えいじま義雄の蓮風便り

「蓮」の花と薫りのように清く「義」一筋に政治の道を貫きます

2019/11/25 09:06 ♢ 地に堕ち行く相撲協会の運営の中味! ♢

           

    史上最多、34回目の白鵬の優勝はさすがですが、しかしながら日本の長い歴史と共に歩んできた大相撲が、散散たる惨めで極まりない状況の今場所でした、番付上位の横綱一人.大関二人.関脇一人が病気やケガで休場です、若手の力士もサポーターや包帯を巻き膝...肩又は、内臓も肥り過ぎるため血圧と糖尿病疾患の病人力士を相撲協会は育てているのです、力士の養成と健康管理は教会の重大の責任なのに全部、部屋の親方任せでなく、協会が医学会の指導を受けスポーツ医学の観点からも体重と健康のアドバイザーが必要と思います、相撲界の近代化や外国人力士の導入などこの40年間まるで変化致しました。

 

 人気はありますが内容と中味は、力と力の攻防が見られず、水入りの長時間の相撲が取れずに短時間で勝負が付き、力が入らない相撲で見ていても面白くない叩き込み.突き落としばかり、バランスを崩せば大関.横綱でもコロコロして手を付く相撲ばかり、土俵を割る腰のねばりのあるプロらしく、強くて品格のあった双葉山.羽黒山.玉錦の相撲の映像を見てもう一度、稽古や仕来たりを学び8場所制の商業主義を見直し、真の国技の素晴らしい伝統の充実を計ってもらいたいと警鐘を鳴らします。

 

 相撲ファンとして心配でならないのです。                                                                           では又、

 

2019/11/20 16:52 <第一義の精神を全国に、世界に>

 

 世界中の大・中・小の国が政治と経済や政権内の権力闘争、思想の違いによる争い、資源、領土、人種別の闘争、国益優先の争いの続く21世紀の地球上、経済政策最優先で争っている人間社会のせいで自然環境は自浄能力や自然回復力を失ってしまいました。その結果地球全体の温暖化が自然災害となって人間を脅かしています。

 

 恐ろしい地球全体の自然が人間を怒り攻撃しているような時代に突入している時、敵は他国の人間ではなく自然界の逆襲である事を世界中の政治家も経済人も学者も、国民市民も、その一点を考え行動しなくてはなりません。そうしないと地球そのものの維持が出来ず、旧約聖書の預言者の通り、ハルマゲドン(人間と神との最終戦争)地球の最後の神の怒りで滅び行く地球、地獄の地球に近づいている感じが致します。

 

 日本は大昔から自然は神と崇め、自然を神仏として敬って来ました。八百万神(やおよろずのかみ)と言う、神羅万象に神の発現を認める古代日本の神観念を表わす言葉が現代にも残っている事からも分ると思います。そして神である自然を穢さず清らかにして汚さない事を守り続け、祭事も自然を御神体とするくらい大切にして来ました。その心の大きさ、広さは「思いやりの心」です。

 

 「思いやりの心」を表わす代表はあの「第一義」の心であると思います。人間にも自然界にも「思いやりの心」があれば争わず、血も流さず、戦争も武力闘争も無く平穏の中で幸福になれるのに、なぜか自分(人間)の欲、利益、欲望の為に、相手の事を考えない狭い考えに陥っています。

 

 私達はもう一度先人達の教訓を紐解き謙恭に生きることを学び、こう言う時代だからこそ「義の心」を世に発信する時ではなかろうかと思います。その思いを、県立武道館を謙信公武道館と命名し、私達市民運動の浄財で「第一義」の編額を入魂して、完成した謙信公武道館に寄贈し、その精神を世界に広げたいと思っています。山田聖雲先生によります書です。是非一度御覧下さい。御協力いただきました多くの皆様に感謝致します。ありがとうございました。

 

  

 

 

 

2019/11/19 12:46 ♢ 本当の心ある人の集まりの楽し! ♢

 

 1110日、西城町のデュオセレッソにて午後2時より私の在籍25.全国議長会より、受賞の祝賀と今期で議会活動引退の為、最後の市政報告と後継者の紹介と今後の支援などのお願いと、長年私と同じ考えの後援者と友情と絆で結ばれている友達、仲間の本当の心からの同志の皆様が政治集会を開催して下さいました。

 

  冒頭、大会実行委員を代表し謙信公「義の心の会」会長石田明義氏の歓迎の挨拶から始まり、司会の近藤浩さんの名調子で来賓の高鳥修一氏.村山秀幸氏.楡井辰雄氏.斎京四郎氏.桜庭節子氏.内山米六氏.石田裕一などの皆様方からご祝辞を頂き、26年間の私の議会活動を別の視点から見て下さった感想と支えてきた会場の同志の皆さんへの結束と永島義雄の政治哲学の実行経過にも触れられ長い間の政治参加の成果に温かい慰労の言葉も述べて下さり、私と一体となって7度の選挙を戦いその他、国政..市長選挙など常に一緒になって語り行動して来た会場の皆様方と心が一つになって、上越市の保守政治.伝統.歴史観.国家観の健全に前進させる決意の日でもあり、私の後継者の次期の市議選立候補者の「髙橋こうすけ」君の紹介と私からも強い推薦のお願いし、参加者の皆様方から頑張れと証人も戴きました。

 

 当日、祝いに同志から余興で伝統の空手の演武.謡曲.祝い唄.民謡のアトラクションなど行われ、私を永い間ご支援いただいた、本当に心のある良い人達が集まり、楽しい笑顔と歓談のパーティーの一日でした、正しく良い心の人が集まると必ず良いこ事が起こると信じいます、議員を辞してもまだまだ、選挙と言う政治活動や青年健全育成の武道教育は続行致すつもりです。

 

  世の中の不自然な異情とも戦い続けます。    

                                                     それでは又、