えいじま義雄の蓮風便り

「蓮」の花と薫りのように清く「義」一筋に政治の道を貫きます

2020/08/10 20:28 『8月15日.本当の信用の出来る平和は何?』

 815日が来ます。 75年前のこの日の正午.昭和天皇がラジオで全国民に戦争の終結を訴え、次の日から日本国は初めて外国に統治されました。戦争に勝ったアメリカ軍の最高司令官.ダグラス・マッカーサー元師は占領した日本国が、2度と再び欧米を中心とした優秀な白人国に歯向かわないよう戦争の罪悪感を植え付け、長年苦しみ悔い改めさせ続ける日本民族にする為の計画を研究するグループを立ち上げました。

そのコードネーム、WGIP(ウオーギルトインフォメーション・プログラム)の専門家が日本に来て、戦争勝利国側の権力で裁判が始まり、日本国憲法から皇室典範の改正教育制度、戦争協力者の軍人や政治家官僚経済人学者など約20万人の優秀な指導者が、公職追放や戦争犯罪者として死刑、又は長期の懲役刑などの判決が下されました。戦争の歴史的事実を勝者に都合の良いように日本が悪い国であると改ざんし、そして日本のマスコミや左翼陣営労働組合など、特に日教組や大学の左派の教授を優遇して取り立て、日本の将来を担う青年たちを教育しました。その結果、戦後75年間今だ、反戦平和のプロパガンダ宣伝後遺症から抜け出せないでいるのが、現在の日本だけでなく西側自由主義諸国の状況です。

 

 日本の弱体化が進んでいるのに一党独裁の国民に「選択の自由」も「表現の自由」も「政治結社の自由」も与えない共産主義の国だけが武力を強化し、弱い民族小国を侵略し続け、時には大量虐殺をも行っている恐怖政治を今でも行っています。私達は近隣の国が核を小型化してロケット搭載して日本に打ち込んでくるかも分かりません。

815日は本当に国防を国民が考える日であり、ただ平和、平和と叫んでも敵は弱ければ弱い程付け込むのが世界の常です。アメリカもロシヤと中国のスパイで弱体化しています。日本なんか得が無ければ見捨てられるのです。それも常です。

 

 一8月15日は、身を捧げて尽くして下さった英霊に感謝の日であり、死語になった「献身」の言葉を考えましょう。

2020/08/08 15:08 ♢ 政治はシンプルで分かりやすく! ♢

 国民民主党と立憲民主党が合流するそうでありますが、合流したかと思うと又、何年かすると分列を繰り返すのが野党集団です、なぜならば蛙の子は蛙.意見が合わず同じ事を繰り返す、それはやはり優れたリーダーがいない証拠です、野党の中でも一番党名も古く政党の政策スローガンも野党の人が一番なじみのある共産党にも声を掛け野党連合で戦うなら、国民が惑わされなく分かりやすい新党を造るべきだと思います。

  

 本当に非自民で(憲法改正反対・米軍基地反対・日米安全保障条約反対・原発反対)西側寄りの資本主義経済より共産主義の計画経済の方がよいと言う人達が、どうせ選挙での公約が一緒で共闘するならこの際共産党と仲良く手を組んで合流し、やがて政権を取る覚悟を国民に見せたら如何でしょうか。

その方がシンプルで分かりやすく、野党として堂々としたぶれない政治家集団だと思います、あれだけ3党は非自民.安部は悪いと言っている野党が、すべて一本に搾れば野党の人気が上げるのではないかと思いますし、日本のマスコミや進歩的文化人とみられたい〇〇大学の教授やテレビのコメンテーターの左側好きは喜ぶと思います。

 

 戦後75年.野党連合のリーダーさん、野党連合で戦う選挙ではなく共産党として一つにまとまった方が国民がわかりやすく、自民党と共産党の二代政党の方が国民は選択しやすいと思います。

 

 名前ばかりクルクル変わる日本の野党.シンプルで分かりやすくして下さい。

私はあくまでもぶれずに、保守系の支持者です。

2020/08/05 18:03 <地獄から這い上がった力士>

 両膝の怪我や手術、糖尿病、肝炎などによる休場で序二段48枚目まで落ちた天下の大関を張った照ノ富士が、今場所前頭の一番幕尻で今年初場所の徳勝龍以来の優勝と言う話題と記録ずくめの七月場所が終わりました。

 人生と言う道は順風満帆の時程注意深く用心しなくてはならないのですが、皮肉にもそんな時に限って不幸が忍び寄る事が多いのです。力士は特に短命と言われております通り病気と怪我は付き物の職業であり、稽古をしなければどんどん弱くなり精神的なストレスが糖尿病を増進させます。この力士は必ず大関、横綱に昇進出来ると親方も本人も後援者も思っていても、突然黒星が続き平幕に落ちやがて十両で相撲を取り、いつの日か廃業していった将来の有望力士を沢山見て来ましたが、今回の照ノ富士の大関を破り幕内最下位の地位での幕ノ内最高優勝は立派なものだと思います。

 普通なら涙を流す力士が多いのですが表情を顔の出さず、あの辛かった日々を胸の中で堪えて淡々と優勝インタビューに応えていた姿は地獄から這い上がった人間の姿とオーラでした。

 人生は常に勝つか負けるかの厳しい環境の中に生活していますが、強い人は必ず這い上がって来た苦労と言う学校では教わって来なかった厳しい体験と苦労を味わって来たからこそ本物の人物と成り得てきたのです。商売も芸術家も小説家も役者もスポーツ選手も地獄を見て這い上がった者で無いとすぐ消えたり、いつの間にか見えなくなります。

 この頃の横綱、大関の役力士の入れ替わりが早く大関から平幕に落ちる力士が多いのが寂しいですが、やはり稽古前の準備のやり方、健康管理などの心構えが昔の力士との違いが出ています。昔の親方は一日中若い衆を叱り続けていました。今の若い人を叱るとパワハラだと言われてしまえば指導など出来ません。強い力士も育ちません。

 

 甘い考えの日本。甘い人間が増えると混乱と品格の無い国になってしまいます。そうならないように致しましょう。それでは又