えいじま義雄の蓮風便り

「蓮」の花と薫りのように清く「義」一筋に政治の道を貫きます

2020/01/23 17:44 <令和の時代にやる事>

 

 世の中の変化は急激でありますが、特に安心・安全面では良い方向に進まず、日本の国防面では中国、北朝鮮の軍事力の強化は年々高騰しその脅威は増すばかりで、近隣にありながら北朝鮮政府やロシアとは安全友好条約も無く常に反日的で交渉のテーブルにさえ就こうとしない状態が継続している中で、友好関係にある米国との安全保障条約について米国国内の世論やトランプ大統領は、その安全の為の経費の負担出費について強く日本政府に負担増を求めて来ています。アメリカ国の税金と兵士の命を日本の安全の為に消耗する必要があるのか、と言う事です。

 

 日本は豊かで充分経済大国であるから国家の安心・安全は自国で賄え、と言う至極当り前の話であろうと思います。いつまでも米国政府とアメリカ国民に甘えていて良い訳がありません。独立自治国として誇りと名誉があれば国民も自分の国は自分達で守ると言った国防の意識は当然持つのが当り前で、世界の195ヶ国の99%の国は攻撃されたら交戦して自国民を守る軍事力を持ち、国民もその意識を持つ教育もされていますし、そう言う当り前の憲法を持っています。現在の日本国民が攻撃されたり、日本の領土や空海に土足で踏み込まれても何も反撃も出来ない国で良いのでしょうか?

 

 国民は政治家任せで無く、もう少しこの安全・安心を実現する為に国防の事にもっと関心を持つべきです。憲法改正につきましては国民投票で決める事ですから、特に18才から選挙権のある若い方々に平和の維持に対してもう少し関心を持って戴きたいと思います。

 

 「平和」は口先だけの観念論や文字だけの上では無く、常に現実的な体制の中と国民の意識が安心・安全を守るものだと思います。戦争を好む国民は誰一人もおりませんが、攻撃されたらやり返す能力のある国家でなければ誇りと気概のある国とは言えません。馬鹿にされ、舐められるだけで恥晒しの国です。

 

 国の柱と土台を今一度、令和の時代に見直し、新たに造るべき時だと思います。国家の弱体化は国民の精神で決まると思うのですが如何でしょうか。強い精神力と肉体は国家存亡の危機に瀕するような、いざと言う時に必要なものではないかと思います。

 

2020/01/20 17:47 <両横綱の休場、大関の弱体化、どうするの?>

 

 大相撲と皇室は日本の象徴の一つであり、日本人が大事にする国の宝です。多くの国民の支持や心の誇りの一部でもあります。又、横綱は生きている人間が白い注連縄を巻き付けられる神聖な生き神様ですから誰でもがなれる訳ではありません。それだけに大きな影響力がありますから、国民に勇気や元気を与える霊気や品格も無ければならない地位が国技、相撲の横綱・大関の責任でもありますから、身心共に毎日が修業、努力しかありません。怪我、病気、ストレスにも打ち勝つ肉体と心の研磨を二十代ソコソコで完成させるのですから並みの人間ではありません。いかに部屋の師匠、兄弟子一門の伝統、親方衆の力量で横綱、大関が生まれるかです。

 

 しかし社会の変化は伝統の相撲界を変えてしまい、師と弟子の関係、力士の育て方、何より相撲協会の商業主義が外国人力士の導入や人気だけの方向に進み、相撲の中身がどんどん薄く軽く弱体化し、大学の相撲部卒のインスタント力士をプロに送り込む、安易な育成が導入され、それが故に真から心身共に強い昔の様なプロの相撲界から、現在ではアマチュア相撲とあまり変わらない、力強く品格のある力士らしい力士のいない、弱くて直ぐに大関の座から滑り落ちて行く姿に落ちぶれています。

 

 相撲協会はもう一度全てをやり直して、先ず商業主義を改め、相撲界への入門に於いては国籍は全て日本人のみとし、年齢は20才以下に制限し、力士の健康管理体制は協会で必ず各部屋に義務付けさせる。そして一門意識を徹底的に教え込み伝統に合った強さの猛稽古を復活させる事。これらを相撲協会自身で全て見直しを計らないと、このままでは国技である大相撲は徐々に衰退して行くのではないかと思えてなりません。

 

 本当に大好きだった日本の国技の為にもファンは心配なのです。

 

2020/01/19 11:59 ♢ 女性議員候補者に望む! ♢

 

 急に6名近い女性の方が、この4月の市議会議員選挙に立候補されると言う話題が上越市の中で囁かれています、何事にも上越市人の気風は穏やかで消極的で控えめ、自分で売り込んだり目立ちたがり屋は少ない気質の街でしたが、めずらしく、しかも全国的に議員のなり手が減る問題になっている時期に、女性の方が思い切って私が皆様の代表として権力者に恐れず、この上越市政に自分の考えを訴え生活の向上につなげたいと、自分の考えを貫きたいと決心をされました。

  

 ペーパーテストでは無く選挙と言う通信簿を貰う作業に挑戦される決断は、肉親や周りの人達の理解.協力を戴けなければならない厚い壁を乗り越える太く強い精神力は立派なものだと思います、私は以前から女性の社会的な立場で男性には無い考えや知恵を出して、男女が協力しながら地域社会を構築して行くべきであり、もっとあらゆる面でも女性の方がリーダーシップ発揮すべきであると思っていました、女性の奥深い優しさ、愛こそ女性の持つ特権で神様でも女神は生命を産む象徴です、政治は国民.市民にどれだけ優しく愛や慈悲の心で接するかです、行政の権力は以外と守りの姿勢が強く、強者には弱く本当の弱者には冷たいところがあるのです、戦後男は視先して国を守ると言う精神的なものが無くなり自己中心で消極的な男性が多い社会です、日本を弱体化させた占領国の思惑通りになっていますので、女性の方がもっと積極的に社会に出る国になって欲しいですね、只女性の中には気だけ強く感情的でヒステリックだけの女性政治家もおりますが、逆に女性の質や品格も下落させないように知性と女性ならではの人間味豊かな議員になって、どんどん政策提言の質問に立って下さい、市民は期待しているでしょう、又.男性候補も負けずに頑張って下さい。     それでは、