えいじま義雄の蓮風便り

「蓮」の花と薫りのように清く「義」一筋に政治の道を貫きます

2014/09/12 14:21 再び問う 厚生産業会館は市民の生活に本当に必要なのか?

 10月11日の『上越タイムス』の読者投稿欄[ひろば]に安塚区在住の方の「厚生産業会館建設費増額に思う」と題して真に的を射た意見が掲載されていました。読まれた読者の中で「まことにその通り」と同感された方も大勢おられることと思います。

 

 当初見積もった建設予算より10億6000万円(18億3500万円から28億9500万円へ 当初予算の約1.6倍 )も増額しなければならないことを議会に説明と報告も無く、また議論することも無くいきなり新聞紙上で報道されていました。

 

 私は当初より巨額の税金を費やして箱物を建設する必要はどこにあるのかと計画そのものに疑問を呈して来ました。         その理由は

第一 場所が悪い。高田公園の中では雪や雨の日などでは高齢者、子供には苦痛である。

第二 集会後、休憩しながらコミュニケーションを楽しむお店が無い。それだけ高田公園内は経済的効果が生まれない所である。

第三 お花見開催時、野球や陸上競技大会が開催されている時は駐車場が狭く混乱し、事故発生の可能性が高くなること大である。 

第四 市の財政が非常に苦しく、13区の箱物を次々に統合、閉鎖、解体している時に旧市内に多額の税金を投じて市民の生活にそれ程必要の無い箱物はいらない。

以上の通りですが、市民の大多数の皆様も私と同じ考えではないでしょうか。

中には建設して欲しいと言う方々もおられますことも事実です。

 

 しかし28億9500万円という巨額の税金をもっと大勢の市民活動の活力の創造に投資したら如何なものでしょうか。例えば新幹線開通を踏まえて観光施設の整備。高田の雁木、青田川、儀明川、仲町や寺町の景観の整備。斎藤真一画伯の瞽女絵画町屋美術館建設。高田世界館に楽屋を増築し芝居小屋と映画館を併せ持つ演芸場とする。旧第四銀行建物、今井染物店建物の再活用で市街地の活性化を図る。観光客が乗り入れし易くするため大型観光バスの市街地駐車場の造成。朝市の活性化。水墨画フェスティバルへの支援体制構築などを私は提案します。

 

 いくら市長選の公約だからと言って頑強に権力を行使することが市長の唱える“さわやかな市政”と言えるのか疑問であります。

“さわやかな市政”とは権力でゴリ押ししない政治。市民が一番やって欲しいことを実現する政治ではないでしょうか。そしてより良い方向へ、より良い方向へと舵を取り、動輪を全(善)回転させていくのがリーダーの仕事だと思います。

 

 高い頂をめざして登山していても予想外に天候が悪化して来たら引き返す勇気を持つことが必要でしょう。今からでも遅くないからもう一度市民アンケートを取って上越市民に厚生産業会館が必要か、不必要か市民の声を聞いたら良いのではないでしょうか。その時、行政の権力を介入させてはいけません。

 黙っていると税金を使う側は行政指導で使われてしまいます。市民は自分で投票した市長や議長、議員に電話をかけ、あるいは手紙を書いてもっと意見を言うべきではないでしょうか。市民が主役なのですから。

 

 

 

 

 

 

2014/09/07 14:14 「情けない教育の荒廃、現状では日本と地方の明日がない!」

ごく最近の事ですが、盲目の方を誘導する盲導犬にフォークを刺したり、15歳の少女が同級生を殺し首と手首を切断し腹の中を見たいと言って切り裂き、部屋の中を血の海にして平然としている子供が現れたりしています。

 

すべての子供が悪いと言ってる訳ではありませんが、相変わらず陰惨な「いじめ、校内暴力、登校拒否、子供の自殺、引きこもり、また、若い親達の子供への虐待」など子供達の世界やそれを取り巻く世相は昔なら考えられないくらい混乱しており、まさにカオス状態を呈しております。将来的にこのままではこの国の未来がとても心配でなりません。

 

原因は沢山ありますが、一日も早く国民全体で真剣に深刻に考え対策に手を付ける時が来ています。それは正しく戦後教育の反省と見直しです。

戦前の教育はその元で戦争を行ったために間違いであり、日本の教育はすべて悪いといいながら戦勝国アメリカの自由と平等や責任感を教えない身勝手な民主主義教育と左翼思想に染まっている教職員組合、官僚、学者などに戦後教育は指導権を握られ、現在も戦争を中心とした自虐史観で69年間、日本国の教育界に於いては子供達の指導方法が混乱しております。その結果、子供達の社会には暗雲が立ち込め明るさや希望が見えておりません。

現在の教育制度や教育に携わっている組織・教育方法などは完全に動脈硬化機能不全に陥っています。思い切った大胆な教育改革をやらないと必ず日本はおかしくなると思います。

 

そこで日本人の教育は2000年の歴史と文化・伝統を誇りに持ち、先人達が大切にしてきた宗教的道徳観や東洋思想の儒学・陽明学を教え、特に日本人に合わない不純な文化・哲学、外国の風俗・習慣などはこれを取り入れないようにすることが肝要と思います。

また、スポーツに於いては「礼に始まり礼で終わる」精神強化の禅剣一致の武道教育を行い、高校3年間は全寮制の団体生活を行いながら「食」は自ら農業・漁業を体験させ「人間生きるとは何か?社会に役に立つとは何か?国家とは何か?故郷と家族、地域のためになるとは何か?」など人間として立派に自立できる様な教育指導を行っていくべきだと思います。そして考え責任ある行動する人間を育成する教育の原点に戻る教育指導が現れて欲しいと思います。

 

人材を育てなければ国も地方も繁栄は出来ません。国家の安全保障と教育は一体感を持っています。それに経済と福祉がしっかりと結束する理想的な国づくり、町づくりが大切です。厚い壁を破り教育の専門家も新しいやり方、新しい発想の子供の教育制度をやる時です。従来通りの学者や校長の意見ではなく民間の管理職、経験者などもどしどし登用し教育界に新しい風を吹き込んで欲しいと思います。

未来の日本を安心して次の世代に託すためにも、今こそ私たち大人が子供達や未来に対して責任を果たす時なのです。

『子供達こそ日本の未来を背負うのです!』

2014/08/31 16:22 真に残念‼速達タイプ新幹線1本も停車せず。しかしこの悔しさをまち興しの情熱へ

 先日(8/27)、北陸新幹線の開業日を来年3月14日に決定したことと、運行計画の概要が発表されました。しかし残念ながら東京~金沢間を最短で結ぶ速達型タイプ『かがやき』は上越妙高駅には1本も停車しないことが判明しました。私は真に残念な気持ちでいっぱいです。せめて朝、昼、夜の3本位の停車するダイヤを組めないものかと思います。停めない理由は“採算至上主義”で、そこには膨大な税金を投資した地方や地域住民への温かなる情など一遍も感じません。我々はただ北陸方面へ、長野方面へ向け走り去って行く列車のうしろ姿を見送るのみです。

 

 しかし、今更言っても詮無いことにはなりますが、こういう結果になることは私は薄々予想はしていました。やはり行ってみたいまちのイメージには“駅名”は大切な要素なのです。東京を出て日本海側の最初の駅、歴史と伝統文化を感じさせる駅、佐渡ヶ島の玄関口としての駅。それが『上越妙高駅』ではまったくイメージが湧きません。やはり『妙高高田駅』或いは『越後高田駅』であれば関東、関西の方々もその文化的イメージと位置関係のイメージが湧くと思うのに残念です。

 

 それではどうしたら観光客や様々な交流人口の増えるまちに成れるのでしょうか。

 一つは行政を頼っていてはダメということです。役所の役人は実際の商売実業の経験が無いため、役所の都合の良い方向でまとめてしまい、本当に実情に合って立案することは無理です。私は20年間、様々な観光事業を提案し意見を言ってきましたが、役所は担当者役人がくるくると代わり誰も責任をとるということは終ぞありませんでした。

 

 ではどうすれば良いのか。自分達の商売は自分達で、「こうすればもっと良くなる」という提案を持ち、商工会議所、観光コンベンション協会、各種民間団体組合において人間関係を積み上げ、リーダーを育成し、勉強会を開き出来るものと出来ないものをハッキリさせ、身近のものから創り上げて行くことが肝要と思います。

 身近にあるもの、その第一は“心”です。おもてなしの心、笑顔、挨拶、まちの清潔、店の清涼感。これらはお金が掛りません。これを続けて行くことで日本一リピーターの多いまちにすることが可能です。

 第二に観光客を呼べる環境であるかと言うことです。幸い私たちの南越後地域には、海あり、山あり、高原あり、湖あり日本の原風景が残っています。温泉もあるのです。さらに加えて、歴史と伝統に史跡が多い。食べ物が美味しい。酒が美味しい。美人が多い。心が美しく温かい。情が濃いなど沢山の良い環境があるまちなのです。酒も雪も温泉も桜も日本一のものばかりです。

 

 私たちは自分のまちの良いところを今一度再認識し、さらに勉強を重ね、自分のまちに自信と誇りを持つことが大切だ思います。

 私は本当にこのまちが大好きです。自慢するものが沢山あります。皆様もそう思いませんか