えいじま義雄の蓮風便り

「蓮」の花と薫りのように清く「義」一筋に政治の道を貫きます

2021/10/31 17:59 あの日本人の豊かな人間性どこにいったか

 妙高山に初雪が降り、駆け足で北から冬が来る季節になりました。特にコロナ禍で不安と不況の風が吹き、国民が最も熱く燃える東京オリンピックや直江津の祇園祭など、色々なイベントも中止、中止で人と人の触れ合いも急激に少なくなりました。一番寂しいのは、病院への身内や友人の見舞い、また肉親が入居している高齢者施設での面会が一切出来ない状態は寂し限りです。今まで戦争のあの時代でさえ無かった人と人との触れ合う機会の消滅は、独居老人の方々は晩年になってこんな寂しい環境の世の中になるとは思わなかったと深く落ち込んでいます。

 以前は日本人の財産であった人と人の触れ合い、ご縁の大切さが、今はお金私だけ今だけと、他人の事は関係ない、公の事も愛国精神もまるで無く、愛社精神よりも只お金だけと言う人間が多い世の中になってしまいました。

 子供の時から個室を与えられ甘やかす家庭と、叱らない叱れない教育によって、子供達は大人になっても人間力が弱く、精神は子供のまま、挨拶もまともな話をする事も出来ない大人ばかりです。文明と文化は人間性をこんなに幼稚にさせてしまいました。新しい事、便利さを追求して来た結果、こんなバラバラの国にしてしまいました。

2021/10/28 15:20 <うっかりでは駄目、しっかり調べて選んでください。>

 人間の中で一番人間らしさを失っていく人は権力者です。選挙はその権力者を選びます。又権力者の考えで国では防衛や外交、地方自治体の長はその市の総合計画の立案、予算の立案、そのまちの未来図を実行する人、2300人からの職員の人事権を握る人、法律と同じ市条例を作れる人、この市の全てを自由に出来る権限を有権者が与える訳ですから簡単に軽々しく選んではならないのです。

 

 市長は一期4年で退職金は2,500万円も支給されますから大変優遇されます。又国会議員も多額な歳費を支払われていますから、本当に国民のためになって仕事のできる人を選ばないと新潟六区は悲惨な遅れるところになるのです。

 

 良い国、良いまちになるのか、ならないのかは選挙で左右します。

 特に若い皆さん、「俺には関係無い」などと思っていたらそれは間違いです。若者こそ未来のために国やこの上越市のために選挙にも強く、深く関心を持って下さい。

 

 日本とこの上越市の運命を決する位に31日の投票日は責任のある日なのですよ。

 

 必ず投票に行きましょう。

2021/10/22 18:20 <必ず日本人なら投票するように、また考えて投票するように>

 国政の衆議院選挙と上越市長選挙、上越市議補欠選挙が始まります。

 国の内外ともにコロナ問題や共産主義国家と自由主義国家の激しい武力と経済の対決など多くの問題があります。このような様々な問題を解決することが政治家の仕事です。また今後の上越市が発展していき良い町にするのか、それとも寂れたなんの個性も存在感もない自分の住む町に誇りも持てないところにするのか、その分かれ目を決めるのが有権者の判断です。

 国政の髙鳥さんは現職ですから色々地元に還元していて、糸魚川の火災の後の処理費用に国費導入や本冬の雪の除雪費に国からの補助などを行い、また福祉対策にも今まで様々な実績を残してこられましたが、髙鳥は自民党だからという理由で嫌だ、又世襲の出であるから駄目という人もいます。もう一人の梅谷氏は反自民であり、未だ国政は当選もしていませんから、実績はありませんし、政権野党です。しかし若さと期待する人もいます。また、時間があるので、有権者のところによく顔を出しています。その日常活動も勉強になると思います。

 それから市長選挙も野沢氏は行政マンとして4人の市長の下で長所も短所も見てきて、市長はどうすればこの市にとって一番良くなるのかということをわかっている人だと思います。もう一人の中川氏は市会議員として行政を監視してきましたので、あれをやりたい、これをやりたいといろいろアイデアを持っています。中川氏は若さがありますので保守というより革新的な考えですが、国・県との行政的な人脈は細いと思います。

 いずれ市民の審判で勝負は決しますが、18歳から与えられている選挙権をむだにしないように必ず投票所で投票致しましょう。パチンコやゴルフで行くのを忘れたと言わないように、またうっかり一票がっかり四年にならないようによく考えて投票致しましょう。

その街のレベルはそこに住む有権者の意識のレベルです。