えいじま義雄の蓮風便り

「蓮」の花と薫りのように清く「義」一筋に政治の道を貫きます

2019/10/13 07:31 美術や芸術への冒瀆だと思いませんか

 天皇陛下の写真をバーナーで燃やして足で踏んだり、国旗を燃やしたり、従軍慰安婦の像(自称)を展示したりするのも自由とほざく反日の日本人達に、公費を使っての展示会を許した行政と議会の責任は重いと思うのです。わからなかった、知らなかったでは許せないし、その現代アートと称する作品を展示した常識の無い人間達を庇い立てする非常識者が結構な数が居る事にもビックリしました。

 日本が高学歴社会になった戦後の民主主義体制の今日、個人の人権や表現の自由を声高に叫ぶ人達が増えていますが、自分では格好が良いと思って浮かれていて、何か人と違う事が個性であると思い込み、わざと目立ちたい注目されたいと言うコンプレックスが、ああいう人間集団を形成しているのだと思います。他人の迷惑や不快感等を気にしない、自分勝手な、暴力団的な、人の気持ちに傷を付ける事にも平気な神経の持ち主なのです。相手の気持ちを察する、寛容な広い心が無ければ、他者に思いやりが無い事の表れです。そんな知性も感性も無い物が、現代アートだの表現の自由などと言う連中は芸術を冒瀆しています。本当の美しい芸術やアートを追及している芸術家に失礼です。

 馬鹿に付ける薬はないと言いますが、その言葉が当てはまる人の群れです。人間らしい心を持ち合わせていない人間が増えている現代社会、少しも良いとは思えません。自分勝手がまかり通る、それが現代だと思うのは大きな誤りです。そんな感じが私はしますが、あなたは如何ですか。

2019/10/10 16:57 <モラルや正義感を失いかけているあの姿>

 

 電力会社の原子力担当者は法治国家である日本国をまるで無視、以前も申し上げましたが、原子力マフィア集団の資金で権力者達に賄賂の金品を贈り上から下まで、非社会的行為であろうとなりふり構わず目的を果たして来た、まるで裏社会の組織がはっきりと再度あることが証明されました。

 

 正常な国民はエネルギーが無ければ経済発展はしない事は十二分に判りますが、その安全性については現段階では今の科学の力をもってしても「核のゴミ」の処理方法は解決されておりません。又いつ来るか分からない地震と津波、あるいはテロや他国からのミサイルや無人機で攻撃されれば日本国は間違いなく崩壊、消滅してしまいます。その過程で撒き散らされた高濃度の核のゴミの放射能で数千年間は生物は生きられません。

 

 それ程恐ろしい火薬庫の原子力発電所建設と材料であるウランで巨億の儲けが転がり込む、世界の暗黒、マフィア組織に政治家や日本のトップ企業、官僚達まで汚染されている、この実態が関西電力と福井県高浜町の助役がばら蒔いた金品で、恐ろしさの証拠が明らかになりました。小さな町の助役が3億円近い金を自費で用意出来たとは到底思えません。別のマフィアルートからの資金だと考えられます。

 

 こう言った不透明な組織が政権や大企業まで陰で暗躍している社会悪や不情理が跋扈(ばっこ)しています。本当は戦う正義の国家にしなければならないのです。これもこの国の「大義」です。金品欲の無い、本当に正義感の強い集団こそ今日の社会で一番必要なものがと思いますが如何お考えですか?

 

 全ての世界は正しい倫理観から出発すべきです。この「大義」を日本が世界に示し、お手本になるように致しましょう。

 

2019/10/09 14:01 ♢ 消費税の増税、結果の判断はどうでるのか!♢

    

 税金が上がって喜ぶ人間なんて誰一人もいる訳がないし安い方が喜ぶに決まっている、税金を上げた政治家は国民に恨まれ憎まれ.嫌われ人気が下落する。

 

 上げた政治家をののしり批判をし、国民に良いことをならべ、受けを狙うのが共産党を始め野党勢力である、こんな事は政治の世界では当たり前の事でこれが民主主義の良いところである、そこで国民.一般有権者が賢いかどうかの判断の分かれ目がハッキリします、先の事も考えず大衆受けのみ考えて、政治権力を握る政治集団(ポピュリズム)が権力を勝ち取れば、ものすごく良くなり税金が安くなるかと期待していても、返って国内が混乱.国力の低下そして政権内の権力闘争、腐敗し以前の政権の方が安定していたと言う例が歴史の中に沢山証明されています。

 

  又、国民も税金のおかげを考えるべきです、税金が国民の生命を守る為に使われている事を忘れてはなりません、この災害列島.防災.復興費は税金のおかげです、少子化.高齢化.福祉費の増強.サービスの向上も100%税金です、又、国の安全は国の一番の責任ですが国防.自衛の強化も100%税金です、国民が常に求める道路整備.除雪.排雪費にも税金が使われますが、美しい国土の日本、その中で安心して暮らせるのは税金があるからです、すべて税金のおかげです、納めた税金は自分や子供や孫に返ってくると考えて見るべきです。

 

  税金を上げる度に選挙で政権が変わり、政治が混乱すれば株価が下落、経済も停滞し、日本を敵視している反日主義の隣国の首相達を喜ばせるだけです、国家を運営する財源は税金だけです、家庭の収入が上がれば何でもできますが、国も収入がなければ力が落ちるだけです、又、自由を守り民主主義を守るにも税金が必要です、「公」は借金で首が回らず人気の下落は覚悟で税を上げました、国民がどのように判断するか・・? それは国民の民度のバロメーターです。

 

 北欧の国では消費税20%~30%の国もあります、税金は次の子供や孫の福祉や教育まで考えて行っている事を理解しませんか?・・! 

                                                                                             それでは又、