えいじま義雄の蓮風便り

「蓮」の花と薫りのように清く「義」一筋に政治の道を貫きます

2019/06/10 17:59 <経済政策こそ地方の力、守るより攻める事です。>

 

 人間の歴史は政治の歴史でもあり、その政治は経済の歴史でもあります。経済政策の中心は大昔から食べる、物を作ることから、この高志の国、後の越の国の経済がスタートしたと712年に太安万侶により編纂された古事記に書いてあります。この上越地方には米作りに適した上質の土地と雪解け水がある事から、神代の時代に石器から「鉄」を作る技術を開発した出雲の国の大国主命が、ヒスイと美人の誉の高い奴奈川姫に求愛のために大きな木造船で海路を進み居多ケ浜に上陸し、高志の国に初めて農耕、漁業の指導を行いました。

 

 米作りを始めとする食料、特に江戸時代までこの越地方を潤したのはお米と塩ですがこの間上越地方の経済発展に尽くしたリーダーは上杉謙信公です。米作りは勿論、色々な技術者を呼び寄せ、越後上布(現在は重要無形文化財に指定されている)、青芋(あおそ)、うるし、砂金、和紙、塩、竹、材木などを海路で都のあった関西方面に売り上越地方の経済発展に力を入れた武将で武力だけでなく経済人としても政策通の政治家でありました。

 

 高田に政治の中心が移り、やはり初期の松平越後中将光長時代の家老小栗美作(おぐりみまさか)は新田開発と野尻湖の水と関川の水を利用して頚城平の用水開発を実行し新田を開墾し米の生産量を8万5千石増加させた経済政策力抜群の指導者の一人です。残念ながら小栗はその後の越後騒動に巻き込まれ56才で切腹の身となりましたが上越地方の農業者にとって最大の功労者です。又、そのお米を江戸、大阪の穀物商に運んだ北前船の海船業者で直江津の経済が潤っておりました。

 

 明治の新しい文明開化の下での経済政策は驚くなかれ、全国でも一番早く東京へ米や石油を運ぶ鉄道を敷いたのが、高田城下の豪商十代目藤屋市郎右衛門の長男、室孝次郎(むろこうじろう)翁が信越線を当初は民間人の出資で始めました。その後は国営とはなりましたが鉄道があったが為に高田が軍都として栄え人口も増え全国から商売人も移住し商業都市として昭和の年代まで活気がありました。

 

 又いち早く和田村出身の金子伊太郎氏は関川の水で電力を起こし、上越電気商会を立ち上げその電力で大きな工場が上越地方に出来、多くの雇用が生まれ経済的にも効果が生まれました。

 

 さて上越市は大変恵まれた土地や水、又交通立地にも優れ、上越沖の海には「燃える水」と言われる最高のエネルギー資源のメタンハイドレートも眠っています。この「宝」をどう活かすのか、私は6月13日午前10時本会議場で上越市の経済の将来像を市長に伺います。是非傍聴においで下さい。歴史は教えています。

 

2019/06/06 17:19 ♢ 善法を得るには悪縁を封じる勉強と方法を学ぼう ♢

 父親として76才の晩年になって我が子を刺し殺さなければならない出来事、これ程悲しく痛ましく切ない事件が東京の練馬区で起きた刺殺事件です、しかも父親は東大卒で国家公務員として最高の地位農林省の事務次官から外国の大使まで上り詰めたエリート家族でのこの不幸な事件は、日本と言う国の現実です特に精神面のこの一点、エリートの高学歴の家庭でも普通の一般的庶民でも悩みや悲劇は平等の世の中で有る事に改めて感じました、あの父親の憔悴し手錠を掛けられた姿をテレビで見て、子供の学校での教育や家庭教育のあり方.やり方を政治が本当に社会の為に本気で取り組まないと日本の将来が益々不安列島に、ブレーキの無い乗り物に国民が乗っている国に成っています。 

 

 殺された長男も、あの川崎の通り魔事件の男も同じょうな性格の人間性の男だと思います、完全に大人の人間に成り切れぬ発達障害者の一種の病気です。 あの父親は44歳の息子の家庭内暴力の暴れ方を見て自分の長男も川崎と同じような事件を起こすだろうと思い、自分の手で刺し殺し自ら110番したのしょう、あの頭の良い人でも理性を失い最悪の事態を起こしましたが、ある面では心のどこかに父親としての責任を感じ、あの様な結末に至ったのかと思います。 ふと思い出すのは私が大好きな藤沢周平氏の小説「孤剣」「刺客」「凶刃」「武士の一念」の小説の主人公の心と似ていると思いました、人間には逃げ切れない悲劇の宿命、これは私にも貴方にも誰でもあると思います、その悪い宿命を断ち切る方法はあるのです、それが現代人が学ぼうとしない悪業.悪霊を封じる勉強も努力もしない刹那主義. 末法の世となっているのです、先人達は「三宝に帰依し礼拝」せよと教えています、徳も積まず感謝もせず目的の我欲のみ、エリートの道一筋で大事な本当の「愛」家族への「温かい思いやり」「情」の子育てをしなかったのかと思います。

 

 忍び寄る末法の世の中を封じるのは神仏を信じ念じる素直な心が現代人にあるかです、それは常に学びの中に生まれます。                               それでは、

2019/06/02 16:36 マンネリ化、閉塞感の原因は発想の暗さから

 教育界と社会の劣化が続いている我が国は、恐ろしい恐怖国になっています。普段通りバスを待っていたら、電車を待っていたら、隣や背後から顔も知らない人が刃物を振りかざし、無抵抗な人間を刺したり、斬り付けて来ると言う訳の分からない異常な狂人がメチャメチャに増えているのです。

 また、アクセルとブレーキを踏み間違え、通学中や散歩中の幼稚園の子供達の行列に車ごと飛び込む高齢者ドライバーも増えています。街の中はいたる所凶器だらけです。

 さらに人間が人間を信じられない弱さに付け込む催眠商法の多い事。マスメディアの誇大広告も善良な市民に向け、ただ金儲けの為に、なりふり構わず電波や紙を断りも無く放り込み、普通に生活している人を混乱させたり、落ち込ませ、じわじわと命まで侵されていく世の中になっています。特に子供達や高齢者、いわゆる弱者の方々には住みにくい国、不安な環境の社会となっています。

 病院に行く機会の多くなる高齢者、自分の事が一人で出来なくなる一人暮らしの家庭の増加、忍び寄ってくる元気が失われて行く地域社会や崩壊続きの教育現場。誰が何処から手を付けたら良いのか、明るさが見えない閉塞感の中、厚い壁や扉を開く事の出来る強い力のある天手力男神みたいな人物が複数人は必要な時代です。本当に歴史観、国家観のある優秀な人間性を持ったリーダーの出現を願うのです。日本人は優秀な民族ですから歴史を振り返れば必ず現れています。

 今日の明るさが消えて行く荒んだ社会状況を他人事ではなく、明日の我が身と考え、一匹狼ではなく、同じ様に良くしよう、明るくしようとする人達と仲間を作り、同志の輪を広げて行く、一隅を照らす行動に参加すべきです。孤立は世の中を悪くします。消極的も同じです。

 良き仲間の中に入りませんか。一隅を照らす運動に参加しませんか。考え方を一歩進めるだけで世の中は良くなって行くのです。