えいじま義雄の蓮風便り

「蓮」の花と薫りのように清く「義」一筋に政治の道を貫きます

2018-12-14 07:11:53.0 <ぶれずに筋を通すのが政治の大道ではないのか>

 

 政治には色々な考え、政策、主義、論評がある事は承知しています。ですから表現の自由が許されている通り思想や主義主張も自由である事は結構な事です。私のこのブログやフェイスブックも全て私個人の考えで思う事を自由に遠慮無く、批判など気にもせずマイペースで発信しています。これからも私のこの情報が合わない、嫌いだという方は別に料金を頂戴している訳でもありませんので見ないでいただいて結構です。又いくら批判されようとも、私は自分の主義や主張を変えるような器用な性格ではありませんので、ぶれずにこのまま続けていきますので気が合う人のみ読んで下さい。

 

 さて以前より国の柱である憲法改正が自由民主党の結党以来よりの綱領でありますが、一歩も前に進まず歴代党首はやりたくてもやれないのか、本気でやろうとしないのか、ずるずると73年間近く独立国としての自治意識の甘い、段々けじめの無い国民性や防衛問題や様々な世の中の事に対しても危機意識が薄い国になっています。GHQに押し付けられた憲法をいつまでも神聖不可侵扱いにしていてはなりません。世界各国を見渡しても長い間自国の憲法を改正してこなかったのは先進国では日本くらいなもので、基本は尊重しつつも時代の変化、世界情勢の変化に合わせてフレキシブルに変更せねばなりません。占領軍(アメリカ)は簡単に憲法改正出来ないように非常に高いハードルも課しました。又あきらかに英語を日本語訳にしたような現状の憲法は脈々と続いてきた日本の歴史、伝統、文化には合致しません。

 

 少しでも憲法問題の話をすれば「右辺化する」「自民党は戦争を考えている」「悪くて古い封建的で危険な政党だ」と大衆を煽り大衆迎合主義で世論の不安を拡大させ、批判ばかりで実現出来もしないくせに耳触りの良い事ばかりを言っているようでは本当の毅然とした政党政治が出来ない国になっています。

 

 憲法については紙面の関係もありますのでこれ位にしておきますが、現在は公明党とは連立政権を行っていますが、憲法問題を取り上げるとこの党は与党内革新政党的になります。政党の一番要の憲法で考えが合わなければ連立は解消すべきであると私は思います。与党であれば大臣の要職が貰える、ただそれだけが目標に思えます。権力にすり寄り一番肝心な事や時に野党、革新と一緒の考えなら連立を組まない方が筋の通った政党だと私は思いますが皆様は如何考えますか。

 

2018-12-11 07:38:47.0 ♢ 発展.活性化.幸福は天の法則を守ること ♢

 私の願望の一つは「市民の幸福度の高い国.まちをつくる事です」 人間の一生は長いようでも短いです、生き物は必ず死にますが時間だけは公平です。世の中.幸福と不幸があり又、善と悪があり天国と地獄すべて人間が作っています。

 

 お金や地位、名誉があるから幸福と思いきや人間の欲望は欲望を生み、汚くなり決して幸福ではありません、あのゴーン氏もその一人です、あの眼は善人ではありませんし眼は心の窓です

 

 今日の我が国と上越市の市民の満足度.幸福感は決して高いとは思いません、人口減少と高齢化の波、自然災害の多発、人間同士の絆の減少、昭和の時代より屏息感が増しています、こう言う時代こそ孤立をせずに良い事を考え良い方向に進む同志を作り行動する仲間を作ることです、そして正しい歴史観.国家観を勉強し、一人一人が良い人になれば世の中が正常になり治安も良くなり暗いまちになりません、社会資本の充実も大切ですがその前に良い人が大勢いるまちをつくればそのまちはどんどん積極的に明るく正しく活気も生まれ、善転転回のの方向に進み屏息感から抜け出せます、政治は色々な事をやらなければなりませんが、リーダとなる人を作る事も仕事です、リーダを作ることをしない所はすべてに停滞と不幸が増しますし、不満や不安.混乱が始まります。   良い人は協力し合いますし行動力もあります、そして勉強もします、そう言う市民が集まるまちを一緒に作りませんか。

 

 私の自論「良い人が集まれば良い事が起きる」天の方則です、誠実の心の集まりが天の通です。                                                                     それでは又、

                                      

2018-12-10 14:09:56.0 <いつまで続く弱腰姿勢、現状のままで良いのか>

  日韓関係が再び悪化の方向に走ろうとしています。韓国政府はどうして日韓関係を安定させ国家基盤を構築しないのでしょうか。1965年、今から53年前当時の韓国政府と日本政府との間に日韓請求権・経済協力協定を結び、韓国は自ら納得して協定書にサインをして決めていたにも拘わらず、大統領が替わると必ず国際法を無視し自国の法律を持ち出し日本からお金を取ることだけを突き付けてきます。このことは国際法のウイーン条約違反です。しかるに従軍慰安婦問題や此度の元徴用工問題を国内法で取り上げ賠償金支払い命令を新日鉄住金に続き三菱重工業に対しても同じ命じる判決が言い渡されました。

 

 日本と韓国と国対国の条約は時が過ぎると、又大統領が替わると約束が全く帳消しとされる国なら、一切友好条約や日韓基本条約も全く無視する信義すら守らない信用や信頼出来ない国として国交を断絶すべきです。日本が戦前や戦後も色々手厚く韓国の経済支援、インフラ支援に援助して来た好意に対して今でも反日教育を始め日本敵視を続ける韓国政府に対し日本政府として毅然とした強い意志を示すべきです。

 

 我々も独立自治国としての堂々とした強い態度を示すべきであり、威厳の無い外交を行っているから北朝鮮の拉致問題などもなめられ続けた結果の外交です。ロシアの北方領土も四島から二島返還も甘く見られています。お金だけ取られ続けている腰抜けの国と思われる事に腹が立つこの頃です。政治は世論で決まります。世論はどうするのでしょうか。