えいじま義雄の蓮風便り

「蓮」の花と薫りのように清く「義」一筋に政治の道を貫きます

2022/02/27 18:19 <ウクライナ侵攻は遠い、他の国の話ではありません>

 人は何故争い、殺しあい、残酷な失敗を繰り返し、平和を継続できないのでしょうか。あの殺人兵器の国家予算を医学の進歩のためや、貧困国の子供の救援費に地球環境保護、自然エネルギーの研究など、人類のためになる資金に当てれば、もっとさらに素晴らしい世界になるのに、歴史は悲しいかな、再び東西に二つに割れ、ロシアや中国、北朝鮮側の東側とアメリカ、ヨーロッパ、カナダ、日本、オーストラリアなどの西側が再び冷戦の時代に逆戻りしてしまいました。

 

 あのウクライナがプーチンの計画通り武力で侵攻されて尊い命が奪われ、ウクライナ全土が一夜にして混乱状態となってしまいました。西側諸国のロシアへの抗議や、経済制裁や国連憲章などくそくらえ、昭和20年8月の日ソ不可侵条約を平気で踏みにじる国民性の政府と一党独裁体制の国家、中国も北朝鮮も同類ですが、トップの言う通りの政治体制の国になると、世界の常識は通用せず武力、力のある方が勝つという、政治体制国です。トップは20年も30年も権力を握り、好き勝手な権利者です。

 

 小さな民主主義の西側の同盟国は一国では守れません。日本もこれからの外交は、アメリカ一辺倒ではなく、西側の国際友好国に嫌われない、アジアの大国として、貢献する外交を積極的にやるべきです。国防をしっかり行うのが責任政党としてやるべき時が来ています。必ず中国は台湾や尖閣諸島に侵攻してきます。今からしっかりした準備を行うべきです。

2022/02/26 14:56 <異変に対応出来るのか考えて>

 3年前より、この地球上で今までに無い凶悪犯罪組織が細菌コロナウイルスを世界各国にばら撒き、巨大国家であろうが、一流企業の大資本の会社や色々な人間集団を徐々に弱体化させ、大事な医療の世界を混乱させ、そして沢山の尊い人の命が直接的に又間接的奪われていますし、この一連のコロナ禍騒動によりワクチン業者は我が世の春、途方もないような利を稼いでいます。

 これが今世界を我が手中にする巨大国際外国資本が世界支配を企てている戦略通りの作戦が進行中になっています。

 益々進む人間の孤立化、経済力の低下、組織力の弱体化、教育力、道徳力、倫理観の欠如が世界中や日本国内でも始まり、その勢いが混乱を増大するような気がしますが、やはり我が国民は早く色々な国難を乗り越えて来た民族ですから、先人達の経験、成功例や失敗例を歴史から学び、国民がこういった状況にどのように対応して苦難を力を合わせて来たかをしっかり学ぶ時が我々の身近にその波が押し寄せていることに気が付かないとなりません。

 私達は77年間本当に良い時代でしたが、いつまでも継続させるためにも普段から油断しない危機管理能力を持った国と地方の行政が市民と共に協力しながら、安心、安全を継続させるかに掛かっています。

 イデオロギーでなく現実的に世界の動きをしっかり見極める必要があると思いますが如何でしょう。大きな変革が起きます。平和ボケの日本、大丈夫と思いますか?

 

 腐敗は腹と頭からです。国政にもっと関心を持ちましょう。

2022/02/20 20:22 愚かな戦争が起ころうとしています

 世界は今、ロシアのプーチン大統領がロシア軍のウクライナ侵攻への開戦命令を、いつ発令するかに各国の首脳、外相、軍人、国会議員が固唾を呑んでこの状況を見守っています。

 1991年ソビエト連邦共産党解体、ソビエト連邦消滅、そして東西冷戦が終わりましたが、2000年(平静12年)ロシアを再び強い国にするする事をスローガンにプーチン氏が大統領になってから、昔のソ連に戻り、強権独裁主義で22年間も大統領に君臨し、以前のワルシャワ条約機構の体制に戻して東側の強化拡大を目指し、国内の政治体制はプーチン体制を一段と強化しています。国内や昔の東欧諸国の経済政策の失敗、経済力の低下での国民の不満の目を外に向ける為に、東西のあの冷戦時代のアメリカ主導のNATO陣営がロシアの領土を侵攻している、ロシアはウクライナの旧ソ連時代の親ロシア派の人々を守る為に武力を使用すると言って、血を流す争いが始まろうとしているのです。

 地球上で3000年以上人間が戦争を無くせないのは、言葉の上だけでは平和が生まれないからなのでしょうか。私達日本も77年間平和でしたが、北朝鮮、ロシア、中国からいつ核攻撃に遭う事になるかわかりません。コロナも一種の兵器です。世界は油断のならない弱肉強食の所であると思わなければなりません。それが政治家の仕事、国民の生命と財産を守ると言う気概が必要と言う事です。