えいじま義雄の蓮風便り

「蓮」の花と薫りのように清く「義」一筋に政治の道を貫きます

2021/05/31 22:00 <この閉塞感の打破は積極な行動だけ>

 このコロナ禍のためなのか私の身の周りの同志も体調不良の話題ばかりです。それと私自身も80歳になりアッと思う間に時が通り過ぎ、やはり高齢化社会の現実を特に感じてなりません。

 

 どこの町内にも一人暮らしの老人や空き家、空き地が増えるばかりで町内会まで崩壊寸前のようになり、町内のまとめ役のなり手がいない状況です。若い人たちが少なく青年会や老人会まで解散しています。益々町内会の人間同士の絆が薄くなっています。孤独な独立社会、誰も想像していなかった寂しい現代社会の中で病気を抱え気弱な老人が多くなっています。この現実に対して只なんでもかんでも国や市の行政に甘えていれば何とかしてくれるという考えでは問題は解決してくれません。

 

 どちらかというと上越の人は何事に付け消極的で前に出ません。照れ屋というか引っ込み思案で性格的にも人と人との付き合い下手で暗い人が多いです。こういう人が多い町内がこのコロナ禍で人の集まる集会が少なくなると、なおさら個々の孤立が深まり、明るく楽しくという催しも中止、中止で人と人との輪が消えていきます。あまり風評に走りすぎず、十分注意して密にならないよう配慮して集会を開催すべきと思います。また単一町内でなく3町内単位くらいで新しい勉強会と親睦会を結成し、社会教育の場を積極的に設けて住民参加の自治を行い、この暗く閉塞感のあふれている状況を打ち破ることが大切ではないでしょうか。地域のことは地域の人で力を合わせ、問題を解決していきましょう。これからは住民指導の自治の時代です。

2021/05/29 18:52 本当の永久的世界の平和は残念ながら有り得ない

 権力は必ず腐敗します。権力者が理性を失い、また人間性までも失い狂暴な裸の王様となって、惨めな犯罪者の檻に入るのを歴史が証明しています。死んでも後世までその人間性は悪人として語り継がれています。リーダーはいつの時代も必要ですが、リーダー色があるのに結局自分の我欲を押し通してしまい、忠告する者、批判する者は、自分のやり方に反対する妨害者、危険分子であるから、犯罪者として殺害しても良いと言う狂人に近い判断しかできなくなるのが権力者病です。

 特にそう言う指導者は、西側諸国より昔の崩壊したソ連や東ドイツ、バルト三国、チェコスロバキアなど東ヨーロッパ諸国に多く、民主化を求め、自由を叫んだ反体制派の知識人が多数殺害されたり、西側に亡命しました。

 なぜか東側の共産主義国の知識人達は、西側の自由を求め高く評価しているのに、日本ではインテリと言われる知識人の大学教授や高校教師、労働組合の指導者、法曹界の弁護士、医師、マスコミ関係者、新劇出身の芸能人などは左翼主義者が多く、不思議でならないです。

 悲しいかな人間は、権力を持つと理想としていた事をやれないと言う血を持った動物、生き物の様です。紀元前の頭脳明晰な哲学者や知識人が教えていた哲学が2千年経っても生かされていません。プーチンや習近平、北朝鮮の金正恩、ベラルーシのルカチェンコなど彼らは、ローマ帝国の暴君ネロのように、住民の良識派や注意を促す市民を殺害しているのです。恐ろしい暴君が、未だ21世紀の地球上に君臨しています。

 チャンスを伺いながら日本を制圧したいと狙っています。未だ世界は本当の平和など有り得ない恐ろしい所だと言う事を考えなければならないのです。理想の甘い言葉に騙されてはいけません。弱肉強食、強大な武力の前に弱ければ滅んだ国は、歴史を振り返れば沢山有ります。もう一度、自分の国の事を勉強しませんか。

2021/05/25 16:00 <堕落と失態続きの相撲協会、どうするの。>

あまりにも御粗末な日本相撲協会の中身、伝統のあったあの日本の「国技」が近年の停滞した力士達の不祥事の数々、改革・改善が叫ばれても一向に良くなるどころか悪くなるばかりです。

横綱の品格の無さ、大関の弱さ、病人・怪我人の多さによって休場力士の何と多い事か、有望力士の不在、期待力士の裏切り、協会親方衆の反目と内ゲバ、八百長相撲、力士間のトラブル、部屋の親方の指導力不足、力士の精神力の瓦解(がかい)など「たが」の弛んだ桶のような感じです。日本相撲協会の姿は日本全体の形を見ているようです。

戦後の豊かさと甘えの中で育った人間社会は厳しさや辛さの修業といった事はイジメに繋がるという世相感で、甘やかされた戦後教育で身体は大きいですが精神面のひ弱さが、あの強靭な肉体と精神まで、そして師と弟子の関係、兄弟子(先輩)と言う縦形社会の崩壊の現代社会病が日本の伝統の良さを失って来た原因でないでしょうか。

相撲取りのちょん髷姿、紋付袴の日本の男子の正装姿、日本の伝統の美しさ、品格、そしてプロの力士としての強さとプライド等大事な事を置き忘れていませんか。

 

もう一度原点の戻った基本の稽古を仕切り直しをして、国の教育も同じでないでしょうか。こんなだらしの無い日本でなかった。