えいじま義雄の蓮風便り

「蓮」の花と薫りのように清く「義」一筋に政治の道を貫きます

2013/12/01 11:21 自衛隊体験学習に抗議した人たちに”喝!”

  先日、直江津中等教育学校の生徒さんが自衛隊で体験学習した事に対して、上越地区の某左派・革新系3団体の代表が学校側に「迷彩服に違和感がある」「15歳未満の徴兵はジュネーブ条約に違反する」などという理由で抗議を申し入れたと言うニュースを見ました。相変わらず自衛隊に対して「憎悪と差別と偏見」を続けている時代錯誤な話だと思いました。抗議そのものは「言論の自由」が保障されている日本ですから自由ですが、...現実を見てほしいものです。

言うまでも無く自衛隊は我が国の安全保障、PKOを始めとする平和維持活動、国内外の災害に対しての救出復興支援などなど、今まで何十万人の人たちを救い、感謝されてきました。

彼らの団体が主張する「平和」というものは残念ながら憲法九条が保証しているわけではありません。国際社会においては力(軍事力)を持っている国が正義なのです。我が国を取り巻く情勢一つみても尖閣・竹島・北方領土において一度弱みを見せればどんどん土足で入り込んできます。さらに「沖縄も我が国の領土である」「対馬や九州も我が国の領土である」「北海道も我が国の領土である」と主張して憚らない国が沢山あります。それらの国々は言葉巧みに「我が国は侵略の意思はない」「日本は今また軍国主義になっている」「日本こそ過去の歴史を直視して反省せよ」と日本人が戦後六十年間どっぷり漬かってきた「自虐史観」を盛んに喧伝し、日本人を眠らせ、その隙に目的を達成しようと躍起になっています。そのような国は同様にして言葉巧みに日本国内で宣伝工作を行い、それに乗ぜられた人々が「日本は平和主義!戦争反対!憲法九条死守!」「自衛隊は違憲!」「沖縄に駐留する米軍は出て行け!」とおよそ現実からかけ離れた理想を声高に叫び、報道機関は自衛隊が国際的に高い評価を受けている事実を報道せず、「某国に派遣された自衛隊は違和感を持って迎えられた」と正反対の報道を国民に流し続けています。

幕末、アメリカやロシアがその武力を背景に日本に開国通商を迫った時、日本では上や下への大騒ぎでした。
「太平の眠りを覚ます 上喜撰 たった四杯で夜も寝られず」
の狂歌の通り二百五十年太平の世に慣れていた日本の人々の驚きぶりが窺い知れます。しかしながらこの時代主義主張は違っても「日本を外国の侵略から守らなければいけない」という一致した信念があり、そして、それを実行し得た今に名を知られる英雄・英傑・英才がきら星のごとく現れ、日本は国を損なうほどの内乱にはならず速やかに中世の封建制度から近代国家への一歩を踏み出す事に成功しました。
そういう覚悟を持った「武士」が当時日本にいました。これは当時の日本にとって大いなる「幸福」さったと言わざるを得ません。 現代日本において空想に酔いしれている左翼思想の無責任集団などは存在しませんでした。

 今の日本はまさに内憂外患の時期です。未来を担う若者がこの国を行く末を考えた上での職場体験に自衛隊を選んだ事に私は賛辞を惜しみません。その考えに冷や水を浴びせかけ、上から目線で青少年の志を挫く平和ボケした甘ちゃん中高年は恥を知れ!と言いたいです。

 自衛隊の皆様の日頃の努力のおかげで私たち国民は枕を高くして寝られるのです。「今の平和が保たれているのは誰のおかげか」今一度問いただす良い機会ではないでしょうか?
【参考】
上越タウンジャーナル
 

2013/11/18 10:38 上越地域4市の熱意が泉田知事に届く事を願っています

 11月17日(日)リージョンプラザ上越コンサートホールにおいて、“県立武道館建設誘致4市市民総決起大会”を開催致しました。大勢の市民の皆様からご参集いただきまして、定員500人のコンサートホールが満席になるほどでした。総決起大会においては高鳥厚生労働大臣政務官を始め7人の県議、4市(上越・妙高・糸魚川・十日町)市長、2名の商工会議所会頭、そして多数の市会議員などから激励の挨拶を頂戴いたしました。そして、県立武道館建設誘致経緯説明の後、私が誘致活動方針を説明し、万座の拍手を以って承認されました。今回の誘致運動は上越市始まって以来、4市が結束し、42,600人の署名を集め、実に4度も泉田県知事に陳情を行いました。一つの運動に4回も陳情を行った事例は過去になく、県立武道館の上越市への誘致建設はかつて信越線を上越地域に、陸軍第十三師団を高田にと熱心な運動を行った歴史的経緯に匹敵するほどの運動であります。

 前回にも申し上げました、昨今の道徳精神の衰退を食い止め、その質量において向上を図るには礼儀と精神を重んじる武道教育の振興に他ないと考えています。しかしながら、新潟県内にはその殿堂となるべき施設がありません。また、“武尊公”と讃えられた当地の英雄上杉謙信公の“惻隠の情”即ち“義”の心で相手を思いやる精神が脈々と受け継がれてきたこの上越市に武道館を是非建設したいと考えるのも当然の帰結であると思います。

 この県立武道館をどこに建設するかは泉田知事の思惑で決まります。政治の世界は一寸先が闇であり、何が起こるか分かりません。知事は北陸新幹線開業にあたり“上越妙高駅に全車停車”を国交省及びJR東日本に熱心に働きかけています。新幹線全車停車、そして県立武道館上越建設が決定すれば、上越地域で全国規模の武道に関する大会が開催され、更に2020年の東京オリンピックにおいては国内外の選手団が当地で宿泊・練習を行う可能性があり、上越地域の人々がその全国・世界レベルの選手の練習を目の当たりにする事が出来、結果として物心両面の効果が期待できるのではないかと考えています。

 そのためにも市民総決起大会を行い、泉田県知事に上越地域30万市民の熱意を伝える必要があるのです。我々の熱意を是非知事に届け、何としても県立武道館を上越市に建設できるように最後まで働きかけをしていこうと思います。そして泉田県知事におかれましては最善で最良の判断を下していただく事を切に望むものであります。

 

 【YouTube】

新潟県県立武道館上越市誘致活動市民総決起大会 

http://www.youtube.com/watch?v=B9rK-ajAOzg

2013/11/06 08:48 県立武道館上越市誘致市民総決起大会参加のお願い

 平成22年3月議会において、私は人心の荒廃、道義の衰退を食い止めるには青少年の心身を鍛える以外にないと考え、県内にそのような施設がない事を鑑み、県内初の全ての大会ができる県立武道館の建設を上越市に誘致し、併せて青少年の武道教育の充実を図るべきであると村山市長に提案型の一般質問を行いました。ところが村山市長の答弁は、「県にはそのような計画はない」と何ともそっけない答弁でした。そこで、私は心ある武道関係者及び私の後援会関係者、そして市民学習塾“雪下駄”関係者等と連絡を取り合い、街頭やショッピングセンターで県立武道館誘致の為の署名活動を行いました。その結果3万5千名の署名が集まり、これを背景に村山市長に陳情し訴えた結果、ようやく市も重い腰を上げ県立武道館の誘致に動き出しました。時期を同じくして新潟・燕・加茂・南魚沼、そして上越の5市がその誘致に向けて激しい鍔迫(つばぜ)り合いが現在行われています。県議会でも年内に候補地を決定するとの動きも出ています。

 しかしながら諸事万端温和な上越地域の市民性でこのまま静かに過ごしていると、“蒲原政治”によって上越市以外の4市いずれかに決定されてしまう事でしょう。いち早く誘致運動を興した私どもとしては看過できない状況であります。

 そこで“オール上越市民”が結束し、総決起大会を開催する運びとなりました。前例のない集会ですが、最後は市民の情熱と結束力が頼りです。何卒ご協力の上ご出席下さいますようお願い申し上げます。

          日 時:平成25年11月17日(日)17時開会~18時閉会

          場 所:リージョンプラザ上越コンサートホール

 

趣旨

  1. 武道教育の充実と武道精神の高揚・技術の向上、武道人口の拡大を図る
  2. 上杉謙信公生誕の地として上越市が新潟県の武道教育の核となる為の礎とする。
  3. 北陸新幹線開業により首都圏・関西圏・中京圏・北陸圏・信越圏等の交通立地条件を考えると上越が最適と考える。
  4. 交流人口の拡大に伴い、上越市に県立武道館を建設する事による経済効果の波及は市はもとより新潟県全域に及ぶと考える。
  5. 2020年の東京オリンピック開催に伴い、国内や海外から武道に関係した選手団が当地で練習する事になれば宿泊等から派生する経済効果が上越地域に発生する可能性がある。

 

 何卒、上越地域の皆様、県立武道館の建設を足がかりに地域の活性化をはかろうではありませんか!

 そして武道精神を共に学んでいきましょう。

 

【参考】

新潟県ホームページ

県立武道館基本構想検討会議

http://www.pref.niigata.lg.jp/hokentaiiku/1356764540102.html