も無い十日町生まれ、上越市には親戚はおろか同級生、友人も誰もいない中から国会議員への熱い志だけでガムシャラに訴え続け、年末2年参りで賑わう日枝神社の雪の中に立って訴えるなど、当時はガリ版刷りのチラシで政策を訴え演説会を開くなど初めての新しいスタイルでの選挙運動を行いました。

 

 私も35才で30才の若い白川さんの熱いロマン、汗する知性みなぎる演説を高田の婦人会館で聞き、これからはこう言う若い政治家が現れないといけないと言う思いから支援者の一人となって、後援会の中核の一人として30年以上白川先生の選挙を一緒に戦いました。厳しく辛い事もあれば、リージョンプラザでは上越市では初めての1万人集会も成功させ、6回衆議院選挙で当選し感動の万歳も、又、落選の涙を一緒に流しました。

 

 この間旧新潟4区(現在の6区)では白川先生は国道18号線4車線化へ向け雪が降っても渋滞しない道路の整備、関川改修の完成、北越北線の電化による開通に尽力され、白川先生がいなければ何年、いや何十年と後回しになっていたことでしょう。自治大臣の時には新幹線地方分担金を自治省が出すと言う異例の法律で北陸新幹線早期開通を強く推し進めたのも白川先生の政治力です。

 

 自民党が野党に下野しすっかり自信を無くした時、白川先生と亀井静香氏と2人で自・社・さきがけ三党合意の荒業で自民党を再び与党にしたのも白川先生でした。幕末の高杉晋作のように強い信念の人でしたが軍勢的には恵まれない悲運の人でした。良く知られている事ですが99年に自公連立政権が発足しましたが、公明党は政教分離に違反し憲法違反であると、自身の信念から批判し続けました。その批判、方針を曲げなかった為その関係者から非常に厳しい逆襲をくらってしまいました。

 

 あまりにも理想を追い求め、自爆してしまった、純粋な雪国十日町の純白の雪のような心を持った人だったと思います。30才から30年間政界を走り続けやるだけやり切った白川勝彦先生、今は先に逝った大勢の同志とゆっくり休んで政治を語り合って下さい。

 

 「かっちゃん、ご苦労様。天国で又会いましょう」

 

 

 

2019/11/25 09:06 ♢ 地に堕ち行く相撲協会の運営の中味! ♢

           

    史上最多、34回目の白鵬の優勝はさすがですが、しかしながら日本の長い歴史と共に歩んできた大相撲が、散散たる惨めで極まりない状況の今場所でした、番付上位の横綱一人.大関二人.関脇一人が病気やケガで休場です、若手の力士もサポーターや包帯を巻き膝...肩又は、内臓も肥り過ぎるため血圧と糖尿病疾患の病人力士を相撲協会は育てているのです、力士の養成と健康管理は教会の重大の責任なのに全部、部屋の親方任せでなく、協会が医学会の指導を受けスポーツ医学の観点からも体重と健康のアドバイザーが必要と思います、相撲界の近代化や外国人力士の導入などこの40年間まるで変化致しました。

 

 人気はありますが内容と中味は、力と力の攻防が見られず、水入りの長時間の相撲が取れずに短時間で勝負が付き、力が入らない相撲で見ていても面白くない叩き込み.突き落としばかり、バランスを崩せば大関.横綱でもコロコロして手を付く相撲ばかり、土俵を割る腰のねばりのあるプロらしく、強くて品格のあった双葉山.羽黒山.玉錦の相撲の映像を見てもう一度、稽古や仕来たりを学び8場所制の商業主義を見直し、真の国技の素晴らしい伝統の充実を計ってもらいたいと警鐘を鳴らします。

 

 相撲ファンとして心配でならないのです。                                                                           では又、

 

2019/11/20 16:52 <第一義の精神を全国に、世界に>

 

 世界中の大・中・小の国が政治と経済や政権内の権力闘争、思想の違いによる争い、資源、領土、人種別の闘争、国益優先の争いの続く21世紀の地球上、経済政策最優先で争っている人間社会のせいで自然環境は自浄能力や自然回復力を失ってしまいました。その結果地球全体の温暖化が自然災害となって人間を脅かしています。

 

 恐ろしい地球全体の自然が人間を怒り攻撃しているような時代に突入している時、敵は他国の人間ではなく自然界の逆襲である事を世界中の政治家も経済人も学者も、国民市民も、その一点を考え行動しなくてはなりません。そうしないと地球そのものの維持が出来ず、旧約聖書の預言者の通り、ハルマゲドン(人間と神との最終戦争)地球の最後の神の怒りで滅び行く地球、地獄の地球に近づいている感じが致します。

 

 日本は大昔から自然は神と崇め、自然を神仏として敬って来ました。八百万神(やおよろずのかみ)と言う、神羅万象に神の発現を認める古代日本の神観念を表わす言葉が現代にも残っている事からも分ると思います。そして神である自然を穢さず清らかにして汚さない事を守り続け、祭事も自然を御神体とするくらい大切にして来ました。その心の大きさ、広さは「思いやりの心」です。

 

 「思いやりの心」を表わす代表はあの「第一義」の心であると思います。人間にも自然界にも「思いやりの心」があれば争わず、血も流さず、戦争も武力闘争も無く平穏の中で幸福になれるのに、なぜか自分(人間)の欲、利益、欲望の為に、相手の事を考えない狭い考えに陥っています。

 

 私達はもう一度先人達の教訓を紐解き謙恭に生きることを学び、こう言う時代だからこそ「義の心」を世に発信する時ではなかろうかと思います。その思いを、県立武道館を謙信公武道館と命名し、私達市民運動の浄財で「第一義」の編額を入魂して、完成した謙信公武道館に寄贈し、その精神を世界に広げたいと思っています。山田聖雲先生によります書です。是非一度御覧下さい。御協力いただきました多くの皆様に感謝致します。ありがとうございました。