えいじま義雄の蓮風便り

「蓮」の花と薫りのように清く「義」一筋に政治の道を貫きます

2020/05/08 07:28 ♢ 女性の新人議員に期待します。♢

 

 7名の女性の方が決意され、我こそはと言う強い意志でまちの発展や生活の中での不満を行政に届けたく立候補され、見事に当選されました。

 

 新型コロナウイルス感染問題で集会も出来ない中での選挙戦、どの陣営も苦労されたものにも関わらず、当選された候補者は嬉しかったと思います、その感激を忘れず精進して立派な議員として、19万人の代表の32名になって下さい。

 

 議員は良識.常識の府、市民の目は普通の市民を見る以上に厳しい目で監視します、マスコミも良くやっている事は取り上げず、議員の落ち度をスキャンダルの様に特別に大きく取り上げ公表しますから、くれぐれも細心の注意が必要です、これから議員としての技量.能力.知性.政治的感性.国家観. 歴史感等の人間味が試されます、特に議員の資格が無ければ出来ない本会議場での市長.教育長等に対しての一般質問の中味がその議員の政治的器量が試されます、議員らしく堂々とした感性にあふれ、権力を恐れず新人議員らしくみずみずしい市民の声を、行政に訴える質問を6月議会から始まる本会議場で、毎議会に質問に立って頂きたいと思います、今まで一般市民として見た現場や体験の中で市政に訴える声に期待しています。

 

 大きな夢から現実になった新人議員の皆様頑張つて下さい。     

              元.市議会議員 えいじま義雄  では又

 

 

 

 

2020/05/03 17:59 ♢ 新型コロナウイルスに関連しての選挙無関心! ♢

 

 自由民主主義の我が国の主役は選挙ができる主権者であります、今回の上越市の市議会議員選挙は有権158850人の内、投票しなかった人が50%割っています、約7万9千人の声が届かない選挙です。

 

 世界の中には今だ選挙権を市民に与えず、権力者と取り締めの官僚が市民を奴隷のように扱い、自由と民主化を叫ぶ運動を行えば政治犯として逮捕され拷問と形ばかりの裁判で、いつの間にか姿が消されてしまい密告や看視社会の恐怖政治を現在行い、一部の特権階級の者だけが合法的に権力者に逆らわずごますり茶番的におもねいて市民より優雅な暮らしをしているのです、これが平等社会でしょうか理想と現実は大違い言論の自由、表現の自由も許されず人権も何もない暗黒的な非民主政治の国も日本の近くにあります、その国は今軍事力の強化で夢中です、香港.台湾.南シナ海.南太平洋.第一列島線.第二列島線内にある尖閣諸島の沖縄も昔は中国領土であると、言って武力で中華帝国の夢を実現しょうと思っています。

 

 自分のまちの事にも無関心、国の事なども他人事で平和ボケの人間ほど、政治悪い.市長.議会.行政が悪いと一人前の批判ばかりをして、自分は選挙も市政も興味がないそんな人が多いと、街も国もお先は暗く衰退して行きます。

 

 市民が自分の街の議会議員選挙に関心を持つべきだと思います、何故、投票所に足を運び自分の大事な一票を投じないのか理解に苦しみます、自分が街を駄目にしている事に早く気が付くべきです。

 

 私の後継者である髙橋こうすけ君は、心の温かい人達に応援して頂き上位の4位で当選させて頂きました感謝申し上げます、これから難局に挑むわけですが皆さんどうぞ支えてあげて下さい。   それでは又、

 

 

2020/05/01 13:23 <今回のこの惨事見て>

 

 世界中でこれだけの死者と経済の崩壊に近い打撃はまるで戦争と同じで、宣戦布告無き攻撃と世界は受け止めるべきだと思います。初期の頃この新型ウイルスは予防のワクチンも治療の薬もまだ発見も製造もされておらず、感染力も強く、この事を恐ろしいウイルスであると早く発表しようとした医師が中国に7人おりました。

 

 しかし中国政府は世間にこの事を知られるのを恐れ、あの恐ろしい当局の組織をもってして7名全員を拘束し何処かに連れていってしまいました。この新型ウイルスが発生した時の中国政府の初動対応の謎について世界のジャーナリストは追及しています。

 

 これだけの大惨事を起こしておきながら、自国はこのコロナウイルス事故を終息したと言うような発表をしていますが、あの国と北朝鮮、ロシア政府の公式発表はどこの国でも信用しないと思います。こんな時にも北朝鮮政府は日本に向け威嚇し脅威のミサイル発射実験を日本海に向け行っております。

 

 75年近く平和をアメリカと少数の自衛隊に任せっぱなしにしてきたのが我が日本です。様々な有事に国民はどのような危機意識や国内の惨事に対応した法律の改正、特に憲法も人任せの他人事で甘え切っているのが実情です。そのような今日の現場に一石を投じてくれたのが、幕末の黒船に近い今日の非常事態宣言の新型コロナウイルス事件ではないでしょうか。

 

 自分の事、自分のまち、自分の国を守る気構えをしっかりと心に定着させるには子供の教育から始めるべき時が来ていると感じます。すぐに、戦争をやる国にするのかと左翼の組合やマスコミは叫ぶことでしょうが、もう少し中国や北朝鮮の横暴に声や意見を叫んで欲しいですね。いずれにしても国民は冷静に考える時が来ていると思います。      それでは又。