えいじま義雄の蓮風便り

「蓮」の花と薫りのように清く「義」一筋に政治の道を貫きます

2019/08/25 17:34 <リーダーになる人は外交の歴史を学ぶ為に特に本を読んで下さい。>

 長い年月友好的に交流して来た日韓関係が一人の政治家の出現で、言葉や文字で表せない悲劇と損失が生まれ、そこから争いが拡大し取り返しのつかない国家の混乱と衰退など双方の国民にとって決して良い事で無く不幸な時間が歴史の中に刻まれて来たのが世界の歴史であります。

 

 リーダーの失政により320万人もの死者を出した昭和16年12月8日に戦いの火蓋が切られたあの大東亜戦争もアメリカの第32代ルーズベルト大統領が、好戦的で無く平和主義者で和平交渉を望んでいた当時の日本の指導者と首脳会談を実現していれば、あの戦争は起きなかったのです。

 

 これと同じように韓国の現在の文大統領になってから急激に反日主義、非友好的な外交路線に変り、中国、北朝鮮の共産主義国を喜ばせています。と言う事は文氏は共産党寄りのリーダーである事が証明されています。このような状況に陥ってしまったのは韓国の人達が選挙で選んだ訳ですから我々は何も言えません。しかしながら如何に国のトップを選ぶ選挙が国の運命を左右するのかを歴史が証明しています。トップの教養や人間性、哲学、説得力、胆力があるリーダー(政治家)を見抜いて選ぶか、そういうリーダーを我々が育てているかです。

 

 我が日本は明治維新の時、江戸では無く地方から有能な逸材が沢山出たのは、徳川時代に各藩の武士や町人にまで高い教育が藩校や寺子屋で(文部省や教育委員会など無かった時代ですよ)世界に誇る人間教育を行っておりました。その中から立派な人材が育ち生まれていたのです。又国民全体が今ならパチンコやゴルフなどより本を買い勉強好きな人が多かったのです。

 

 これから先を指差す日本と地方のリーダーになる人間に期待をしますが、第二の前島密、吉田茂、田中角栄先生のようなリーダーや、又横井小楠、勝海舟、福沢諭吉、板垣退助などの思想家が必要な時代です。韓国政府との対応は先人達も同じように悩み、どの様に対応したのか勉強出来る事が歴史の良い所です。    では又

 

2019/08/24 12:26 ♢ 暑さの中の感動! 両チームの選手の皆さんありがとう。♢

 

 手に汗を握る感激や感動するものがほとんど無い最近の世の中でありますが、この夏の甲子園での高校野球の決勝戦の両校、スポーツ大好きな日本国民に醍醐味を味合わせて下さった履正社高校と星稜高校の選手の皆様のあの健闘は、感動を与えてくれました、特に星稜高校は優勝候補の筆頭に上げられ、ピッチャーの右腕.奥川投手は大会屈指の最速のボールと落ちる変化球は今すぐプロでも通用すると言う評判のピッチャーで、春の選抜大会の一回戦で星稜の奥川投手に17三振も奪われ、150kのスピードボールは打てずに敗退したが、4ヶ月間の猛練習の成果が見事表れ今大会の第一試合から履正社高校のバッテングは他のチームとまるで違う打球の速さと遠くまで飛ばすバッテングホームは、一流プロチームの並みの打ち方で曲がりの大きい低めのスライダーを捨て、連日の疲れからの甘い奥川のスライダーを見極め甘いボールを捉え、53で逆転し初優勝を勝ち取りました。

 

 大阪は高校野球のレベルの高い地域の中で、履正社高校と言う私立高校はそれほど高校野球では名門校でなかったのに、監督と学校の指導者の意識が変わり生徒を鍛え、全生徒が親元から通っているチームでも全国優勝する事が出来る事を証明しました。

 

 北陸地域からの初優勝を見たいと思いましたが、あの4ヶ月前に打てなかったチームが完全に恐れずに全員野球で打ち勝、監督とコーチの指導に答え、やれば出来る事を見せてくれた履正社高校チームの皆様、本当にこの夏の感動をありがとうございました。   では又、

 

 

 

2019/08/21 17:13 <自由を守り住みやすい国やまちはどうすれば出来るのか>

 

 今ロシアでは全国で自由を求めるデモが頻発し、中国でも、特に自由の環境の風を味わった香港市民は、自由を求めるために活動する事を中国政府が強権的に犯罪と決め、その犯人を罪人として身柄を中国政府に引き渡す法律を制定しようとしています。その中国政府の方針に対し市民が反対のために集会やデモを行っているのです。

 

 今から30年前北京の天安門広場でも北京の若い人達や市民が自由、民主化を叫び政府に反省を促す抗議のためのデモを行いましたが、中国共産党指導者は人民解放軍の戦車まで出動させ丸腰の市民を鎮圧、多くの死者を出しました。しかしながらその数は一切公表致しませんし、その映像もニュースも報道しないのが共産主義国家の常套手段です。共産主義者達は自分達にとって都合の悪い事は一切、絶対に表には出さない事は歴史が教えてくれています。

 

 その事実を見るといかに日本はいい国か判ります。毎日が平和の中で、宗教間の争いも、思想的な暗殺や自爆テロも無く、極めて安全で正常で自由や表現の自由も保障されている良い国ではないかと思います。又、海外の人達は、日本は治安も良く清潔で秩序正しく礼儀正しく、物も豊富で良い国で日本が大好き、そして日本人の人柄が大好きだと言う評価を大多数の国から頂戴しています。

 

 この大きな信頼と信用こそ国家の財産です。歴史や文化がその国民を育てています。自分の国に自信を持ち、誇りを持ち、国民ひとり一人が日本人の良心を貫く精神を守れば平和と自由は守れます。

 

 国のレベルやまちのレベルは、そこに住む人のレベルです。このレベルを高く維持する為に我々がなすべき事は自立すること、ルールや決まりを守り、常に常識ある毎日の生活を送る事ではないでしょうか。人に迷惑をかけても平気になっていては住みにくいまちになってしまいます。いい人になって、いいまちをつくりましょう。又、自分の国は悪い国だと常に反対と批判だけの反日思想グループもいますが、良識派を多くすれば良いと思いますので良識派を増やしましょう。