えいじま義雄の蓮風便り

「蓮」の花と薫りのように清く「義」一筋に政治の道を貫きます

2021/01/20 16:42 <今こそ世界に広げよう、日本の底力と文化、歴史>

 このあまり変化の無い静かな処、上越地域に生活していますと、この静かさに慣れ切ってしまいます。しかし今世界は大きな転換期を迎えています。大国だった先進国は中国以外コロナ禍、人口減少、高齢化、人種問題、異常気象、災害による経済の低迷が政治と世論の混乱を引き起こしています。

 政治的リーダー、官僚、政治記者、評論家、これらの大事な役割の方々の中で所謂大家、哲人と言った一流のプロの力量の人がいなくなっています。

 時代の先を読む、豊かな未来を想像出来るリーダーとそれに共鳴する多くの支援する同志が必要です。いくらAIの時代でも、伝統、歴史、文化、神話時代から続く126代の天皇家を戴き、神話の時代より2680年間継続して来た世界最古の独立国である日本国が、アジア、アフリカ、中南米のこれからまだ人口が増え続けるであろう発展途上国との交流援助、技術援助が必要です。

 その外交の中で日本流の礼儀、勤勉、結束力、義の精神などの日本の伝統、清らかな精神文化の正義感を途上国に教え、平和立国日本こそこの変化と激動の中で世界のリーダーになっていく事が出来る国家になるべきだと思います。

 

 ブータン王国は本当の幸福とは貧しくとも心が豊かであることを世界に訴えました。日本国もお金と物質の豊かさだけで無い精神の豊かさを指導する座禅、武道、茶道、和食美、華道、書道などの文化を世界に広めるべきでないでしょうか。

2021/01/13 21:47 自由と民主主義のお手本の国、大国アメリカはどうするの

 あのアメリカは何処へ行くのか。同盟国として、我が国の安全保障の面ではとても大切な国です。今回の大統領選挙の大騒ぎの結果、トランプ氏は未だ敗北を認めず、裁判の司法の場で争うとの事ですが、これはと言う、トランプ氏側が逆転の勝利を手中に入れる確実な証拠は、今の所公表されておりません。このままで行けば、民主党のバイデン氏が大統領になる訳ですが、アメリカ国内は、今後政局は必ず混乱を極めると思います。アメリカ人の真価を問われる時代に入っています。

 トランプ氏は政治家と言うより不動産屋の社長で、頭の中は目先の計算ばかりで、本当の保守政治の歩み方の方程式が分からず、只自国の国民受けのプロパガンダ―がうまいだけで、政治で大切な国際協調を行わず、また問題発言も多く、品格も知恵も無い、中小企業の成り上がり者のような大統領でした。ケネディー、レーガン、初代ブッシュ大統領は、リベラルで、そして強さもあり、西側陣営のリーダーとして、ソ連を崩壊させるだけしっかりと、アメリカを中心にヨーロッパや東南アジア、南米でも、さしたる激しい戦乱も無く平和時に過ごしてきました。

 今現在、アメリカの政治の混乱は、ロシアと中国、北朝鮮の共産主義の国は喜び、香港や台湾、尖閣諸島、沖縄、日本に鉾先を向けて来ると思います。アメリカの民主党政権は、他国の武力戦争や紛争には介入しない、自分の国は自分達で守ってくれと言っております。ベトナム、中東、アフガニスタンなどへの介入が、アメリカ国内での無差別テロ攻撃、また人種問題で起きるアメリカ国内の死者の増加であるとアメリカは世界の国々に訴えている事。そして我々アジアの中で中国の帝国主義とどう対応して行くのか。大事な令和の年明けに思うのです。

2021/01/07 17:54 <菅総理は頑張っているのに、何故なのか?>

 自民党の上層部で菅総理降ろしが始まっているらしい。国家が直面している現場、実生活でのコロナ禍の時、党内の権力闘争を行っている場合か!と言いたい。

 

 国民や地方党員、地方組織の声も一切聞き入れず一部の派閥のボスが次の総理の座だけを欲しいがためだけに、全く天の声である世論の常識の声や意見を聴こうともしないで、一部のマスコミの少数の世論調査で菅内閣の支持率を記事に書き、あたかもこの内閣では日本の全てが悪くなるが如き記事を鵜呑みにして、リーダーの兄でまだ一年も経っていない総理の足を引っ張る自由民主党の中央幹部の国会議員の情けない政権与党の姿は、野党がだらしないですからまだいいようなもので、こんな状態で衆議院選挙に勝利出来るのか、と思うのです。

 

 菅総理は無派閥なために弱みに付け込み、特別悪い政策をやっている訳でも無いのに弱い者いじめのような事を行う派閥間の争いは良くある事ですが、我々庶民から見ると、政治とは道徳性からの精神面の気高い人達がリーダーであるべきだと考えてきましたが、そうでは無く国家、国民のことより我欲、権力欲、名誉欲だけの私利私欲の小者の集まりのような気がします。

 

菅総理は携帯電話の料金の値下げや、あまり機能していないにも拘らず年間10億も使う学術委員会の改革、行政のスピード化、デジタル化、環境対策の脱炭素化など将来的にやらなければならない国家目標を持っている、苦労を知っている人、庶民性も充分ある人です。

 

そんな人を胴上げして直ぐ引き落とそうとする汚い、情の無い自民党幹部の大派閥のリーダーに、少し落ち着いて、先ずコロナ問題で苦労している内閣に協力すべきではないかと思いますが、如何でしょうか。