えいじま義雄の蓮風便り

「蓮」の花と薫りのように清く「義」一筋に政治の道を貫きます

2021/08/30 10:13 <アフガニスタンの悲劇を良く知ることです。>

 21世紀の今日に今だこの様な、まるで宗教と言う名を借りた武力による民衆への弾圧、アフガニスタンで起きているイスラム過激派組織タリバンが首都カブールを制圧し、再び宗教色の強いイスラム法の下で国を指揮、指導し従わない者は残虐な刑を科し、人権などは一切関係無く、弁明も聞かず粛正されるのです。

 その事を恐れ、外国人やその人達に協力してきたアフガニスタン人達も国外に逃げ出そうと夥しい人達が道路や空港に溢れています。日本政府も自衛隊機二機を関係者救出にあて出発していますが、タリバンは平気でテロ攻撃を行う国です。自衛隊機の無事帰還を祈るばかりです。

 日本はあのような体制の国家にならないためにも憲法で政教分離を掲げていますが、人間の思想でもあまりにも片寄りすぎる理想主義はタリバンと同じで言論の自由が抑圧され、自分達だけの考え方や思想が正論だと決め付ける集団は行き過ぎると人間は恐ろしいことを平気で行うようになります。例えば過去日本でもいわゆる某過激派内で「総括」とかいった訳の分からない名目で多くの若者が集団リンチを受け亡くなった事を覚えておられる方も多いのではないでしょうか。

 やはり政治や宗教、思想はリベラルな自由と民主主義を大切にしていく教育や習慣を守り継続する事だと思います。日本は歴史上あまり国内の混乱は少ない国ですが、理性や教養も大切であるという事を教えてくれました。

 

 あの国を見ると日本は良い国であると改めて思います。

2021/08/29 20:18 いるのでしょうか。令和の大久保利通

 いよいよ総裁選挙の候補者の顔ぶれが出て来ました。この難題山積みの日本号の船長は誰がなるのか、また誰がいいのかです。

 日本が今の様な政治体制になったのは、あの明治維新でした。西郷、木戸、伊藤、大久保の4名が維新の四傑と言われておりますが、あの慶応から明治にかけての僅かな時間の中で、下級武士上がりの若い人達が一つの目標に向けあれだけ命を懸けて、この国の先を考えて新政府を作り、大名や武士制度を廃止して、「富國強兵」経済力で国民生活を向上させ、欧米の植民地とならず、自力で日本の国土を守る為にしっかりとした国会と官僚制度、そして憲法重視した徴兵制度を作り、欧米の近代文明を追い抜き追い越すと言う基本戦略を、まだまだ色々な古いしがらみの残っていた権力者がいた中で、一番大きな仕事を行ったのは、大久保利通だと思います。また大久保は、子供の頃からの親友であった西郷の西南戦争、維新を一緒に行った佐賀の江藤新平の佐賀の乱など、政府転覆の反乱を先頭に立って鎮圧し、時代を創り治めた政治家でしたが、その遺恨を持っていた残従武士に暗殺されました。この時代、信念の為なら我を忘れ、一切の私心、私欲も無く、国家の将来の為に命を懸け、この国の為に尽くす、そんな政治家が沢山いましたが、この大久保利通が暗殺されなかったら、軍部の暴走、海軍と陸軍の派閥争いも無く、国全体がまとまったと思います。

 やはり政治は、また企業や団体、組合、町内会も、上に立つ人のガバナンスの力です。「智」「勇」「仁」「義」の精神、霊気を、身を以て修養した政治家が総理、総裁になって欲しいと、私は思います。日本の舵取りですから、重みのある、器の大きい人になって欲しいです。また、国民も良い物は良い、悪い物は悪いと決断する能力を持つべきです。

2021/08/25 22:21 <100年前の人達の先見性を考える。>

  10年先、20年、100年先を考えて、手を打って施策を考えていた明治初期の政治家、官僚、経済人、学者の伝記を読むと日本が確実に文化、文明の遅れから脱却し、欧米列強国と肩を並べることが出来たのはやはり先々の事に手を打ち、教育、医学、農林業、通信、交通、港湾、国防、河川、福祉などの各分野にいち早く優れた人物を海外へ視察や留学に行かせ、人材を養成していたからです。そして、その中から立派なリーダーが生まれ、アジアの中では常に賞讃される国となりました。この事は、今回のオリンピックを見ても日本民族の優秀性は我々の誇りでもあります。

  しかし、今、日本の国力をみると10年先、20年先、50年先が大変心配です。人口減少で自然環境の維持が守れるのかと言う事です。この異常気象による自然災害の拡大がもっと激しくなる中、日本の国土の3分の2が森林と農地のCO₂を吸収してくれる緑地でありますが、人口減少によりどこも担い手不足となり、収益率の悪い農業や森業離れが起こり、中山間地の荒廃は一段と進む時が必ず来ると思います。今日、日本の政治家や国民は平和ボケで自分の事だけ心配し、国防や人口減少、政治の事など無関心。まったく、目先の情報だけであれが悪いと言うだけで、何もしない人が増えています。一枚めくれば、早く手を打つ事が沢山ある今日ですが、それでも世の中の人は何もしないでいるのが不思議です。